フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【埋葬】 ドゥテルテ大統領の検事時代は マルコスの戒厳令と重なる - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【埋葬】 ドゥテルテ大統領の検事時代は マルコスの戒厳令と重なる

違法薬物犯罪者に対して強硬な取り締まりを公約にし、当選したドゥテルテ大統領だが、就任後の71日~810日までの期間に、司法手続きを無視して警官が違法薬物容疑者に対して射殺した人数が500人を超えた。



 こういった強硬な背景はドゥテルテの検事時代と密接な関係があるのではないかと見られている。ドゥテルテは1972年に司法試験に合格。その後1977年から1986年までダヴァオ市で検事生活を送っている。

 1986
年のエドサ政変によってダヴァオ市の副市長代理に任命されたのを皮切りにダヴァオ市の最高権力者として君臨し、2016年の大統領選で代理立候補という姑息な手を使って当選した。

 ドゥテルテの父親はセブ州中部のダナオ市の市長を務め、1959年~1965年には分割前のダヴァオ州知事を務めている。知事の後、1965年~1968年までマルコス政権の閣僚を一期務めている。

 このため、ドゥテルテはマルコス家に対して『恩義』があると発言し、2016年の副大統領選で落選したマルコスの息子に対して、同情を表明している。

 エドサ政変時にフィリピンを追われハワイに逃亡したマルコスは、1989年、72歳で当地にて憤死。その後、マルコス一族はなし崩し的に復権を果たし、副大統領選には落選したものの息子は上院議員、娘は北イロコス州知事、マルコスの妻イメルダは下院議員と北イロコスに王国を築いている。

 このマルコス一族の悲願が、現在故郷で冷凍保存されているマルコスの遺体の『英雄墓地』【写真】への埋葬で、これに対して、マルコス以降の歴代大統領はマルコス側の画策はあっても認めず、ここに来てドゥテルテは英雄墓地への埋葬を認め、埋葬への動きが活発となっている。

 マルコスは1972年~1981年までフィリピン全土に戒厳令を布いて独裁政権を強化したが、その戒厳令時期とドゥテルテの検事時代は重なり、ドゥテルテはマルコス政権の意向に沿って反マルコス派を法律という名で弾圧を加えていたのではないかとの指摘が出ているが、まだ実証的な研究は表に出ていない。

 ちなみに、戒厳令時代にマルコスの片腕として警察部門を指揮したのが後の大統領、ラモスであった。

 マルコスの英雄墓地埋葬の動きに対して、814日、各地で埋葬反対集会が開かれ、マニラではリサール公園、セブでは観光場所と知られるサンペドロ要塞のある独立広場で行われた。

 特に戒厳令時代に拘束され拷問などを受けた体験者の舌鋒は鋭く、マルコスの英雄墓地阻止の訴えを次々と行った。

 英雄墓地は国に尽くした英雄、とりわけ軍事で栄誉を挙げた故人を埋葬する国立施設で、今年初めにフィリピンを訪れた天皇もこの墓地へ表敬している。

 マルコスは対日ゲリラの指導者として戦功があり、それによって勲章を得ているが、ゲリラ時代の戦功は客観的な資料が残っていなくて、マルコスが政界に進出するための捏造とまで言われている。

 今回のマルコスの英雄墓地を巡って、いかなる世論であってもドゥテルテは埋葬方針を貫くようだが、検事時代のマルコス協力者としての立場が暴露される恐れも出ている。


Updated: 2016/08/15 (月) 08:23

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの下院議員の定数は297人で、その内訳は各地域の小選挙区選出238人、政党リストによる比例選出の59名になっている。 小選挙区制は政治を家業としている地方のボス一族が..   (2017-03-20)
 大統領制を取る国は、新たに選ばれる大統領は前政権政策の逆張りをすることによって求心力を高めることが多く、その例としてアメリカの新大統領トランプなど、ことごとく前オバマ..   (2017-03-08)
 違法薬物関与容疑者に対して『抹殺』を政策の第1に置くドゥテルテ大統領に対して『人権』の立場から批判を重ねるデ・リマ上院議員(2016年5月初当選)が、2月24日午前8時過ぎ、国家..   (2017-02-27)
 2015年5月に実施された大統領選の直前の4月に、大統領選に立候補していたドゥテルテ(当時はダヴァオ市長)【写真】は、トリリャネス上院議員から同市長名義で複数の銀行支店に総額..   (2017-02-17)
 環境天然資源省(Department of Environment and Natural Resources =DENR)長官が環境を破壊しているとして、国内28社の鉱山会社に対して操業中止や一時停止を命じている問題で、ドゥテルテ大統領..   (2017-02-14)
 2016年5月の大統領選当選後に反政府武装勢力との交渉が始まり、当時は期待を持たせたドゥテルテだが、フィリピン共産党の軍事組織『新人民軍=NPA』【写真】と進めている和平協定が..   (2017-02-06)
 前アキノ政権が南シナ海における中国の侵略に対して、毅然とした態度を取っていたのに比べ、昨年5月に新大統領となったドゥテルテは前政権の方針を完全に否定し、中国にすり寄る..   (2017-01-29)
 被害者は昨年10月18日にルソン島中部パンパンガ州アンヘレス市で現職警官を含むグループに誘拐、拉致された53歳になる韓国の大手船会社の元役員で、フィリピン人家政婦も同時に拉致..   (2017-01-20)
 世論調査好きのフィリピンでは、いくつかの民間調査会社があって、様々な調査を行っている。  しかし、その調査方法はフィリピン全土、千数百人を対象に面接調査で行っている..   (2016-12-29)
 ドゥテルテ大統領がシンガポールでダヴァオ市長在任中に『犯罪者3人を自分の手で殺害した』発言は、フィリピンでは3面記事並みの扱いで、政権が進める違法薬物容疑者殺害作戦は勢..   (2016-12-19)
 ドゥテルテ大統領が強硬に推し進める『違法薬物容疑者』に対する超法規的殺害は6月の政権発足後の半年間で4000人を超えたとの数字が挙げられ、フィリピンは戦争状態、あるいは内戦..   (2016-12-11)
 5月の正副大統領選において、副大統領に当選したロブレドはドゥテルテ政権から閣僚の一員としてHousing and Urban Development Coordinating Council (HUDCC)を任命されていたが、12月4日、『HUDCC』の..   (2016-12-05)
 1972年にフィリピン全土に戒厳令を布き、反対派を弾圧し20年近く独裁政治を続けた第10代大統領のマルコスの遺体が首都圏タギッグ市にある国立『英雄墓地』【写真】に埋葬された。 ..   (2016-11-19)
 マルコス独裁政権全盛期の1977年に着工し、1984年にほぼ完成した状態であったフィリピン初のルソン島バタアン原子力発電所(発電予定能力620メガワット)は、1986年のエドサ政変による..   (2016-11-12)
 アメリカの新しいフィリピン大使が発表されると同時に、在比アメリカ大使館は11月3日、セブ島南部地域にある、ダラゲッテ町とサンタンダー町、及びオスロブ町沖合に浮かぶスミロン..   (2016-11-05)
 意味不明の言動でアメリカ、日本、中国を手玉に取って得意満面のドゥテルテ大統領だが、1番の目玉として強硬に推し進める『麻薬撲滅』に対して、政権が述べている麻薬問題の根拠..   (2016-10-30)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:836,104 今日:17 昨日:133
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.