フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《杜撰》 保守管理を怠ったMRT-3 日本の巨額ODAで再生 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《杜撰》 保守管理を怠ったMRT-3 日本の巨額ODAで再生

 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT1線で、次に1999年にMRT線(MRT3)、2003年にLRT2線がそれぞれ開業した。



 LRT
1MRT3は本来環状線として運行されるはずであったが、相互の線路は接続されず、相互乗り入れは不可能となっている。

 これは路線の呼び方が違っているように運営会社は2つに分かれていて、時の政権のご都合と利権で建設されたためで、これが軽量鉄道運営上の問題を多く生じさせている。

 特に首都圏の大動脈でもあるエドサ通りを走るMRT3【写真】は問題が山積していて、本来の役に立っていないと利用者から不満が続出。

 同線は全長16.8キロあり、13駅を擁するが路線と駅などの保守管理が著しく悪く、毎日のように故障などが発生し、通常の速度で走ると脱線の危険があると指摘され、ノロノロ運転が常態化していた。

 この路線がこのような無様な状態になったのは、開通後から2012年まで日本の企業が保守管理を請け負っていて、それが突然利権からフィリピンの企業に変更された。

 この変更までは保守管理に問題はなく、正常に運行されていた。しかもフィリピンと企業との契約は1ヶ月毎更新と常識では考えられない内容であった。

 このため、元々鉄道の保守管理にノウハウのないフィリピン企業によって同路線は荒廃の一路を辿ったが、そういう判断、選定をした運輸当局と運営会社の不手際が追及されても良いが政治案件ということで波風は起こらなかった。

 しかし、あまりの酷さに腰を上げざるを得なくて。2016年に韓国の鉄道運営公社を中心にした企業連合に保守管理の委託をしたが、こちらも鉄道保守にはお粗末な連合で改善は全く見られず、特に韓国の鉄道公社は元々問題がありと烙印を押され、同連合はお払い箱に。

 そこに2016年大統領選で当選したドゥテルテが登場し、ドゥテルテの大型インフラ推進政策に乗る形で、同線の再生が莫大な資金を注ぎ込むことが決まった。

 その相手に選ばれたのがフィリピンで大盤振る舞いの政府開発援助(ODA)を推進している日本で、その先兵として国際協力機構(JICA)が一切のお膳立てをした。

 フィリピン運輸省はMRT3の再整備と保守管理事業に、日本政府から総額約355億円の借款を受けて行うことを発表し、締結は20186月中に行いたいと表明。

 JICA
によると同線の再生事業には39ヶ月かかり、実施企業は住友商事や三菱重工など日本企業が行うとしていて、ここでも日本企業向けの事業であることが判明。

 JICA
は首都圏初の地下鉄建設も決めていて、大型インフラ整備事業に名を借りた日本企業救済の案件ばかりと批判も出ている。

 新線を作れるほどの巨費と長い年月をかけて同線の再生事業は始まるが、最初からメインテナンスをしっかりやっていれば、このような無駄な事態を招かなかったと、フィリピン人のメインテナンスに対する意識欠如が改めて反省されているが、これは直らないとの指摘もある。


