フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【不法】 氷山の一角か カナダからのコンテナによるゴミ移送 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【不法】 氷山の一角か カナダからのコンテナによるゴミ移送

 金になれば何でも行う、違法か、あるいはスレスレのビジネス、それに関わる輩は古今東西、浜の真砂の如くあるが、カナダ・バンクーバーからコンテナ103基に廃棄物(ゴミ)を積み込んでフィリピンに持ち込んだ問題を巡って、フィリピン政府と在フィリピンカナダ大使館、それと告発している議員、NGOなどが対立を深めている。【写真はコンテナ船の例】

 このゴミ入りコンテナは20135月から20141月にかけてフィリピンに搬入され、アロヨ前大統領の地元、パンパンガ州のゴミ埋立地に捨てられている。

 ゴミの中身は家庭用ゴミを中心とした一般廃棄物で、1992年スイスで調印された有害廃棄物の国境を越える移動を規制する条約には抵触しないが、フィリピンもカナダも同条約を締結しているため、今回の一般廃棄物と言えどもカナダ側は違法であると、告発する側は指摘している。

 これらのゴミはカナダのごみ処理会社がフィリピンの企業と組んで行っているが、フィリピン側の業者が通関書類に『廃棄プラスティック』と虚偽の申告をしていて、関税局は同業者を関税法違反の疑いで司法当局に告発をした。

 また、フィリピン外務省はカナダ大使館に対して、2度にわたって適切な対応を要請しているが、大使館側は『民間業者の問題』と関わりを避けている。

 このゴミ入りコンテナに関しては日本にも前例があって、1999年、日本からフィリピンにゴミ2600トンを『再生可能な古紙、プラスティック』として搬入したが、医療用廃棄物が多数見つかった事件があった。

 このゴミも日本側の業者とフィリピン側の業者が仕組んでいるが、業者は雲隠れ。そのため、在比日本大使館は巨額な税金を使って、122基のコンテナ全部を日本に送り返し、日本で焼却処分とした。

 当時は在比日本大使館関係者の英断と持ち上げられたが、巨額の税金を使ったこの事件の責任の追及はなく有耶無耶で再発防止がどう取られたかどうかも不明。

 このようにコンテナという密閉された入れ物に運ばれるゴミの摘発は時々あり、先進国のゴミの問題に関しては南北問題が生じていて、問題にはなるが金になれば受け入れる業者は多く、明るみに出たのは『氷山の一角』と指摘する者もいる。

 特に原発から生じる『核のゴミ』に関してはどこの国も対策に苦慮していて、日本でも例外ではなく不完全な原子力技術を称して『トイレのない高級マンション』と言われている。

 これら『核のゴミ』がフィリピンに持ち込まれる可能性がないとはいえない『ゴミ騒動』となっている。


Updated: 2015/07/31 (金) 19:08

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 2019年の国民総生産(GDP)をフィリピン統計局が1月23日に発表した。 これによると、前年比5.6%のGDPとなり、政府が目標としていた6.0~6.5%に届かなかったことが明らかになった。 ..   (2020-01-25)
 フィリピンを代表する財閥の一つ『アヤラ』が、セブに新しいショッピング・モールをクリスマス商戦たけなわの12月6日(金曜日)に開業した。 アヤラは1994年、ゴルフ場跡地にセブ..   (2019-12-31)
 世界銀行が毎年発表している『ビジネス環境の現状』2020年度版によると、フィリピンは調査対象国・地域190ヶ国の中で総合順位96位となった。 これは前年から29ランクも急上昇し..   (2019-10-29)
 リゾートとして人気が高く、日本から直行便も就航するセブ州マクタン島のマクタン-セブ国際空港の第2滑走路増設計画で、隣接する経済特区が大きく揺れている。 マクタン島にはME..   (2019-10-10)
 世界最大手のホテル運営会社のマリオット・グループが、フィリピン国内に21の新しいホテルと既存のホテルの名称を変えたホテルを2024年までに行う計画を発表した。 この計画では同..   (2019-09-28)
 海のリゾート地として日本でも人気の高いセブだが、リゾート地域を除くと観光として楽しめる場所は少なく、市内にある変わり映えのしない大規模ショッピング・モールでお茶を濁す..   (2019-09-17)
 マクタン-セブ国際空港の2019年上半期(1月~6月)の利用者は630万人で、その内訳は国内便425万人、国際便205万人となっている。 2018年同期の利用者は576万人であり、同期より利用客..   (2019-08-22)
 フィリピン統計局は8月8日、2019年第2四半期(4月~7月)の国民総生産(GDP)の成長率を発表したが、それによると同期間の成長率は5.5%となり、この数値はドゥテルテ政権が発足した201..   (2019-08-10)
 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛..   (2019-07-22)
  国際空港のあるマクタン島とセブ本島間には2本の橋が架かっているが、現在第3の橋の架橋工事が進められていて、名称は『Cebu-Cordova Link Expressway (CCLEX)』。 この橋はセブ側は日本の..   (2019-06-19)
 フィリピンは賃金が安い、英語が分かる、フレンドリー、日本から近い、と日本企業の海外進出先としては評価は高いが、業種によってはフィリピンを凌ぐ国が現れている。 日本企業..   (2019-04-27)
 マニラ首都圏マンダルーヨン市にある『アジア開発銀行=ADB』によると、フィリピンの2019年の経済成長率予測を、従前の6.7%から0.3ポイント下げて6.4%に修正した。 また、世界銀行..   (2019-04-12)
 フィリピン観光省によると2018年度のセブやボホールを含む中央ヴィサヤ地域への観光での訪問客数は内外併せて800万人と見られている。 伴って観光収入は442億ペソ(約980億円)と1千..   (2019-03-30)
 日本のODA(政府開発援助)は国益を前面に出さず、日本企業の海外事業に手を貸していると批判されるが、中国と比べて低利、長期返済期間のため『債務の罠』がないと好評で、中国贔..   (2019-03-16)
 政府の経済予測というのは都合の良い統計数字をつまんで過大に発表するのが定石で、日本の安倍政権などその典型的なやり口ながら、嘘八百を重ねてその事実を隠蔽している。 フィ..   (2019-03-05)
 昨年から国内新車販売が不振のフィリピンで、最新の統計となる2019年1月新車販売数が前年同月に比べて15%も落ち込んだことが明らかになった。 総販売台数は2万6888台で、この数字は..   (2019-02-28)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍..+ 1235
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 779
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 396
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 359
【判決】 2018年のセブ島射..+ 353
《実現》 ようやく2021年に..+ 290
【噴火】 タアル火山が活..+ 287
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 181
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 160
【結果】 2019年の経済成長..+ 118
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 118
台湾の選挙中の台湾旅行+ 106
飽き飽きするセブの『シヌ..+ 50
+
+
+
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:813,909 今日:34 昨日:130
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.