フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
フランチャイズ詐欺に注意 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  フランチャイズ詐欺に注意
ベラ・ゲレロ(Bella Guerrero)氏は食品カート・ビジネス(小型トラックを利用した飲食業)を開業し、このビジネスに大きな期待を寄せていた。
 彼女は2009年2月 Fran.Co Franchise Marketing and Consultancy Inc.(マーケティング・コンサルティング会社)と三つの食品カート会社と契約を結び、Stik Yosi、Suzuki Son、Chiking Cornerなどフランチャイズの運営のために60万ペソ以上を支払った。しかし、 一年経った今、彼女はカート運営にとって必要不可欠な設備である機械や備品をまだ受け取れていない。これによって彼女は既に2万ペソ以上の予想収益を損している。
 
 ケソン市・サンフランシスコ・デル・モント(San Francisco del Monte)のセレス・テノ-リオ(Ceres Tenorio)氏も2009年1月に Fran.Con Franchise Marketing and Consultancy Inc.から Super Twins、RRR Rice in a Box Station and Flavored Noodles Hongkong Style、Sha Sha Shawarma とフランチャイズ契約をした。彼女は総額77万160ペソを支払ったが、ベラ(Bella)氏と同様にまともに運営できなかった。彼女は抗議の電話や訪問もしたが Fran.Conから返ってきたのは言い訳のみであった。
 
 一方、Bonnie’s BBQ Grillのフランチャイズ運営をしているミイラ・サルボサ(Myra Salvosa)氏は、ミッシェル・アン・パクバス‐チャン (Michelle Ann Pacubas-Chan)から名義を貸りるという提案を承諾してしまった為に被害を受けた。調理法や設備を受け取ることができず、当初見込んでいた収入に対して10ウォン一枚さえ受け取ることができなかった。
 貿易産業部(DTI)はフィリピンで事業を運営しようとする海外労動者を利用するフランチャイズ詐欺団に注意するよう警告した。貿易産業部、証券取引委員会(SEC)のような政府規制機関は、今回の被害者と協力し、他の政府機関やフランチャイズ機関と共に事業取引詐欺に対応する事となった。
 また、貿易産業部は次のような名前の個人及び団体に注意勧告を出した。これらの名簿には、Fran.Con Franchise Marketing and Consultancy Inc.、 Hamoraon Business Specialist Inc.、 Michelle Ann Pacubas-Chan などの名前が挙がっている。
 貿易産業部は証券取引委員会、フィリピン海外就業庁 (POEA)、海外勤労者福祉管理公団(OWWA)、その他様々なフランチャイズ協会とフランチャイズ詐欺被害者との面談を行った。
 被害者は詐欺性フランチャイズ会社の事業を禁じ、これ以上被害者が出ないようにと訴えた。
 政府はこのようなフランチャイズ詐欺被害者のために今後努力していくと伝えた。
実際に証券取引委員会は、以前1月にFran.Con Franchise Marketing and Consultancy Inc.などに対して事業許可廃止の請願書を提出した。
詐欺性が見られるフランチャイズ会社は個人事業者を勧誘し、早急に契約書を取り交わし決済を行うことで、「今が絶好の機会である」と被害者が思うように誘導している。そして決済後に「会議があって忙しい」など言い訳をしながら連絡が取れなくなり、約束した物品が届かないなどの被害が発生している。
 これに対して貿易産業部は、再度このような事業提案に対してはきっぱり「No」と拒否し、取引の意思決定を慎重に行うようにと発言した。
 貿易産業部はフランチャイズ詐欺団に対する情報キャンペーンもおこなっており、フランチャイザー及びフランチャイジーたちに必要な教育をおこなっている。
 産業連合団体もフランチャイズ詐欺を防ぐため政府との協力を約束した。彼らは政府の計画に対し強い支持を示すとともに、フランチャイズ法を改正する必要があると言及した。
 貿易産業部は、フランチャイズ連合団体のリストを作り、貿易産業部にダイレクトコールセンターを設置することでフランチャイザーが合法的な会員なのかどうかを確認できるよう支援している。また、該当のフランチャイズ連合に問い合わせることもできる。(PFA。687-0365 to 67; FIFA、-912-2946; AFFI、642-1829、900-0002; and Focaphil、821-5011、497-5300、729-4449)。
 貿易産業部はフランチャイズ会社との取引きの際は十分注意し、問題が発生した際はDTI Direct、751-3330まで連絡するよう案内している。[資料提供:フィリピン韓人商工会議所]