Updated: 2018/05/21 (月) 12:13

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真..   (2018-12-07)
 フィリピンは昼間からブラブラしている人の姿が昔から目立つ国だが、民間調査機関のSWSが9月15日から23日にかけ、18歳以上の成人1500人を対象に『失業』について調査をしたところ、現..   (2018-11-20)
 労働雇用省は10月5日、首都圏マニラ地域などの1日の最低賃金を25ペソ引き上げると発表した。 従来の最低賃金は分野ごとと雇用者数で定められ、小売業とサービース業などは雇用者数..   (2018-11-06)
 日本のバナナは95%以上がフィリピン産だが、それを扱うのが大手商社で住友商事、伊藤忠などが知られる。  これら商社は現地に広大なバナナ農園を所有、あるいは契約農家にバナ..   (2018-10-22)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
 マニラ首都圏には3本の軽量鉄道が走っていて、最初に作られたのは1884年のLRT-1線で、次に1999年にMRT線(MRT-3)、2003年にLRT-2線がそれぞれ開業した。 LRT-1とMRT-3は本来環状線とし..   (2018-05-21)
 日本のODAで2005年に竣工した埋立地『South Road Properties(SRP)』は面積300ヘクタールあり、国内大手不動産会社の草刈り場となっているが、まだ空地は目立つ。 ここには国内小売最大手のシ..   (2018-05-16)
 利用客が急増しながらそれに対応できないマニラ国際空港は、航空便の遅延が目立ち、その結果航空会社が被る損失は年間11億ペソ(約23億円)で、これが2020年には38億ペソ(約80億円)..   (2018-05-08)
  問題になっているホテルは『Sofitel Philippine Plaza Manila』【写真】。  同ホテルは1976年に当時のマルコス政権によって造られた国際会議場などと一体で造られ、マニラ湾に面している..   (2018-04-25)
12345678910,,,22
ニュース コラム ライフ
フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
《急増》 エイズ感染一日平均..
マニラ逍遥 2018年 その(9)..
《減速》 続く物価上昇 11月..
セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
バタネス紀行 2017 その-(57..
《観光》 セブ島北部バンタヤ..
マニラ逍遥 2018年 その(8)..
【風化】 マギンダナオ虐殺事..
バタネス紀行 2017 その-(56..
《悪化》 5人に1人は失業中 ..
【鉄槌】 汚職の果て イメル..
マニラ逍遥 2018年 その(7)..
【不満】 進まぬ復興事業 台..
バタネス紀行 2017 その-(55..
《微増》 1日当たり25ペソ 首..
マニラ逍遥 2018年 その(6)..
【深謀】 政府要職に軍と警察..
バタネス紀行 2017 その-(54..
21【行事】 2018年ミス・セブは..
22マニラ逍遥 2018年 その(5)..
23【老害】 2019年選挙の候補者..
24バタネス紀行 2017 その-(53..
25《雇用》 ミンダナオ島の日系..
26マニラ逍遥 2018年 その(4)..
27【観光】 遅きに失す ようや..
28バタネス紀行 2017 その-(52..
29【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
30マニラ逍遥 2018年 その(3)..
31《過密》 セブの『ジンベイザ..
32バタネス紀行 2017 その-(51..
33【不慮】 フィリピンで演習参..
34マニラ逍遥 2018年 その(2)..
35バタネス紀行 2017 その-(50..
36【黒幕】 セブの日本人女性射..
37《評判》 次期上院選候補支持..
38マニラ逍遥 2018年 その(1)..
39《災害》 セブ州中部ナガ市で..
40《鉄屑》 フィリピン名物 ジ..
41バタネス紀行 2017 その-(49..
42【自前】 商船三井 船員養成..
43《批判》 ドゥテルテに媚を売..
44《失政》 物価上昇止まらず ..
45《拙速》 ボラカイ島の環境整..
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《批判》 ドゥテルテに媚..+ 2725
《失政》 物価上昇止まら..+ 2687
《拙速》 ボラカイ島の環..+ 2513
《鉄屑》 フィリピン名物..+ 2509
《災害》 セブ州中部ナガ..+ 2222
【黒幕】 セブの日本人女..+ 2162
【自前】 商船三井 船員..+ 2069
《評判》 次期上院選候補..+ 1895
【不慮】 フィリピンで演..+ 1642
《過密》 セブの『ジンベ..+ 1439
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 1370
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 1268
【老害】 2019年選挙の候補..+ 1207
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 1179
【観光】 遅きに失す よ..+ 1100
セブで使うデジタル・カメ..+ 1009
バタネス紀行 2017 その-..+ 846
【深謀】 政府要職に軍と..+ 845
バタネス紀行 2017 その-..+ 842
バタネス紀行 2017 その-..+ 829
21【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 819
22【不満】 進まぬ復興事業..+ 818
23マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 804
24バタネス紀行 2017 その-..+ 782
25《微増》 1日当たり25ペソ..+ 778
26マニラ逍遥 2018年 その(2..+ 777
27マニラ逍遥 2018年 その(3..+ 664
28バタネス紀行 2017 その-..+ 631
29バタネス紀行 2017 その-..+ 451
30バタネス紀行 2017 その-..+ 446
31バタネス紀行 2017 その-..+ 445
32マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 438
33マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 432
34マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 420
35《悪化》 5人に1人は失業中..+ 409
36マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 404
37バタネス紀行 2017 その-..+ 372
38《観光》 セブ島北部バン..+ 302
39バタネス紀行 2017 その-..+ 267
40【風化】 マギンダナオ虐..+ 260
41マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 205
42バタネス紀行 2017 その-..+ 201
43《強権》 ミンダナオ島の..+ 172
44《急増》 エイズ感染一日..+ 170
45《減速》 続く物価上昇 11..+ 98
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:743,677 今日:246 昨日:216
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.