フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【問題】 失格処分の出た ポー次期大統領選有力候補 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
政治
   
  【問題】 失格処分の出た ポー次期大統領選有力候補

 フィリピンの居住歴と国籍で、『ポー上院議員は大統領候補となる資格がない』と中央選挙管理員会に申し立てられていた3件について、中央選管第1小委員会は1211日、ポー議員には大統領候補として『失格』処分を下した。



 この裁定に先立つ121日には第2小委員会が同様に、ポー議員を失格としており、これで中央選管としてポー議員は大統領候補として資格がないと最終的に裁定される模様。

 中央選管は第1、第2小委員会はそれぞれ3人ずつと委員長が1人の計7人で構成され、委員6人の失格への色分けは失格該当が5人、資格ありが1人で、最終的に中央選管が全体会議を持って資格問題を扱い、仮に委員長が資格ありとしても52でポー上院議員への失格処分は覆る見込みはない。

 この決定に対してポー陣営は『反対陣営が仕組んだ政治的判断』と主張し、中央選管への異議申し立て、および『中央選管による裁量権の乱用』を根拠に最高裁に提訴する方針を固めている。

 この動きに対して、ポー議員側が問題となっている『フィリピン居住歴』と『国籍』に関して、納得させる証拠や証人を提示しないと、司法の場でも失格が追認される恐れがある。

 ポー議員の居住歴は2013年上院選に立候補し当選した時、立候補届け出用紙に『200611月からフィリピンに居住』と記載し、上院議員立候補資格には問題はなかったが、大統領候補には投票日まで連続して『10年以上の居住歴』の項目があり、次回大統領選は5月に行われるために要件を満たしてないと判定された。

 この件に関してポー陣営は『本人記載の単純ミス』と言い訳をしているが、弁護士など相当数の専門スタッフを抱える議員側が、書類の確認作業をしないで届けるなど常識外と選管側から一蹴され、もしそれが事実なら『選管を愚弄する行為』とまで断罪されている。

 またポー議員の国籍に対して教会前に置かれていた『捨て子』だった経緯から『両親の国籍を証明することが出来ない』として『フィリピン人を親として、出生と同時にフィリピン国籍を取得している』条項にも反すると裁定された。

 こういった問題に関して、ポー陣営は『DNA鑑定をして、遺伝的にフィリピン人であることの証明』や、『アメリカ政府発行のフィリピン居住を証明する書類がある』と対抗しているが、今現在これらが実際にあるのかどうかも確認されていない。

 こういった問題から、大統領候補としてトップに立っていたポー議員だが、最新の支持率調査では2位に陥落する状態で、法廷闘争をしても支持者層が離れる傾向は変わらず、支持率の回復は難しい見通しとなっている。

 ポー議員は現在47歳のため、もっと政治経験を積むために、次回の大統領選立候補は断念して、2022年大統領選に回るべきだとの声も大きく、ポー陣営も立候補断念という劇場型声明を発して次回大統領選に温存を図る可能性もある。

 ただし、今回副大統領候補として組んだエスクデロ上院議員は副大統領当選の可能性が高く、当選の後は2022年大統領選立候補の野心は旺盛で、仮にポー議員が2022年大統領選に回った場合、競う関係となり判断の難しいところとなる。

 このように国民主体ではなく、政治屋の都合と野心で立候補が取り沙汰されるフィリピンは誰が大統領になっても同じと、早くも選挙前から声が挙がっている。

 【写真は大統領が住むマラカニアン宮殿】


Updated: 2015/12/12 (土) 12:13

Share |
 
フィリピン政治ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
違法薬物犯罪者に対して強硬な取り締まりを公約にし、当選したドゥテルテ大統領だが、就任後の7月1日~8月10日までの期間に、司法手続きを無視して警官が違法薬物容疑者に対して射殺..   (2016-08-15)
 違法薬物犯罪者に対して容赦ない取り締まりを公約に、5月の選挙戦で当選を勝ち取ったドゥテルテ大統領だが、大統領就任前後から警官による容疑者への問答無用の発砲によって殺害..   (2016-08-08)
『一年後の生活が改善するか』という調査が、ドゥテルテ新大統領が5月の大統領選で当選し、就任直前の6月24日~24日にかけて実施された。 実施機関は民間の大手調査会社の一つになる..   (2016-08-01)
新大統領ドゥテルテが就任してフィリピンの話題はそちらに向かっているが、本来退任したアキノ政権の政策評価をして次期政権は生かすべきであるが、ほとんど行われていずこれは新し..   (2016-07-25)
公務員の汚職事件を扱う『公務員特別裁判所』が、フィリピン慈善宝くじ協会(PCSO)の基金3億6600万ペソを不正に流用、蓄財したとしてアロヨ元大統領を2012年7月に『略奪罪』で逮捕、起..   (2016-07-21)
世論調査の結果が世論を形成して行く傾向の強いフィリピンで、『大統領への信任率』調査が行われ、その結果が7月13日に発表された。この調査は歴代大統領に対しても行われエドサ政変..   (2016-07-17)
フィリピンが中国を相手取ってオランダ・ハーグにある『仲介裁判所』に提訴していた南シナ海における紛争問題は、7月12日、判決が出てフィリピンの主張する内容が認められる全面勝訴..   (2016-07-13)
6月30日、前ダヴァオ市長のドゥテルテは大統領府のあるマラカニアン宮殿にて就任宣誓をし、正式に政権が発足した。  就任式はアキノ前大統領との引き継ぎを終えた後、最高裁判事..   (2016-07-03)
6月30日に発足するドゥテルテ政権は、国内の2大不安要因の一つであったフィリピン共産党の統一戦線組織である『民族民主戦線=NDF』と公式交渉を再開すると表明し、発足する閣内に左..   (2016-06-19)
フィリピンの正副大統領選は別々の選挙で選ばれるために、大統領と副大統領が別々の党派から選ばれることが多い。 ラモス政権の時は野党側のエストラダが当選。エストラダが大統領..   (2016-06-16)
選挙に功労、協力した人物に対して公職に就けることが常態化しているフィリピンで、次期大統領ドゥテルテはかなり露骨な組閣人事を発表した。 中でも、選挙資金を出したと伝えられ..   (2016-06-01)
5月9日に行われた選挙で地方自治体の首長などの当選が次々と宣言され、セブ州知事選では再選を目指したアキノ与党の自由党(LP)のダビデが当選。 セブ州知事は長年地元の英字紙..   (2016-05-22)
5月9日に行われた正副大統領選以下の結果、大勢が判明し、公式発表と当選確定作業はまだ先になるが大統領はダヴァオ市長のドゥテルテ、副大統領は与党が推した下院議員のロブレドの..   (2016-05-16)
投票日まで3週間を切った中、民間調査機関SWSが発表した4月13日、14日に実施の正副大統領候補支持率調査で、副大統領候補では、与党自由党が大統領候補として推すロハス前内務自治長官..   (2016-04-20)
ミンダナオ島西部サンボアンガ市沖に浮かぶバシラン島は、面積約1000平方キロ、人口30万人以上が住む島だが、この島一つで行政上は州になっている。 ここから、マレイシア・サバ州に..   (2016-04-11)
 エル・ニーニョ現象によってフィリピン国内は長期間に渡って雨が降らず、特に天候頼みの農村部には旱魃による被害が広がっている。 こういった中、ミンダナオ島南部コタバト州キ..   (2016-04-08)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:846,397 今日:38 昨日:121
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.