フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【結果】 2019年中間選挙-上院議員選 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【結果】 2019年中間選挙-上院議員選

 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。

 アキノ前大統領を生んだ野党の自由党は現職を落とすなど票が伸び悩み、全滅となった。

 トップ当選はシンシア・ヴィラール(現)で2500万票を超え、これはドゥテルテ当選時の得票数が1660万票余を考えると途方もない数字だが、上院選投票時には定員一杯の12人まで選べるためで、投票方法自体に問題があると指摘されているが改善されない。

 同氏は2010年の大統領選にも出た不動産業で成功した元上院議員の妻で、フィリピンでも有数の大富豪。子どもはドゥテルテ政権の閣僚を務めている。

 2
位は唯一ドゥテルテと距離を置いているグレース・ポー(現)。同氏は2016年大統領選に出馬しドゥテルテに敗れるが、今回2位に付けたことで2012年大統領選の有力候補としての地位を守った。

 3
位はボン・ゴー(新)。同氏はドゥテルテのダバオ市長時代から仕え、大統領当選後は大統領補佐官になるが、ドゥテルテの子分という評価があったが、政府機関を選挙運動に使い楽々当選。

 4
位はピア・カエタノ(前)。女性議員として人気は高いが政治一族出身で、212年上院議員を務めた後、地盤の首都圏タギッグ市の下院議員を13年腰かけて復帰。

 5
位にバト・デラ・ロッサ(新)。同氏はダヴァオ警察署長からドゥテルテが大統領当選後に、警察最高位の警察庁長官に抜擢された異例の人物で、ドゥテルテに重用されているために腰巾着の異名を持ち、違法薬物容疑者殺害政策の協力な推進者。

 6
位にソニー・アンガラ(現)。同氏は父親が著名な法律家で上院議員を務め、その高名と地盤を継いで再選される。

 7
位にリト・ラピド(元)。ルソン島中部パンパンガ州を地盤とする政治一族出で、同氏は同州の知事職の経験もあり、本業の芸能人として票を集めている。

 8
位にアイミー・マルコス(新)。同氏は独裁者マルコスの長女で、地盤のルソン島北西端北イロコス州で知事を務め、初出馬で初当選。エドサ政変によるマルコス一族のハワイ逃亡から既に30年以上経ち、当時の事情を知らない、学ばない若い選挙民が増えたため投票したと伝えられる。

 9
位にフランシス・トレンチーノ(新)。同氏は閣僚級の首都圏開発局長を務めたが、首都圏に隣接するカヴィテ州を地盤とし、一族には独裁者マルコスと組んで副大統領に出た人物がいる。

 10
位にボン・レビリア(元)。同氏は俳優と知られ、政治一族の出身。上院議員在中に汚職事件を起こし長く収監されていて、今回は当選は難しいと見られていたが芸能票が大量に流れ込んだためか当選。

 11
位にココ・ピメンテル(現)。同氏の父親は反マルコスの闘志と知られた上院議員で、親の七光りで再選を果たすが、任期中に上院議長に就任するもののあまりの無能力さのために引き摺り落とされた。

 12
位にナンシー・ビナイ(現)。同氏は前副大統領の娘で、フィリピン一のビジネス街を持つ首都圏マカティ市を牛耳る新興政治一族出身。

 以上が当選組で落選の13位にJV・エヘルヒト(現)。同氏は元大統領エストラダの愛人の息子でそれだけしか売り物がなかった。

 14
位にバム・アキノ(現)。同氏はアキノ前大統領の甥に当たるがそれだけの人物。現職で落選したことが自由党の退潮を象徴している。

 15
位にジンゴイ・エストラダ(現)。同氏は元大統領エストラダの妻の息子で俳優出身。やはり汚職事件に絡んで長期間拘留されていたのが響いたのか落選。

 16
位にマー・ロハス(元)。2016年大統領選でドゥテルテと争い次点で健闘。元大統領の孫、大財閥の御曹司と毛並みは抜群だが、それが嫌われて復帰を目指した今回の上院選で、よもやの落選となり政治生命は絶たれたと評される。

 セブ関連ではセルヒオ・オスメニャ(元)が復活ならず、泣く子も黙るといわれたセブの政治王朝オスメニャ家も落日の気配が濃厚。本来なら地盤のセブ州で上位の得票を得て良いが得票数10位と振るわなかった。

