フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【進出】 三越伊勢丹と野村不動産がフィリピンに合弁会社設立 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【進出】 三越伊勢丹と野村不動産がフィリピンに合弁会社設立

 デパートなど小売業大手の三越伊勢丹ホールディングス(HDS)と不動産業界中堅の野村不動産がマニラ首都圏に商業施設と住宅を一体化した事業を進めるため、フィリピン不動産中国系大手のEederal LandFL)と組んで合弁会社を設立した。



 日本側双方の業績だがHDS20173月期の売り上げ高は12534億円、野村は4014億円となっている。

 3
社はマニラ首都圏タギグ市にあるボニファッシオ・グローバル・シティ(BGC)【写真】でFL社が所有し開発中の地域の敷地面積15千平方メートルを開発する。

 その概要は4棟の分譲タワー・マンションに下層階の地下1階から地上3階部分に3万平方メートルの商業施設を建設するもので、2018年着工、2020年に商業施設開業、2025年にプロジェクト竣工を予定している。

 住宅部分の総面積は4棟で112千平方メートルに及び、地上8階から最高51階になる予定。

 BGC
は軍の基地を再開発したもので、従来のビジネス、高級住宅地域であったマカティ市から、新たなビジネス地域として急成長をしていて、マニラ日本人学校もこの地域に移転している。

 しかしながら、交通機関は整備されていなくて車に頼るような状態で慢性的な渋滞が問題となっている。

 このため、タギグ市を起点として首都圏中心に伸びる地下鉄敷設の計画が日本から提案されているが、検討段階から進んでいない。

 今回の商業施設と住宅施設の複合プロジェクトは、日本の小売業と不動産開発会社が組んだフィリピンで初となる事業で、その成り行きが注目されている。

 またアセアン地域で高い成長率を示すフィリピンのGDPを見込んだ不動産開発となるが、日本のゼロ金利政策による金余りが海外への投資に流れただけで、日本、フィリピン共に常に不動産バブル破裂の危険が潜んでいるとの指摘も強い。


Updated: 2017/07/11 (火) 12:08

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本初の新幹線の輸出と誇示していた『台湾新幹線』への追加車両納入を巡って、先頃『価格が法外』と台湾側から拒否された日本勢だが、ここフィリピンにおいての鉄道事業は順調な..   (2021-02-08)
 フィリピン日産が首都圏に隣接するラグナ州サンタロサ市にある自社の車両組み立て工場を3月に閉鎖することを発表した。 日産は2013年に台湾の自動車大手裕隆汽車の子会社のユニベ..   (2021-01-22)
 OFW(フィリピン人海外就労者)や海外移民のフィリピン人は1000万人以上居て、そこからの送金額は2019年度は301億ドルを記録している。 これは公式な銀行経由の額であり実際はこの倍..   (2020-12-19)
 コロナ禍による経済停滞は回復の兆しは見えず、2020年GDP政府発表では3四半期(1月~9月)連続でマイナスとなり、史上初の3四半期連続マイナス成長となった。 この現状から国際的な..   (2020-12-07)
 バラ積み貨物船建造で世界的な評価を受ける常石造船が、セブで新たな拡張計画を発表した。 同社は1992年に当初は設計会社でセブ市に進出し、1994年にセブ島西海岸のバランバン町に..   (2020-11-20)
 国内コロナ感染者40万人台目前の11月10日、フィリピン統計庁は第3四半期(7月~9月)の実質GDP(国内総生産)成長率を発表した。 発表によると前年同期と比べてマイナス11.5%となり..   (2020-11-11)
  フィリピンで生産する日系自動車メーカーが加盟する全国自動車工業会(CAMPI)とトラック製造業組合(TMA)によると、9月単月の新車販売台数は24,523台となり、これは前年同月と比..   (2020-10-22)
 フィリピンは昔から人口の割に働く場所が少なく失業者の多い国だが、新型コロナ感染者数33万人を数える現在、国内の雇用状況は悪化している。 民間調査機関が2ヶ月ごとに国内の失..   (2020-10-09)
 日本政府が国際協力機構(JICA)を窓口に行う開発援助(ODA)は、紐付き援助として知られ、その事業は日本企業に落ちる構造になっていて、日本国内での業績が頭打ちの税金による企..   (2020-09-09)
 フィリピンの民間調査会社が7月3日~6日全国の成人1555人を対象にした雇用や生活に対する結果が、8月16日に発表されたが、それによると『現在、失業中』と回答した者の割合は全体の45..   (2020-08-19)
 8月6日、フィリピン統計庁(PSA)が発表した今年度第2四半期(4月~6月)のGDP(国内総生産)成長率は前年同期と比べて-16.5%となり、これはPSAが統計を取り始めた1981年以来最悪の記..   (2020-08-07)
 世界各国でコロナ禍の影響によってGDPのマイナスが確実となっている現在、フィリピンもマイナス2~5%の予測が出ている。 この数字は年間7%台のプラス成長を遂げていた中で一気に..   (2020-07-03)
 日本のコロナ禍の序章となったクルーズ船『ダイアモンド・プリンセス』【写真】の集団感染は乗客乗員併せて3700人の内、700人近くが確認されたが、同船の運航乗員中フィリピン人は53..   (2020-06-19)
 コロナ禍で3月半ばから今日に至るまで、フィリピンの各航空会社は国際、国内便とも全面運休している中、フラッグ・キャリア―としての自尊心が高いフィリピン航空(PAL)の赤字が..   (2020-06-09)
在フィリピン日本国大使館 2020/05/13 (水) 23:15発表より転載 【写真は同大使館入り口】 【ポイント】●5月13日,フィリピン政府は,前日(5月12日)の記者会見でコミュニティ隔離の解除..   (2020-05-14)
 本田技研工業は2月22日、フィリピンの現地法人であるホンダ・カーズ・フィリピン(HCPI)がルソン島中部ラグナ州サンタロサ市にある四輪組み立て工場を閉鎖することを発表した。 ..   (2020-03-02)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
【苦境】 フィリピン航空..+ 5865
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 3356
【承認】 2021年度国家予算..+ 2868
【選挙】 2022年大統領選 ..+ 2866
【実情】 コロナ禍で 貧..+ 2804
【逮捕】 セブの空港で ..+ 2528
【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 2488
【労働】 コロナ禍で海外..+ 2368
【累計】 新型コロナ感染..+ 2266
外交官の品格とは+ 1672
【調査】 フィリピンの新..+ 1629
【整理】 フィリピン日産..+ 1377
コロナ禍のセブ島の様子+ 1320
【英雄】 5000ペソ記念紙幣..+ 1283
セブで思う日本の駄菓子屋..+ 1180
セブで迎えるコロナ禍のク..+ 1175
【独占】 フィリピン初の..+ 1123
【通達】 コロナウイルス..+ 1021
セブのヨット・ハーバーに..+ 973
【捜査】 82歳邦人独居女性..+ 797
21セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 742
22【操作】 次期大統領選 ..+ 724
23セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 561
24フィリピンのワクチンを巡..+ 535
25セブで走るトラックの荷台..+ 380
26セブから見たミャンマーの..+ 328
27フィリピンのオリンピック..+ 191
28フィリピンの『ジョリビー..+ 184
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:869,843 今日:128 昨日:181
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.