フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《調査》 ボラカイ島の閉鎖問題 世論は賛成が多数を占める - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《調査》 ボラカイ島の閉鎖問題 世論は賛成が多数を占める

 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末にかけて行われた世論調査で、閉鎖措置に賛成とすると答えた人が64%に上った。



 調査は民間調査会社の『SWS』が全国の成人1200人を対象に行われたが、設問は『1年間の閉鎖』を問う内容にもかかわらず、強く賛成が38%、賛成が26%の計64%が閉鎖措置を容認し、分からないは17%であった。

 これに対して10%が強く反対、同じく10%が反対の計20%となり、ボラカイ島の長期閉鎖は国民の間で支持されていることが明らかになった。

 地域別ではボラカイ島を含み影響を受けるヴィサヤ地方が最も低い支持率となったが、それでも53%の数字となり過半数以上に支持されている。

 地域別で賛成が多かったのは首都圏で69%、次いでミンダナオ島の68%、首都圏以外のルソン地方64%と全国的に閉鎖措置が支持されている。

 また『閉鎖は将来的には良い影響を与えるか』という設問に対しては、肯定する層が多く、高い肯定率を示したのは賛成の多かったマニラ首都圏で、利害が直接関わるヴィサヤ地方でも60%となった。

 学歴別を見ると高学歴ほど閉鎖賛成が多くなり、大学卒が70%、高校卒が69%、小学校卒が57%となった。

 この問題はドゥテルテ大統領が同島を訪れ『ボラカイの海は汚染溜め』と発言したことから始まっていて、抜き差しならぬ環境汚染の実態が次々と暴かれている。

 ボラカイ島は野放図な観光開発が進められ、国内外から年間200万人近くが訪れ、それに連れてゴミ、生活排水の垂れ流しなどの問題が発生し、長い白浜は藻が発生するなど惨憺たる有様になっていた。

 また、観光客を受け入れるために、宿泊施設やレストランなどの違法建築が海岸部を中心に林立し、今回の閉鎖はこれらゴミや生活排水の処理と違法建築の取り壊しなどが行われている。

 このように思い切った措置に出た政府側だが、本当に半年間の閉鎖措置でボラカイ島が甦るか早くも疑問視されている。

 これは長期的、総合的なボラカイ島の再生計画がないままに場当り的な作業が行われているためから来ている。

 また、ボラカイ島の荒廃を招いた州知事以下の行政関係者を入れ替えない限り、再開なっても不法体質は変わらず元の木阿弥になるとの指摘もある。

 ボラカイ島の問題を受けてセブやボホール島、パラワン島などの著名リゾート地の環境破壊が表面に現れているが、行政、業者の『臭い物に蓋』と『見て見ぬ振り』体質は払拭できず、フィリピンは自分の手で自分の首を絞めていると批判されている。


