フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【利便】 企業の思惑で進められる マニラ首都圏の新空港建設 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【利便】 企業の思惑で進められる マニラ首都圏の新空港建設

 運用全般と空港設備やレイアウトの不備でマニラ国際空港は過密化し、慢性的な離発着の遅れを生じているが、これを解消するために政府はカヴィテ州サングレーポイントにある空軍飛行場を民間機に使用できるように改修を進めている。

 同飛行場は2367mの滑走路を持ち、政府は201911月を目標にし、国内便を同空港に振り分けてマニラ空港の混雑解消を計るとしている。

 同空港についてはカヴィテ州当局が20191月、政府に対して総工費5000億ペソ以上(約1兆円以上)の事業計画書が出されているが、マニラ湾の埋め立てや資金調達を中国の金融機関の借款を予定しているため着工、完成までには相当な期間を要し、最小限の費用で開業を目指している。

 これに対して、マニラ空港に乗り入れている航空会社はサングレーポイントへの運航は許容し、近く政府との間で覚書が締結される見込み。

 しかしながら、同空港とマニラ中心部を繋ぐ交通は全く考慮されていなくて、当局は空港からフェリーを使えば問題ないとしているが、乗客の利便性は全く考慮されず、政府や航空会社の都合で計画が進められてると批判されている。

 マニラ空港を巡っては国内の財閥企業連合による増強、整備計画が提案されているが、限られた空港敷地内に手を加えてもその効果はすぐに消えるとの見方が強い。

 また、マニラ空港に代わる第二マニラ国際空港計画が、当局によって計画されていて、大手インフラ企業のサンミゲルが首都圏北方のブラカン州に新空港を造る計画が提案されている。

 同事業は総工費7540億ペソ(約14200億円)とフィリピンのインフラ事業としては史上最大規模になるが、一民間企業が公益性の高い空港事業を建設、独占するのはどうかとの疑問が出ている。

 そういった懸念をよそに同提案に対して政府も乗り気で同計画に対して対抗入札説明会を行ったが、同社のみしか参加しなかった。

 このため、7月末までに他の企業が名乗りを上げない限り、同計画はサンミゲルが自動的に決まる。

 一方、ルソン島中部にあるクラーク国際空港の整備計画も進み、フィリピンの空港建設で難点であった鉄道による首都圏への接続も具体的になり、これが完成すれば現在進められている新たな空港計画より乗客の利便性は高いと評価されている。

 このようにバラバラに首都圏の空港整備は進められていて、乗客のためなのか企業のためなのか論議を呼んでいる。



【写真はマニラ国際空港第2ターミナル】


Updated: 2019/07/22 (月) 20:29

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンの外食産業最大手のジョリビー・フーズ(JFC)が、牛丼で知られる吉野家インターナショナル・フィリピン(YIPI)と合弁して設立した吉野家ジョリビー・フーズ(YJFI)を傘..   (2021-11-03)
 物流世界大手のFedExが2009年に旧アメリカ海軍基地跡のスービック特別経済区から拠点を中国・広州に移してから、12年ぶりにフィリピンに戻って来ることになった。 フィリピンの新し..   (2021-10-22)
 世界中の航空会社が新型コロナの影響を受けて苦戦する中、フィリピン航空(PAL)が9月3日(フィリピン時間4日)にニューヨークの連邦破産裁判所に、日本の民事再生法に当たる連邦破..   (2021-09-05)
 GDP(国内総生産)はフィリピン統計庁(PSA)が四半期ごとに発表しているが、今年度の第2四半期(4月~6月)の速報値によると、前年同期比11.8%の増加となった。 この数値はアキノ..   (2021-08-12)
 コロナ禍で観光業は青息吐息のセブだが、ピンチはチャンスとホテル業に進出する企業もある。 この企業はセブを拠点とする不動産開発大手のセブ・ランドマスター社(CLI)で、リゾ..   (2021-08-01)
 セブ島と国際空港のあるマクタン島間には現在2つの橋が架かっていて、最初の橋は1973年、2番目の橋は1999年に完成したが、両方とも日本のODAが使われている。 この2本の橋も慢性的な..   (2021-07-17)
 国内産業の雇用受け皿は少ないために慢性的に高い失業率のフィリピンは、その要因は増え続ける人口と以前から指摘され、貧困がなくならないのは人口問題によるとまで酷評されてい..   (2021-07-08)
 ここ数年赤字の続いているフィリピン航空(PAL)は、新型コロナによる航空需要の減少で更に打撃を受け、2020年度決算では718億ペソ(約1500億円)の赤字を出した。 これは前年の102億..   (2021-06-24)
 フィリピンには1954年に制定された『小売り取引法』によって、外国資本による小売業への参入は禁止されていたが、2000年になって『小売り自由化法』が制定された。  しかし、自..   (2021-06-07)
 フィリピン統計庁が5月に発表した2021年度第1四半期(1月~3月)の国内総生産(GDP)は前年同期と比べてマイナス4.2%となり、これでGDPマイナスが5期連続、5四半期連続のマイナスを記..   (2021-05-27)
 首都圏のコンドミニアムの空室率が業界筋によると、2020年は15.6%であったが2021年は更に上昇して17%以上に達し、6部屋に1部屋は空室になる予測が出ている。 フィリピンはコンドミ..   (2021-05-06)
 コロナ感染者累計数4月20日現在95万人を超えるフィリピンで、フィリピン企業の2020年度決算報告が相次いでいるが、その多くは新型コロナによる防疫体制によって減収、減益となってい..   (2021-04-21)
 フィリピンの祝い事に必ずレチョン・バボイ(子豚の丸焼き)が出る様に、フィリピン人の豚肉好きは知られているが、この豚肉の価格が年明けから高騰を続けていて、政府は2月から..   (2021-04-10)
 第二次大戦後の1948年に15の客室でスタートし、現在185室を持つダヴァオ市を代表する『アポ・ヴュー・ホテル』【写真】が3月末を持って営業を停止することを決めた。 同ホテルの『..   (2021-03-30)
 コロナ感染累計者数が60万人を超えたフィリピンだが、感染の勢いはここに来て増加し、先行きが不透明になっている現在、フィリピン統計庁(PSA)が3月8日に2020年の労働力・雇用推計..   (2021-03-12)
 日本初の新幹線の輸出と誇示していた『台湾新幹線』への追加車両納入を巡って、先頃『価格が法外』と台湾側から拒否された日本勢だが、ここフィリピンにおいての鉄道事業は順調な..   (2021-02-08)
12345678910,,,25
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:909,571 今日:103 昨日:135
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.