フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【問題】 失格処分の出た ポー次期大統領選有力候補 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【問題】 失格処分の出た ポー次期大統領選有力候補

 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は1211日、ポー議員には大統領候補として『失格』処分を下した。



 この裁定に先立つ121日には第2小委員会が同様に、ポー議員を失格としており、これで中央選管としてポー議員は大統領候補として資格がないと最終的に裁定される模様。

 中央選管は第1、第2小委員会はそれぞれ3人ずつと委員長が1人の計7人で構成され、委員6人の失格への色分けは失格該当が5人、資格ありが1人で、最終的に中央選管が全体会議を持って資格問題を扱い、仮に委員長が資格ありとしても52でポー上院議員への失格処分は覆る見込みはない。

 この決定に対してポー陣営は『反対陣営が仕組んだ政治的判断』と主張し、中央選管への異議申し立て、および『中央選管による裁量権の乱用』を根拠に最高裁に提訴する方針を固めている。

 この動きに対して、ポー議員側が問題となっている『フィリピン居住歴』と『国籍』に関して、納得させる証拠や証人を提示しないと、司法の場でも失格が追認される恐れがある。

 ポー議員の居住歴は2013年上院選に立候補し当選した時、立候補届け出用紙に『200611月からフィリピンに居住』と記載し、上院議員立候補資格には問題はなかったが、大統領候補には投票日まで連続して『10年以上の居住歴』の項目があり、次回大統領選は5月に行われるために要件を満たしてないと判定された。

 この件に関してポー陣営は『本人記載の単純ミス』と言い訳をしているが、弁護士など相当数の専門スタッフを抱える議員側が、書類の確認作業をしないで届けるなど常識外と選管側から一蹴され、もしそれが事実なら『選管を愚弄する行為』とまで断罪されている。

 またポー議員の国籍に対して教会前に置かれていた『捨て子』だった経緯から『両親の国籍を証明することが出来ない』として『フィリピン人を親として、出生と同時にフィリピン国籍を取得している』条項にも反すると裁定された。

 こういった問題に関して、ポー陣営は『DNA鑑定をして、遺伝的にフィリピン人であることの証明』や、『アメリカ政府発行のフィリピン居住を証明する書類がある』と対抗しているが、今現在これらが実際にあるのかどうかも確認されていない。

 こういった問題から、大統領候補としてトップに立っていたポー議員だが、最新の支持率調査では2位に陥落する状態で、法廷闘争をしても支持者層が離れる傾向は変わらず、支持率の回復は難しい見通しとなっている。

 ポー議員は現在47歳のため、もっと政治経験を積むために、次回の大統領選立候補は断念して、2022年大統領選に回るべきだとの声も大きく、ポー陣営も立候補断念という劇場型声明を発して次回大統領選に温存を図る可能性もある。

 ただし、今回副大統領候補として組んだエスクデロ上院議員は副大統領当選の可能性が高く、当選の後は2022年大統領選立候補の野心は旺盛で、仮にポー議員が2022年大統領選に回った場合、競う関係となり判断の難しいところとなる。

 このように国民主体ではなく、政治屋の都合と野心で立候補が取り沙汰されるフィリピンは誰が大統領になっても同じと、早くも選挙前から声が挙がっている。

 【写真は大統領が住むマラカニアン宮殿】


Updated: 2015/12/12 (土) 12:13

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 中国の強欲な覇権主義に対抗するためにフィリピンと日本の間の軍事同盟の一つと見て良い『防衛装備協定』の調印が2月30日、フィリピンの国防長官と在フィリピン日本大使との間で行..   (2016-03-03)
 ボクシングで世界8階級を制覇し、フィリピンで英雄扱いをされているパッキャオ【写真】は4月9日にアメリカ・ラスヴェガスで引退試合を行う。 しかし、この試合日程が選挙期間中に..   (2016-02-27)
 公式選挙運動は2月9日から解禁となったが、直前に行われた世論調査で副大統領のビナイが出馬表明時の数字からはかなり落としながら、支持率29%を得て首位に立った。 ビナイは73歳..   (2016-02-17)
 国や地域の汚職を監視する国際NGOの『トランス・ペアレンシー』は毎年、その結果を公表しているが、2015年度版ではフィリピンは前年の85位から95位に落ち、アキノ政権が発足以来ラン..   (2016-02-03)
 長年のミンダナオ島での武力紛争を解決するものとして、アキノ現政権下で進められている『バンサモロ基本法』は上下院で審議が行われているが、2月6日から始まる大統領選以下の..   (2016-01-30)
 正副大統領選に立候補している候補者が、莫大な費用を投じて事前運動をしている実態が民間調査機関によってその一端が明らかにされた。 立候補受け付けは既に終了していて、選挙..   (2016-01-07)
 フィリピンの世論調査は『やらせ』や『誘導』との評価もあり、簡単に信用することは危険だが、傾向は読み取れることは出来る。 注目の大統領選支持率で、2つの調査機関が同時期..   (2015-12-24)
 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は12月11日、ポー議員に..   (2015-12-12)
 選挙は勢い『風』次第でどう転んで行くか分からない代物だが、2016年5月予定の次期大統領選に、ダヴァオ市長・ドゥテルテが立候補を表明した直後に行われた民間調査でドゥテルテが..   (2015-12-08)
 従来から立候補資格に問題があると指摘されていた、次期大統領選に立候補を届けたポー上院議員【写真】に対して、フィリピン中央選挙管理員会第2小委員会は『居住期間』と『国籍..   (2015-12-03)
 本人は出ないといって煙に巻き、周りだけが騒いでいた次期大統領選にドゥテルテが11月30日、正式に出馬することを表明した。 同時に副大統領として国民党所属で副大統領選に立候..   (2015-12-01)
 2009年11月23日アロヨ政権末期、ミンダナオ島マギンダナオ州で58人以上が殺された『マギンダナオ大虐殺事件』が発生。 この事件は多数のジャーナリストが含まれしかも殺害後、重機..   (2015-11-24)
 『生まれながらのフィリピン人』かどうかで、次期2016年大統領選に立候補届け出をしたポー上院議員に対して、『その資格はない』とする陣営から失格申し立てを受けている。 11月17..   (2015-11-19)
 2013年11月8日、中部フィリピンヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ=国際名称ハイエン』は同地域に死者・行方不明者7400人近くに達する未曾有の大被害をもたらし、2年間が過ぎた。 ..   (2015-11-09)
        アメリカにあるNPOが過去10年間で起こったジャーナリスト殺害事件の国別未解決ランキングを発表し、フィリピンは内戦や政情不安が起きていない国なのにワースト4..   (2015-11-04)
 ミンダナオ島ダヴァオ市で長年市長職に君臨し、今回市長再選を目指し、立候補を届けたドゥテルテ【写真】は、次期大統領選立候補待望論が強かった。 しかしながら、本人は大統領..   (2015-10-30)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,650 今日:65 昨日:130
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.