フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【交戦】 ミンダナオ島戒厳令布告1ヶ月 マラウィ市の戦闘続く - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【交戦】 ミンダナオ島戒厳令布告1ヶ月 マラウィ市の戦闘続く

 523日にミンダナオ島全域に対して60日間の戒厳令を布いてから1ヶ月経過するが、ミンダナオ島南ラナオ州都マラウィ市におけるイスラム系武闘派グループとフィリピン国軍の交戦はいまだ収束には遠い状態となっている。

 
 この交戦によって国軍発表ではイスラム系武闘派グループの死者276人、国軍及び警察側死者67人となり、市民側の死者26人の計369人に上った。

 またマラウィ市と近隣地区から脱出した住民は30万人近くになり、『国内難民』として40キロほど離れたイリガン市などに避難したが、食料の不足が問題になっていて、国際赤十字などが支援活動を始めているが深刻さは増している。

 このため、社会福祉開発省はこれまでに3億ペソ(約66千万円)近くを支援しているが焼け石に水状態で、長引く避難生活のために避難民の健康も悪化し、厚生省高官によると避難民の死者は24人に上っている。

 また、マラウィ市内には住民数百人が取り残され、イスラム系武闘派グループの『人質』として扱われている可能性があると見られ、慎重な対応が求められている。

 国軍筋はイスラム系武闘派グループがマラウィ市内に立て籠もっているのは現在100人前後と見ていて、イスラム教徒の行事『ラマダン=断食月』が終了を迎える626日までに制圧して戦闘を収束させると述べている。

 しかし612日の『フィリピン独立記念日』までに制圧すると述べている経緯があるために、この宣言も危ぶまれている。

 国軍はイスラム系武闘派グループの立て籠もる市内家屋に対して空爆を行ったため、戦闘による家屋などの損傷が酷く、そのためマラウィ市のこれら復旧に大統領府は200億ペソ(約444億円)を当てると発表している。

 戒厳令布告のきっかけとなったといわれるマラウィ市の戦闘では、当初100人程度のイスラム系武闘派グループと見られていたが、その数倍に上る戦闘員が参加していることに国軍の見通しの甘さが指摘されている。


 これらグループは最初にマラウィ市内で交戦を始めた『マウテ・グループ』にIS(イスラム国)に忠誠を誓うイスラム系武闘派グループが外部から参戦したためで、戒厳令を布いているのも関わらずそのチェックの甘さも問題になっている。

 また、交戦が収束へ向かうに連れて、イスラム系武闘派グループがマラウィ市内から近隣地区へ脱出する傾向も見え始め、戦闘がゲリラ化、広域に渡る可能性も国軍筋は認めている。