 【写真は最下位当選のビナイの選挙ポスター。片付けないのが問題になっている】



Updated: 2019/06/12 (水) 12:13

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンで全国ネットワークを展開するテレビ会社は民間で3社、国営2社の5社がある。 その内、民間ではABS-CBNとGMAが激しい視聴率競争を行っているが、いずれの事業者も政府..   (2020-02-13)
 昨年12月に発生が確認されていた『新型コロナ・ウィルス』による肺炎は、発生源とされる中国・武漢市当局と中央政府の不手際から、世界中に拡散し既に公式発表でも罹患者数1万5千..   (2020-02-03)
 1996年に開設された在フィリピン日本大使館セブ出張駐在官事務所が、2021年1月を目途に総領事館に昇格することが明らかになった。 セブの駐在官事務所が総領事館に昇格するのは数年..   (2020-01-15)
 2016年5月に行われた正副大統領選は大統領に最初は泡沫候補であったドゥテルテ、副大統領にはアキノ与党が擁立したロブレドが当選した。 ロブレドの対立候補は近代フィリピン史上..   (2019-10-17)
 CNNが伝えることによると、ロシアを訪問したドゥテルテ大統領は、10月5日首都モスクワで在留フィリピン人向けの会合において演説を行い、自身が『重症筋無力症』に罹患していること..   (2019-10-08)
 国連はいくつもの常設理事会を持つが、国際社会の人権状況を改善しつつ、深刻かつ組織的な人権侵害などに対して早急に対処するために国連人権理事会がある。 同理事会の英名は(..   (2019-09-25)
 日本の中曽根元首相が先の戦争中に陸軍主計将校として派遣されていた時に、軍の慰安所開設に関わっていた記録が残るように『戦争と性』の問題は古代から現代まで途切れなく続いて..   (2019-08-29)
 フィリピンの政党は伝統ある党派から新興の党派まで数多いが、その多くは政治思想より時の大統領与党として組みして、選挙地盤を含む利権政治の枠から外れないことを信条としてい..   (2019-08-12)
 4年目に入ったドゥテルテ政権だが、オリジナルの政策はそれ程成果を見せていない中、大向こう受けを狙って『死刑制度』復活を目論んでいる。 フィリピンは1987年にアキノ(母)政..   (2019-07-25)
 5月に行われた選挙でドゥテルテ与党は上下院選、地方選共に大勝し、これまでも強硬であった治安路線が更に強化されるのではと指摘されているが、その兆候が相次ぐ『人権派活動家..   (2019-06-25)
 定員24人、任期6年の上院議員選は3年ごとに半数の12人が改選されるが、2019年選挙では、ドゥテルテ大統領陣営が立ち上げた党及び親ドゥテルテ党派が12人中11人が当選。 アキノ前大統..   (2019-06-12)
 アメリカのトランプや日本の安倍を見るまでもなく、何処の国の権力者も身辺問題を追及されると激怒、あるいは無視、時には名誉棄損だとして裁判を起こすなど恫喝するのが常套手段..   (2019-04-25)
 1980年代に『飢餓の島』としてクローズアップされ、日本を含めてNGO(非政府組織)などによる国際的な救援活動が行われたネグロス島で、フィリピン国軍と国家警察特殊部隊による地..   (2019-04-02)
 3年に1度、5月13日に投票が行われる選挙は、全国区の上院議員と下院議員比例政党別の選挙運動は既に始まっているが、3月29日からは下院議員地方区、自治体首長、自治体議員の選挙運..   (2019-03-29)
 4月を目前にしたこの時期に、日本が創設した5年間で最大35万人の外国人労働者を受け入れる計画は体制が整わないまま見切り発車の様子を呈している。 3月19日、日本の厚生労働省、..   (2019-03-22)
 フィリピン国家統計局は、3月1日現在のフィリピンの総人口は推定1億840万人と発表した。 この数字は正式に届けられた出生数を基にしているが、人口問題を扱う民間機関の調査による..   (2019-03-13)
12345678910,,,34
ニュース コラム ライフ
【激増】 児童への性的搾取横..
馬脚を現すマルコス大統領
【軍事】 自衛隊の警戒管制レ..
フィリピンと日本の戒厳令の歴..
【通貨】 ペソが史上最安値に..
【本気】 オンライン博奕(POG..
マルコス戒厳令布告から50年目..
胡散臭い日本のODA
【運賃】 交通機関 相次ぐ値..
【渋滞】 新車国内販売 コロ..
【鈍感】 セブ市 この時期に..
略伝 フィデル・ラモス (下..
略伝 フィデル・ラモス (上..
【貧困】 セブ・マクタン島沖..
【果実】 ダヴァオ地方のドリ..
政権が無視する『ニノイ・アキ..
【教育】 新学年度始まる 通..
【決定】 中央銀行 政策金利..
【摘発】 セブ市で韓国人グル..
セブで考える元大統領ラモスの..
21【間近】 マリオットが セブ..
22【歴史】 ラモス元大統領 逝..
23【災害】 ルソン島山岳部で ..
24【凶弾】 名門大学卒業式当日..
25セブから見える元首相の殺害事..
26【問題】 貧困層への現金給付..
27セブで見る カラバオ(水牛)..
28【暴利】 金利が高額な中国の..
29セブで考える2022参議院選挙の..
30【太鼓】 マルコスを『ヨイシ..
31マクタン-セブに開通した第3..
32【賭場】 セブに出来る 巨大..
33セブ総領事館で投票をする
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【凶弾】 名門大学卒業式..+ 3482
セブ総領事館で投票をする+ 2750
【太鼓】 マルコスを『ヨ..+ 2717
【歴史】 ラモス元大統領..+ 2463
【災害】 ルソン島山岳部..+ 2359
セブで考える2022参議院選挙..+ 2335
セブから見える元首相の殺..+ 2318
マクタン-セブに開通した..+ 2302
【賭場】 セブに出来る ..+ 2013
セブで見る カラバオ(水..+ 1983
【問題】 貧困層への現金..+ 1930
セブで考える元大統領ラモ..+ 1782
【暴利】 金利が高額な中..+ 1553
【決定】 中央銀行 政策..+ 1182
政権が無視する『ニノイ・..+ 1147
【間近】 マリオットが ..+ 1131
【鈍感】 セブ市 この時..+ 1075
【摘発】 セブ市で韓国人..+ 916
略伝 フィデル・ラモス ..+ 902
略伝 フィデル・ラモス ..+ 832
21【果実】 ダヴァオ地方の..+ 808
22【貧困】 セブ・マクタン..+ 644
23【渋滞】 新車国内販売 ..+ 559
24【教育】 新学年度始まる..+ 525
25胡散臭い日本のODA+ 459
26【運賃】 交通機関 相次..+ 397
27マルコス戒厳令布告から50年..+ 355
28【本気】 オンライン博奕..+ 337
29【通貨】 ペソが史上最安..+ 319
30フィリピンと日本の戒厳令..+ 241
31【軍事】 自衛隊の警戒管..+ 165
32馬脚を現すマルコス大統領+ 80
33【激増】 児童への性的搾..+ 68
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:939,309 今日:26 昨日:80
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.