Updated: 2010/05/14 (金) 18:27

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本政府が国際協力機構(JICA)を窓口に行う開発援助(ODA)は、紐付き援助として知られ、その事業は日本企業に落ちる構造になっていて、日本国内での業績が頭打ちの税金による企..   (2020-09-09)
 フィリピンの民間調査会社が7月3日~6日全国の成人1555人を対象にした雇用や生活に対する結果が、8月16日に発表されたが、それによると『現在、失業中』と回答した者の割合は全体の45..   (2020-08-19)
 8月6日、フィリピン統計庁(PSA)が発表した今年度第2四半期(4月~6月)のGDP(国内総生産)成長率は前年同期と比べて-16.5%となり、これはPSAが統計を取り始めた1981年以来最悪の記..   (2020-08-07)
 世界各国でコロナ禍の影響によってGDPのマイナスが確実となっている現在、フィリピンもマイナス2~5%の予測が出ている。 この数字は年間7%台のプラス成長を遂げていた中で一気に..   (2020-07-03)
 日本のコロナ禍の序章となったクルーズ船『ダイアモンド・プリンセス』【写真】の集団感染は乗客乗員併せて3700人の内、700人近くが確認されたが、同船の運航乗員中フィリピン人は53..   (2020-06-19)
 コロナ禍で3月半ばから今日に至るまで、フィリピンの各航空会社は国際、国内便とも全面運休している中、フラッグ・キャリア―としての自尊心が高いフィリピン航空(PAL)の赤字が..   (2020-06-09)
在フィリピン日本国大使館 2020/05/13 (水) 23:15発表より転載 【写真は同大使館入り口】 【ポイント】●5月13日,フィリピン政府は,前日(5月12日)の記者会見でコミュニティ隔離の解除..   (2020-05-14)
 本田技研工業は2月22日、フィリピンの現地法人であるホンダ・カーズ・フィリピン(HCPI)がルソン島中部ラグナ州サンタロサ市にある四輪組み立て工場を閉鎖することを発表した。 ..   (2020-03-02)
 中国・武漢市発の新型ウィルスによる余波はフィリピンの観光業に大打撃を与えているが、その中でセブのホテルは不足しているとの見通しが出ている。 セブと並ぶ世界的な観光地で..   (2020-02-19)
 フィリピン統計局(PSA)が2月5日に発表した、2020年1月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は2.9%となり、上昇が3ヶ月続いていることが明らかになった。 また、この数字は2019年6月に記..   (2020-02-09)
 2019年の国民総生産(GDP)をフィリピン統計局が1月23日に発表した。 これによると、前年比5.6%のGDPとなり、政府が目標としていた6.0~6.5%に届かなかったことが明らかになった。 ..   (2020-01-25)
 フィリピンを代表する財閥の一つ『アヤラ』が、セブに新しいショッピング・モールをクリスマス商戦たけなわの12月6日(金曜日)に開業した。 アヤラは1994年、ゴルフ場跡地にセブ..   (2019-12-31)
 世界銀行が毎年発表している『ビジネス環境の現状』2020年度版によると、フィリピンは調査対象国・地域190ヶ国の中で総合順位96位となった。 これは前年から29ランクも急上昇し..   (2019-10-29)
 リゾートとして人気が高く、日本から直行便も就航するセブ州マクタン島のマクタン-セブ国際空港の第2滑走路増設計画で、隣接する経済特区が大きく揺れている。 マクタン島にはME..   (2019-10-10)
 世界最大手のホテル運営会社のマリオット・グループが、フィリピン国内に21の新しいホテルと既存のホテルの名称を変えたホテルを2024年までに行う計画を発表した。 この計画では同..   (2019-09-28)
 海のリゾート地として日本でも人気の高いセブだが、リゾート地域を除くと観光として楽しめる場所は少なく、市内にある変わり映えのしない大規模ショッピング・モールでお茶を濁す..   (2019-09-17)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:846,664 今日:120 昨日:79
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.