 こういった状況の中で、報復のためにイスラム系武闘派グループの爆弾による無差別攻撃がマニラやセブなどの大都市圏で起きるのではと根拠のない噂が流れている。

 【写真はミンダナオ島最大の湖 ラナオ湖に臨むマラウィ市の様子】


Updated: 2017/06/23 (金) 11:33

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 どこの国の権力者も『批判』を嫌うもので、アメリカのトランプは批判を『偽ニュース』と決めつけ、日本の安倍は批判に対して過剰に反応する言説が多い。 フィリピンのドゥテルテ..   (2017-09-14)
 違法薬物関与者を皆殺しにすると公言して、2016年大統領選を泡沫候補から勝ち上がったドゥテルテ大統領に、身内の違法薬物関与疑惑が持ち上がっている。 5月26日、首都圏ヴァレン..   (2017-09-12)
 1965年から1986年までフィリピン第10代大統領であった『マルコス』は1972年に戒厳令布告し、弾圧の限りをつくす独裁政治家として歴史に名を残すが、一方で『汚職』の帝王として君臨し..   (2017-09-03)
 セブ州には9市の自治体があり、セブ市と反対側になる西海岸側にある市がトレド市【写真】で、人口約17万人強。 この市長が固定資産税を払わなかったために、8月28日、公務員の犯罪..   (2017-08-30)
 事実上の『戒厳令』が首都圏に布かれているような、警察による犯罪容疑者に対する摘発名目で、8月16日にはマニラ市内で25人が殺害された。  前日の15日にはマニラ首都圏に隣接す..   (2017-08-18)
 戦前回帰を進める日本政府だが、日本国民の知らない間に憲法9条をないがしろにするフィリピンへの武器供与が次々と続いている。 2017年5月に日本政府は自衛隊の装備を無償で供与..   (2017-08-12)
 学校は出ても就職先がない状態が長年続きながら『教育産業』は興隆する一方のフィリピンで、8月4日、国内112校の国立、州立大学及び国立職業訓練校の授業料などを無償とする法案に..   (2017-08-05)
 7月30日午前2時半頃、ミンダナオ島北西部にある西ミサミス州オサミス市(人口約15万人)で、国家警察オサミス署と北部ミンダナオ地域本部犯罪捜査隊(CIDG)の合同部隊によって同市..   (2017-07-31)
 ドゥテルテ大統領が5月23日にミンダナオ島全域に布告した戒厳令は、憲法上2ヶ月間の期限を定められている。 しかし、議会が承認すれば延長は可能で、その期間は際限なく、ドゥテ..   (2017-07-24)
  13代大統領のエストラダは辞任後に、14代大統領のアロヨから汚職で囚われの身になり、有罪判決が出たものの恩赦で釈放。 因果は巡ってそのアロヨも15代大統領アキノ(子)【写真..   (2017-07-15)
 ドゥテルテ大統領【写真】がミンダナオ島全域に布告した2ヶ月間の戒厳令について、最高裁は認める判断を下した。 これは下院議員など3組が最高裁に対して布告直後に『戒厳令の差..   (2017-07-05)
 5月23日にミンダナオ島全域に対して60日間の戒厳令を布いてから1ヶ月経過するが、ミンダナオ島南ラナオ州都マラウィ市におけるイスラム系武闘派グループとフィリピン国軍の交戦はい..   (2017-06-23)
 ミンダナオ島全域に戒厳令が布告されているきっかけとされている、南ラナオ州都マラウィ市における政府軍とイスラム武闘派『マウテ・グループ』との戦闘は、6月12日のフィリピン独..   (2017-06-12)
 ドゥテルテ大統領が5月23日から60日間の期限で、ミンダナオ島全域に戒厳令を布告したことに対して、6月5日、下院議員6人が最高裁【写真】に対して『戒厳令布告は憲法に違反する』と..   (2017-06-06)
 5月23日、ドゥテルテ大統領はミンダナオ島全域に戒厳令を布告した。 期間は現行憲法で規定されている60日間だが、延長は可能。 また、状況によってはセブを中心とするヴィサヤ地..   (2017-05-27)
 フィリピンの環境行政を担う『環境天然資源庁=Department of Environment and Natural Resources 』(DENR)のロペス長官に対して、5月3日、上院と下院の委員12名ずつ、計24人で構成される『任命委員会..   (2017-05-10)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33セブで食べる『トンカツ』の味..
34《人災》 イロイロ市沖でボー..
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2690
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2648
《患者》 デング熱大流行..+ 2368
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2271
《人災》 イロイロ市沖で..+ 2203
【停滞】 現政権下で最低..+ 1913
《平均》 セブのホテル稼..+ 1904
【強盗】 東横インのある..+ 1146
《観光》 セブ市に大規模..+ 998
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 945
【摘発】 コールセンター..+ 917
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 744
セブで食べる 『おにぎり..+ 713
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 705
セブで食べる寿司の味+ 657
《採決》 国連の人権理事..+ 655
セブで食べる『トンカツ』..+ 647
《疾患》 重症筋無力症を..+ 642
《計画》 セブの経済特区..+ 626
セブの街中で実るコーヒー+ 599
21パラワン島紀行 2018年 そ..+ 589
22《拡大》 マリオットが ..+ 586
23パラワン島紀行 2018年 そ..+ 476
24《選挙》 副大統領選の開..+ 433
25フィリピンで流行る3輪自動..+ 430
26セブのホームセンター+ 357
27パラワン島紀行 2018年 そ..+ 352
28《調査》 ビジネス環境躍..+ 297
29セブで見つけた旧い車+ 295
30セブに送られた詐欺メール..+ 267
31セブの巨大青物市場 カル..+ 263
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 252
33パラワン島紀行 2018年 そ..+ 247
34パラワン島紀行 2018年 そ..+ 201
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:803,638 今日:134 昨日:181
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.