フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【交戦】 ミンダナオ島戒厳令布告1ヶ月 マラウィ市の戦闘続く - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【交戦】 ミンダナオ島戒厳令布告1ヶ月 マラウィ市の戦闘続く

 523日にミンダナオ島全域に対して60日間の戒厳令を布いてから1ヶ月経過するが、ミンダナオ島南ラナオ州都マラウィ市におけるイスラム系武闘派グループとフィリピン国軍の交戦はいまだ収束には遠い状態となっている。

 
 この交戦によって国軍発表ではイスラム系武闘派グループの死者276人、国軍及び警察側死者67人となり、市民側の死者26人の計369人に上った。

 またマラウィ市と近隣地区から脱出した住民は30万人近くになり、『国内難民』として40キロほど離れたイリガン市などに避難したが、食料の不足が問題になっていて、国際赤十字などが支援活動を始めているが深刻さは増している。

 このため、社会福祉開発省はこれまでに3億ペソ(約66千万円)近くを支援しているが焼け石に水状態で、長引く避難生活のために避難民の健康も悪化し、厚生省高官によると避難民の死者は24人に上っている。

 また、マラウィ市内には住民数百人が取り残され、イスラム系武闘派グループの『人質』として扱われている可能性があると見られ、慎重な対応が求められている。

 国軍筋はイスラム系武闘派グループがマラウィ市内に立て籠もっているのは現在100人前後と見ていて、イスラム教徒の行事『ラマダン=断食月』が終了を迎える626日までに制圧して戦闘を収束させると述べている。

 しかし612日の『フィリピン独立記念日』までに制圧すると述べている経緯があるために、この宣言も危ぶまれている。

 国軍はイスラム系武闘派グループの立て籠もる市内家屋に対して空爆を行ったため、戦闘による家屋などの損傷が酷く、そのためマラウィ市のこれら復旧に大統領府は200億ペソ(約444億円)を当てると発表している。

 戒厳令布告のきっかけとなったといわれるマラウィ市の戦闘では、当初100人程度のイスラム系武闘派グループと見られていたが、その数倍に上る戦闘員が参加していることに国軍の見通しの甘さが指摘されている。


 これらグループは最初にマラウィ市内で交戦を始めた『マウテ・グループ』にIS(イスラム国)に忠誠を誓うイスラム系武闘派グループが外部から参戦したためで、戒厳令を布いているのも関わらずそのチェックの甘さも問題になっている。

 また、交戦が収束へ向かうに連れて、イスラム系武闘派グループがマラウィ市内から近隣地区へ脱出する傾向も見え始め、戦闘がゲリラ化、広域に渡る可能性も国軍筋は認めている。

 こういった状況の中で、報復のためにイスラム系武闘派グループの爆弾による無差別攻撃がマニラやセブなどの大都市圏で起きるのではと根拠のない噂が流れている。

 【写真はミンダナオ島最大の湖 ラナオ湖に臨むマラウィ市の様子】


Updated: 2017/06/23 (金) 11:33

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 4月16日、フィリピンで過去27年宣教師として活動する71歳のオーストラリア人修道女が、入管当局に拘束された問題で、ドゥテルテ大統領【写真】は『拘束は自分の指示』と認めた。 ..   (2018-04-19)
 水質汚濁、環境破壊で観光地として不適切と問題になっている、フィリピンを代表するボラカイ島の閉鎖が4月4日の閣議で本決まりとなった。 閣議にはボラカイの閉鎖を提言していた..   (2018-04-05)
 2016年5月に行われた正副大統領選では、泡沫候補から成り上がったドゥテルテが圧倒的な票差で大統領に当選したが、副大統領選ではその票差が少なかったために次点で落選した陣営が..   (2018-03-29)
 日本でも安倍総理、麻生副総理と総理大臣を祖父に持つ世襲政治家の弊害が指摘されているが、このフィリピンは政治を家業とする政治屋一族が国政や地方自治体に巣食っている実態が..   (2018-03-15)
 1986年2月の『エドサ政変』でフィリピンを追い出されたマルコス元大統領一族の娘『アイミ―・マルコス』が2019年に行われる上院議員選に立候補する考えを示している。 アイミ―はマ..   (2018-03-09)
 その国の汚職度、腐敗を数値化して毎年発表している国際NGO『Transparency International』が2017年度の結果を公表した。【赤い色に近づく国ほど汚職度が高い】 それによると、180の対象国及..   (2018-02-28)
 アメリカの中央情報局(CIA)など、国内16の情報、諜報機関で構成される連合体『US Intelligence Community=IC』は2月12日、同連合体を統括する国家情報長官が報告書『世界脅威評価』を公表..   (2018-02-22)
  国内に蔓延する違法薬物撲滅を公約にしてダヴァオ市長から2016年大統領選で当選したドゥテルテに対して国際刑事裁判所(International Criminal Court=ICC)検察局が予備捜査を開始した。..   (2018-02-17)
 昨年末で切れるミンダナオ島全域に布告されている『戒厳令』は、ドゥテルテ大統領の要求によって1年間の延長が求められていた。 その要求を受けて議会は1年間の延長を認めたが、..   (2018-02-09)
 フィリピン統計局は2017年度の国内総生産(GDP)は6.7%と発表。 この数字は前年度(2016年)と比較して、0.2ポイント落ち込んでいて、好調が伝えられるフィリピン経済に対して、フィ..   (2018-01-26)
 過去最大となる国家予算が12月19日、ドゥテルテ大統領の署名を受けて正式に決まった。 2018年度(1月~12月)の予算総額は3兆7670億ペソ(現在レートで約8兆3千6百億円)となり、前年..   (2017-12-20)
 1986年2月に第10代フィリピン大統領マルコスは、フィリピンから一族及び取り巻と共にハワイへ逃亡、1989年、72歳で同地にて死亡したが、マルコスは国家財産を食い物にし、その源は9年..   (2017-12-14)
 ネッタイシマカが媒体するデング熱は年間の感染者が世界では3億9000万人以上で、フィリピンでは世界保健機構(WHO)の最新統計によると、2017年1月から9月初めまでの感染者数は7万6千..   (2017-12-06)
 ドゥテルテ大統領が2016年大統領選で勝利したのは、広く国内に蔓延する『違法薬物撲滅』を公約に挙げたことが、泡沫候補から一気に当選の道を拓いた。 しかし、その実態は法体系..   (2017-12-02)
 フィリピンは世論調査好きな国で、その結果で一喜一憂するが、世論調査も怪しげなのがあって『金』を払えば都合の良い結果を引き出せる調査も多い。 その典型と見られる世論調査..   (2017-11-23)
 フィリピンの民間世論調査機関、SWSがドゥテルテ現大統領の『公約』達成度について調査を行い、その結果が11月5日に発表された。 【写真は大統領就任式時 左からドゥテルテ、愛人..   (2017-11-08)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:846,529 今日:64 昨日:106
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.