Updated: 2018/07/03 (火) 12:04

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真..   (2018-12-07)
 フィリピンは昼間からブラブラしている人の姿が昔から目立つ国だが、民間調査機関のSWSが9月15日から23日にかけ、18歳以上の成人1500人を対象に『失業』について調査をしたところ、現..   (2018-11-20)
 労働雇用省は10月5日、首都圏マニラ地域などの1日の最低賃金を25ペソ引き上げると発表した。 従来の最低賃金は分野ごとと雇用者数で定められ、小売業とサービース業などは雇用者数..   (2018-11-06)
 日本のバナナは95%以上がフィリピン産だが、それを扱うのが大手商社で住友商事、伊藤忠などが知られる。  これら商社は現地に広大なバナナ農園を所有、あるいは契約農家にバナ..   (2018-10-22)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT-1線で、次に1999年にMRT線(MRT-3)、2003年にLRT-2線がそれぞれ開業した。 LRT-1とMRT-3は本来環状線とし..   (2018-05-21)
 日本のODAで2005年に竣工した埋立地『South Road Properties(SRP)』は面積300ヘクタールあり、国内大手不動産会社の草刈り場となっているが、まだ空地は目立つ。 ここには国内小売最大手のシ..   (2018-05-16)
 利用客が急増しながらそれに対応できないマニラ国際空港は、航空便の遅延が目立ち、その結果航空会社が被る損失は年間11億ペソ(約23億円)で、これが2020年には38億ペソ(約80億円)..   (2018-05-08)
  問題になっているホテルは『Sofitel Philippine Plaza Manila』【写真】。  同ホテルは1976年に当時のマルコス政権によって造られた国際会議場などと一体で造られ、マニラ湾に面している..   (2018-04-25)
12345678910,,,22
ニュース コラム ライフ
フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
《急増》 エイズ感染一日平均..
マニラ逍遥 2018年 その(9)..
《減速》 続く物価上昇 11月..
セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
バタネス紀行 2017 その-(57..
《観光》 セブ島北部バンタヤ..
マニラ逍遥 2018年 その(8)..
【風化】 マギンダナオ虐殺事..
バタネス紀行 2017 その-(56..
《悪化》 5人に1人は失業中 ..
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
【深謀】 政府要職に軍と警察..
バタネス紀行 2017 その-(54..
21【行事】 2018年ミス・セブは..
22マニラ逍遥 2018年 その(5)..
23【老害】 2019年選挙の候補者..
24バタネス紀行 2017 その-(53..
25《雇用》 ミンダナオ島の日系..
26マニラ逍遥 2018年 その(4)..
27【観光】 遅きに失す ようや..
28バタネス紀行 2017 その-(52..
29【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
30マニラ逍遥 2018年 その(3)..
31《過密》 セブの『ジンベイザ..
32バタネス紀行 2017 その-(51..
33【不慮】 フィリピンで演習参..
34マニラ逍遥 2018年 その(2)..
35バタネス紀行 2017 その-(50..
36【黒幕】 セブの日本人女性射..
37《評判》 次期上院選候補支持..
38マニラ逍遥 2018年 その(1)..
39《災害》 セブ州中部ナガ市で..
40《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
41バタネス紀行 2017 その-(49..
42【自前】 商船三井 船員養成..
43《批判》 ドゥテルテに媚を売..
44《失政》 物価上昇止まらず ..
45《拙速》 ボラカイ島の環境整..
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2699
《失政》 物価上昇止まら..+ 2669
《拙速》 ボラカイ島の環..+ 2498
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 2487
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 2206
【黒幕】 セブの日本人女..+ 2139
【自前】 商船三井 船員..+ 2050
《評判》 次期上院選候補..+ 1885
【不慮】 フィリピンで演..+ 1622
《過密》 セブの『ジンベ..+ 1420
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 1342
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 1238
【老害】 2019年選挙の候補..+ 1182
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 1166
【観光】 遅きに失す よ..+ 1083
セブで使うデジタル・カメ..+ 999
【深謀】 政府要職に軍と..+ 837
バタネス紀行 2017 その-..+ 837
バタネス紀行 2017 その-..+ 835
バタネス紀行 2017 その-..+ 821
21【不満】 進まぬ復興事業..+ 801
22【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 800
23マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 797
24バタネス紀行 2017 その-..+ 774
25マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 770
26《微増》 1日当たり25ペソ..+ 762
27マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 657
28バタネス紀行 2017 その-..+ 622
29バタネス紀行 2017 その-..+ 437
30バタネス紀行 2017 その-..+ 435
31マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 426
32バタネス紀行 2017 その-..+ 413
33マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 413
34マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 404
35《悪化》 5人に1人は失業中..+ 376
36マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 371
37バタネス紀行 2017 その-..+ 331
38《観光》 セブ島北部バン..+ 276
39【風化】 マギンダナオ虐..+ 236
40バタネス紀行 2017 その-..+ 234
41マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 170
42バタネス紀行 2017 その-..+ 168
43《強権》 ミンダナオ島の..+ 142
44《減速》 続く物価上昇 11..+ 67
45《急増》 エイズ感染一日..+ 54
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:743,209 今日:251 昨日:221
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.