フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【打撃】 環境汚染で ボラカイ島の閉鎖が現実味 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【打撃】 環境汚染で ボラカイ島の閉鎖が現実味

 2011629日に本欄で下記の標題でボラカイ島について書いて、同島の観光開発の危機を警告していたが、それから7年近く観光業に寄食する行政と業者はボラカイ島の環境問題には何ら手を打たず、2018年ついに同島の『閉鎖』が現実味を帯びてきた。

 この問題はドゥテルテ大統領が同島のあまりに酷い現状を見て『ボラカイは汚水溜めだ』と怒ったことから始まり、観光庁、環境天然資源省、内務自治省のトップが最長1年間の閉鎖を大統領に提案する事態に至っている。

 仮に閉鎖が実行される場合、同島に被災地宣言が出され、1ヶ月後に閉鎖、観光客の立ち入りができなくなる。

 こういう強硬手段に対して観光に全てを頼る関係者の生活はどうするのかという議論もあるが、あまりの同島の酷さに閉鎖もやむを得ず、同島が生まれ変わるためにはこのくらいの措置が必要との擁護も多い。

 こういった動きを見越して、同島方面に路線を持つフィリピン航空などは同路線の減便、廃止の動きを見せている。

 また、そういった騒動の中、同島ではマカオにある世界的なカジノ会社などが開発する巨大なギャンブル施設が2ヶ所開設される見込みで、大企業の資本投下には甘い政府の姿勢も問題になっている。



再掲載



【環境】 ボラカイ島の観光開発がもたらす公害問題(2011629日付け)

   

 フィリピン屈指のビーチ・リゾートを持つパナイ島北端に浮かぶボラカイ島で環境破壊が進み、開発を推進する自治体や観光業者と環境保護グループの間で摩擦が生じている。

 

 ボラカイ島は1990年頃までは鄙びた美しい調和のとれた観光地だった。

 

 しかし無秩序な開発とそれを後押しする自治体などの利権も絡んで1995年に200軒程度だった宿初施設やレストランなどが10年後には2000軒近くに急増、観光収入は17倍、1億ドルを越すに至った。

 

 このため、生活用排水が海岸に流れ込む汚染、大量のゴミの処理などで楽園とは名のみばかりの環境に成り下がっていた。

 

 ボラカイ島は韓国からの新婚旅行地として有名で訪問者数も韓国人が一番多いが、実態はかくのごとく自然破壊のデパートのような島になっている。

 

 そういった中、ボラカイ島の空の玄関口になるアクラン州カティクラン空港1期整備事業が完工し、内外からの観光客を受け入れる体制が整い、年間70万人の空港利用者から100万人近い数を見込まれている。

 

 また、アクラン州がボラカイ島側と対岸を2010年から事業費10億ペソ(約18億円)の予算で海岸の埋め立てを始めていて、ボラカイ島のサンゴ礁を破壊すると問題になっている。

 

 この埋め立ては観光客が利用する港の整備となっているが、環境団体が工事差し止めを最高裁に提訴、6月に一時差し止めの裁定が出た。

 

 しかし、島内のレベルでは環境などどこ吹く風で、目先の儲けで商売をする状態で、ボラカイ島の将来が案じられる。

 

 しかし、これはフィリピン全体の風潮であってボラカイだけを責めるのは酷かも知れない。


Updated: 2018/03/23 (金) 11:14

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 世界銀行が毎年発表している『ビジネス環境の現状』2020年度版によると、フィリピンは調査対象国・地域190ヶ国の中で総合順位96位となった。 これは前年から29ランクも急上昇し..   (2019-10-29)
 リゾートとして人気が高く、日本から直行便も就航するセブ州マクタン島のマクタン-セブ国際空港の第2滑走路増設計画で、隣接する経済特区が大きく揺れている。 マクタン島にはME..   (2019-10-10)
 世界最大手のホテル運営会社のマリオット・グループが、フィリピン国内に21の新しいホテルと既存のホテルの名称を変えたホテルを2024年までに行う計画を発表した。 この計画では同..   (2019-09-28)
 海のリゾート地として日本でも人気の高いセブだが、リゾート地域を除くと観光として楽しめる場所は少なく、市内にある変わり映えのしない大規模ショッピング・モールでお茶を濁す..   (2019-09-17)
 マクタン-セブ国際空港の2019年上半期(1月~6月)の利用者は630万人で、その内訳は国内便425万人、国際便205万人となっている。 2018年同期の利用者は576万人であり、同期より利用客..   (2019-08-22)
 フィリピン統計局は8月8日、2019年第2四半期(4月~7月)の国民総生産(GDP)の成長率を発表したが、それによると同期間の成長率は5.5%となり、この数値はドゥテルテ政権が発足した201..   (2019-08-10)
 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛..   (2019-07-22)
  国際空港のあるマクタン島とセブ本島間には2本の橋が架かっているが、現在第3の橋の架橋工事が進められていて、名称は『Cebu-Cordova Link Expressway (CCLEX)』。 この橋はセブ側は日本の..   (2019-06-19)
 フィリピンは賃金が安い、英語が分かる、フレンドリー、日本から近い、と日本企業の海外進出先としては評価は高いが、業種によってはフィリピンを凌ぐ国が現れている。 日本企業..   (2019-04-27)
 マニラ首都圏マンダルーヨン市にある『アジア開発銀行=ADB』によると、フィリピンの2019年の経済成長率予測を、従前の6.7%から0.3ポイント下げて6.4%に修正した。 また、世界銀行..   (2019-04-12)
 フィリピン観光省によると2018年度のセブやボホールを含む中央ヴィサヤ地域への観光での訪問客数は内外併せて800万人と見られている。 伴って観光収入は442億ペソ(約980億円)と1千..   (2019-03-30)
 日本のODA(政府開発援助)は国益を前面に出さず、日本企業の海外事業に手を貸していると批判されるが、中国と比べて低利、長期返済期間のため『債務の罠』がないと好評で、中国贔..   (2019-03-16)
 政府の経済予測というのは都合の良い統計数字をつまんで過大に発表するのが定石で、日本の安倍政権などその典型的なやり口ながら、嘘八百を重ねてその事実を隠蔽している。 フィ..   (2019-03-05)
 昨年から国内新車販売が不振のフィリピンで、最新の統計となる2019年1月新車販売数が前年同月に比べて15%も落ち込んだことが明らかになった。 総販売台数は2万6888台で、この数字は..   (2019-02-28)
 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、国別の一人一日当たりコメ消費量は東南アジア諸国が上位を占め、その中でフィリピンは7位に入っている。 フィリピンは一日325gの消費に対..   (2019-02-19)
 諸物価の値上がりが続くフィリピンは、ペソの対ドルレートの下落もあって国内で販売される新車の価格を上げる可能性が自動車販売会社取り沙汰されている。 そういった中、2018年..   (2019-02-05)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,856 今日:104 昨日:167
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.