フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
フィリピン、東南アジア諸国の中、最低の成長率を記録ーHSBC - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  フィリピン、東南アジア諸国の中、最低の成長率を記録ーHSBC

イギリス系の巨大銀行HSBCは、フィリピンが輸出の低調によって、東南アジア諸国の中で最も低い経済成長率を記録したことを明らかにした。

HSBCは、「起伏が少しある見込み(They Say It May Get Bumpy)」というタイトルの2010年第1四半期のアジア経済のマクロ分析報告書(Macro Asian Economics First Quarter 2010)で、今年のフィリピン国内総生産(GDP、gross domestic product )成長率が東南アジア諸国の中で最低値を記録することと予測している。

HSBCは、今年のフィリピンGDP成長率は4.2%レベルになる見込みであるとした。これは、マレーシア(6.8%)、ベトナム(6.8%)、シンガポール(6.5%)、インドネシア(5.8%)、台湾(5.1%)、タイ(4.6%)より低いことを示唆する。

HSBCは、タイ(-2.9%)、台湾(-2.8%)、シンガポール(-2.2%)、マレーシア(-2%)など、昨年1年間、東南アジア全体的に景気が低迷する中、フィリピンのGDPは1.1%成長を記録しているものと予測している。

フレデリック・ニューマン(Frederic Neumann)HSBC首席経済研究院は、昨年フィリピンのGDP成長率は、熱帯性台風のオンドイ(Ondoy)と台風ペペン(Pepeng)によって発生した被害のため、1.1%にとどまったと述べた。その被害額はGDPの2.7%に及ぶものである。

また、「フィリピンが相次ぐ台風で被害を被り、景気回復に難航し、44億ドル($ 4.4 billion)規模の損失が発生した」と彼は伝えた。また、商品輸出部門で21%の下落が予想されることによって、フィリピン経済にも否定的な影響を及ぼすものと予想している。

彼は「現在、フィリピン経済の中で最も注目すべき部分は、変動幅が激しい輸出産業である。輸出産業は、2009年に21%のマイナス成長を記録し、先進国の消費心理も低迷したのにつれ、回復の速度も遅いものと予想されている」と述べた。

ニューマン(Neumann)は、今年フィリピンの商品輸出の成長率が最少6%であると予想されるため、フィリピンのGDPも上がるであろうと述べた。

ニューマン(Neumann)は、報告書の78ページを通じ、「一言でいうと、ゆっくりではあっても、フィリピン経済は2010年に4.2%成長し、上昇転換するだろう」と語った。また、速くなくても安定した経済成長を通じて、結果的に、政府の支出が増えるであろうし、国税庁(Bureau of Internal Revenue; BIR)と税関庁(Bureau of Customs、BOC)の租税のレベルが多少緩和されるだろうと述べた。

彼は「これにより、公的部門の支出は増える見込みである。しかし同時に、構造的なボトルネック現象及び経済の脆弱性により、租税収入は急激に減少するのであろう」と付け加えた。また、これにより、今年のGDP財政赤字の規模は、前年比0.4%増の4.4%の規模になるとの見通しを示した。

ニューマン(Neumann)は「今年の注意すべきリスク要因は、政府組織の改編により、税制改革を先延ばしにされ、より強力な緊縮財政を実行し難くなり得るということである」と語った。HSBCは、今年の物価上昇率を、昨年の3.3%よりも高い平均5.2%と予想した。

彼は、期待物価上昇率が以前の水準より高いことによって、フィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas、BSP)財政委員会(Monetary Board)が、今年第2四半期まで主要な政策指標を調整する圧力を受けると伝えた。ニューマン(Neumann)は、「しかし財政政策は、しばらくの間、景気拡張に集中され、第2四半期に一時的に一部基準指標の上方修正もあり得る」と語った。 (フィリピン韓人商工会議所提供)


Updated: 2010/02/08 (月) 10:30

Share |
 
QcJlxuKom
2014-03-11 12:44
<a href=http://www.statdoctors.com/files/#380h2>this website</a> buy valium tijuana - valium induced depression
   
