フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【凶行】 国家警察本部内の 警官による韓国人殺害が明るみに - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【凶行】 国家警察本部内の 警官による韓国人殺害が明るみに

 被害者は昨年1018日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致されていた。

 
 家政婦は解放されたが、犯行グループは身代金500万ペソ(約1200万円)を要求。身代金は払われたが犯人グループは被害者を解放せず更に400万ペソを要求し、このため被害者の妻が警察に届けた。

 しかし、警察内部の人間が関わっているために当局は事件化をせず、この経緯をフィリピンの大手英字紙が逐一報じたために事件が公になり、当局は隠蔽できず尻を叩かれた状態になって捜査が進んだ。

 調べによると拉致された韓国人は首都圏ケソン市にある国家警察本部に連行され、事件に関わった現職警官の手によって絞殺された。

 その後、遺体処理を元警察官が経営する葬儀場で荼毘に附し、証拠隠滅のためにその遺灰を同葬儀場のトイレに流して処理。

 この元警察官の経営者は既にカナダへ逃亡していて、この人物は遺体処理の見返りに被害者の所持していたゴルフ・セットを犯行グループから受け取っていた。

 国家警察本部内で外国人を現職警官が絞殺する事態に、ドゥテルテ大統領の忠実な子分の元ダヴァオ警察署長から抜擢されたデラ・ロサ国家警察長官は事態を重く見て19日に記者会見を開き謝罪の意を示したが、通常ならトップの首が飛んでもおかしくないのに、自身の進退については言及を避けた。

 このため、事件はフィリピンと韓国の外交問題にも発展し、フィリピン政府は韓国政府に謝罪し、早期の全面解決を約束させられた。

 また、韓国では在韓国フィリピン大使館員が韓国外務省に呼び出されて事件の説明と哀悼の意を表明する騒ぎになっている。

 この事件ではフィリピン検察当局が事件に関与したとして現職警官2人を含む複数を拉致、殺人の罪状で起訴する方針を固めているが、逮捕までには至っていない。

 フィリピンの警察組織は犯罪を取り締まるのではなく犯罪を起こす、関与する悪質な組織と従来言われ、大統領のパフォーマンスによる違法薬物関与者殺害も、既に6000人以上に上がっていて、今回の事件でその体質は少しも変わっていないことが証明された。

 また、フィリピンには永住している韓国人がⅠ0万人以上に上り、訪れる韓国人観光客も近年は1位となっていて、20161月から10月までに国別では最多の120万人となり、2位のアメリカ人の70万人を大きく離している。

 このような激増ぶりが、フィリピンを韓国の植民地、あるいはフィリピン人を見下す韓国人も多くなり、こういった要素がフィリピンにおける韓国人絡みの犯罪が増える要因ともなっている。

 【写真は事件のあった国家警察本部ビル】


Updated: 2017/01/20 (金) 11:36

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 違法薬物関与者を皆殺しにすると公言して、2016年大統領選を泡沫候補から勝ち上がったドゥテルテ大統領に、身内の違法薬物関与疑惑が持ち上がっている。 5月26日、首都圏ヴァレン..   (2017-09-12)
 1965年から1986年までフィリピン第10代大統領であった『マルコス』は1972年に戒厳令布告し、弾圧の限りをつくす独裁政治家として歴史に名を残すが、一方で『汚職』の帝王として君臨し..   (2017-09-03)
 セブ州には9市の自治体があり、セブ市と反対側になる西海岸側にある市がトレド市【写真】で、人口約17万人強。 この市長が固定資産税を払わなかったために、8月28日、公務員の犯罪..   (2017-08-30)
 事実上の『戒厳令』が首都圏に布かれているような、警察による犯罪容疑者に対する摘発名目で、8月16日にはマニラ市内で25人が殺害された。  前日の15日にはマニラ首都圏に隣接す..   (2017-08-18)
 戦前回帰を進める日本政府だが、日本国民の知らない間に憲法9条をないがしろにするフィリピンへの武器供与が次々と続いている。 2017年5月に日本政府は自衛隊の装備を無償で供与..   (2017-08-12)
 学校は出ても就職先がない状態が長年続きながら『教育産業』は興隆する一方のフィリピンで、8月4日、国内112校の国立、州立大学及び国立職業訓練校の授業料などを無償とする法案に..   (2017-08-05)
 7月30日午前2時半頃、ミンダナオ島北西部にある西ミサミス州オサミス市(人口約15万人)で、国家警察オサミス署と北部ミンダナオ地域本部犯罪捜査隊(CIDG)の合同部隊によって同市..   (2017-07-31)
 ドゥテルテ大統領が5月23日にミンダナオ島全域に布告した戒厳令は、憲法上2ヶ月間の期限を定められている。 しかし、議会が承認すれば延長は可能で、その期間は際限なく、ドゥテ..   (2017-07-24)
  13代大統領のエストラダは辞任後に、14代大統領のアロヨから汚職で囚われの身になり、有罪判決が出たものの恩赦で釈放。 因果は巡ってそのアロヨも15代大統領アキノ(子)【写真..   (2017-07-15)
 ドゥテルテ大統領【写真】がミンダナオ島全域に布告した2ヶ月間の戒厳令について、最高裁は認める判断を下した。 これは下院議員など3組が最高裁に対して布告直後に『戒厳令の差..   (2017-07-05)
 5月23日にミンダナオ島全域に対して60日間の戒厳令を布いてから1ヶ月経過するが、ミンダナオ島南ラナオ州都マラウィ市におけるイスラム系武闘派グループとフィリピン国軍の交戦はい..   (2017-06-23)
 ミンダナオ島全域に戒厳令が布告されているきっかけとされている、南ラナオ州都マラウィ市における政府軍とイスラム武闘派『マウテ・グループ』との戦闘は、6月12日のフィリピン独..   (2017-06-12)
 ドゥテルテ大統領が5月23日から60日間の期限で、ミンダナオ島全域に戒厳令を布告したことに対して、6月5日、下院議員6人が最高裁【写真】に対して『戒厳令布告は憲法に違反する』と..   (2017-06-06)
 5月23日、ドゥテルテ大統領はミンダナオ島全域に戒厳令を布告した。 期間は現行憲法で規定されている60日間だが、延長は可能。 また、状況によってはセブを中心とするヴィサヤ地..   (2017-05-27)
 フィリピンの環境行政を担う『環境天然資源庁=Department of Environment and Natural Resources 』(DENR)のロペス長官に対して、5月3日、上院と下院の委員12名ずつ、計24人で構成される『任命委員会..   (2017-05-10)
 4月29日、マニラ首都圏パサイ市で開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)【写真】には加盟10ヶ国の首脳が集まり、域内で最大の懸念、紛争事項の中国による南シナ海の軍事的覇権に対し..   (2017-04-30)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:835,981 今日:27 昨日:130
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.