BFGSb
2014-07-14 15:18
<a href=http://picadillyfarm.com/media/#u0>buy adderall online</a> adderall dosage equivalent vyvanse - buy adderall online no membership
   
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
在フィリピン日本国大使館 2020/05/13 (水) 23:15発表より転載 【写真は同大使館入り口】 【ポイント】●5月13日,フィリピン政府は,前日(5月12日)の記者会見でコミュニティ隔離の解除..   (2020-05-14)
 本田技研工業は2月22日、フィリピンの現地法人であるホンダ・カーズ・フィリピン(HCPI)がルソン島中部ラグナ州サンタロサ市にある四輪組み立て工場を閉鎖することを発表した。 ..   (2020-03-02)
 中国・武漢市発の新型ウィルスによる余波はフィリピンの観光業に大打撃を与えているが、その中でセブのホテルは不足しているとの見通しが出ている。 セブと並ぶ世界的な観光地で..   (2020-02-19)
 フィリピン統計局(PSA)が2月5日に発表した、2020年1月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は2.9%となり、上昇が3ヶ月続いていることが明らかになった。 また、この数字は2019年6月に記..   (2020-02-09)
 2019年の国民総生産(GDP)をフィリピン統計局が1月23日に発表した。 これによると、前年比5.6%のGDPとなり、政府が目標としていた6.0~6.5%に届かなかったことが明らかになった。 ..   (2020-01-25)
 フィリピンを代表する財閥の一つ『アヤラ』が、セブに新しいショッピング・モールをクリスマス商戦たけなわの12月6日(金曜日)に開業した。 アヤラは1994年、ゴルフ場跡地にセブ..   (2019-12-31)
 世界銀行が毎年発表している『ビジネス環境の現状』2020年度版によると、フィリピンは調査対象国・地域190ヶ国の中で総合順位96位となった。 これは前年から29ランクも急上昇し..   (2019-10-29)
 リゾートとして人気が高く、日本から直行便も就航するセブ州マクタン島のマクタン-セブ国際空港の第2滑走路増設計画で、隣接する経済特区が大きく揺れている。 マクタン島にはME..   (2019-10-10)
 世界最大手のホテル運営会社のマリオット・グループが、フィリピン国内に21の新しいホテルと既存のホテルの名称を変えたホテルを2024年までに行う計画を発表した。 この計画では同..   (2019-09-28)
 海のリゾート地として日本でも人気の高いセブだが、リゾート地域を除くと観光として楽しめる場所は少なく、市内にある変わり映えのしない大規模ショッピング・モールでお茶を濁す..   (2019-09-17)
 マクタン-セブ国際空港の2019年上半期(1月~6月)の利用者は630万人で、その内訳は国内便425万人、国際便205万人となっている。 2018年同期の利用者は576万人であり、同期より利用客..   (2019-08-22)
 フィリピン統計局は8月8日、2019年第2四半期(4月~7月)の国民総生産(GDP)の成長率を発表したが、それによると同期間の成長率は5.5%となり、この数値はドゥテルテ政権が発足した201..   (2019-08-10)
 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛..   (2019-07-22)
  国際空港のあるマクタン島とセブ本島間には2本の橋が架かっているが、現在第3の橋の架橋工事が進められていて、名称は『Cebu-Cordova Link Expressway (CCLEX)』。 この橋はセブ側は日本の..   (2019-06-19)
 フィリピンは賃金が安い、英語が分かる、フレンドリー、日本から近い、と日本企業の海外進出先としては評価は高いが、業種によってはフィリピンを凌ぐ国が現れている。 日本企業..   (2019-04-27)
 マニラ首都圏マンダルーヨン市にある『アジア開発銀行=ADB』によると、フィリピンの2019年の経済成長率予測を、従前の6.7%から0.3ポイント下げて6.4%に修正した。 また、世界銀行..   (2019-04-12)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:830,624 今日:39 昨日:171
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.