フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【足元】 偽造印紙で巨額脱税のたばこ会社を 日本たばこ産業が買収 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【足元】 偽造印紙で巨額脱税のたばこ会社を 日本たばこ産業が買収

 総売上高21433億円(2016年度)の日本たばこ産業(JT)が、フィリピンのたばこ会社Mighty Corp.MC)との間で、買収交渉をしている事を713日に表明した。

 JTは肺がんなど疾病を引き起こし、喫煙率の下がり続けている国内たばこ販売に危機感を抱き積極的に海外に進出を行っていて、海外の大手たばこ会社買収を続けている。

 今回のMC
社買収はその一環になるが、MC社は20173月に輸入したたばこに偽造の物品税納入印紙を貼って販売していた事実が発覚。

 フィリピン関税局が摘発、捜索し同月には
MC社の輸入許可が取り消され、国税局から刑事告発され250億ペソ(約550億円)の罰金支払いが命じられていた。

 そのような犯罪企業を元日本の公営企業で、民営化されても日本の財務省が
3分の1の株式を持つ大株主が買収することに批判はあっても、JTは罰金支払いで苦境に立っているMC社買収を進めている。

 両社の交渉によると
JTの海外事業を受け持つ日本たばこ産業インターナショナル社(JTI)が、MT社の製造部門と流通資産を450億ペソ(約1000億円)で買収、MT社はその売却金の中から国税局から命じられている罰金250億ペソを支払うとなっている。

 この件に関して
MT社は既にフィリピン財務省に報告済みで、罰金の支払い方法まで明記。

 それによると
250億ペソの内、720日までに35億ペソを支払い、残り216億ペソをJTIとの売却契約完了後に支払うとなっている。

 これに対して財務省当局は
MT社の申し入れを検討していると表明した。

 MT
社の脱税事件は2010年から発覚するまで輸入したたばこに貼る物品税印紙を偽造し、約379億ペソ(約834億円)の巨額に上っていた。

 同社は示談金
130億ペソを示して罪と罰を逃れようとしたが、ドゥテルテ大統領が拒否し、MT社幹部が脱税容疑で国税局が司法省に告訴している。

 なお、フィリピンの喫煙率は男性
44%(世界平均33%)、女性11%(世界平均10%)となっていて男性の喫煙率が非常に高く、喫煙年齢層も非常に低い。

 なお、日本の喫煙率は男性
34%、女性10%となっていて健康被害が周知されているのに喫煙率は高く、日本の国会で議論されていたレストランなどでの喫煙禁止法案も、業界の意を汲んだ議員によって未成立。

 この面で日本は世界の潮流から遅れていることが明らかになったが、
JTはその資本力に物をいわせて斜陽ともいえる海外のたばこ事業会社を次々と買収していて、ばば抜きのばばを掴まされているのではと、疑問符が付けられている。



 【写真は東京虎ノ門にあるJT本社ビル】


Updated: 2017/07/14 (金) 11:15

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピンに本部を置くアジア開発銀行(ADB)によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)全体の経済成長率は2018年、2019年共に5.2%と見込まれる中、フィリピンは2018年6.8%、2019年が6.9%と..   (2018-04-16)
 2014年に建設を開始したマクタン・セブ国際空港の第2ターミナルが、6月に開業することとなった。【写真は完成予想図】 マクタン・セブ国際空港のこれまでの許容能力は年間450万人だ..   (2018-04-03)
 2011年6月29日に本欄で下記の標題でボラカイ島について書いて、同島の観光開発の危機を警告していたが、それから7年近く観光業に寄食する行政と業者はボラカイ島の環境問題には何ら..   (2018-03-23)
 3月5日、今年の1月から実施されている税制改革によって国内のインフレが昂進していることをフィリピン財務省は発表した。 これによると、2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比..   (2018-03-10)
 労働者を使う側に都合良く作られているENDO(end-of-contract)問題に絡んで、労働雇用省は日系の矢崎トレス工業(本社ルソン島ラグナ州)【写真】に対して、4970人の非正規雇用者を正規..   (2018-03-02)
 タイなどと較べて同レベルではホテル代が高いといわれるフィリピンで、相次いでホテル建設が行われている。 2017年度は3400室が増え、これは前年の1600室実績から比べると倍以上に増..   (2018-02-26)
 フィリピン政府関係者は3月中に『マニラ首都圏地下鉄計画』の第一期として、日本政府と借款契約を締結する見通しと明らかにした。 契約の供与限度額は1045億円3千万円、金利は年0.1..   (2018-02-19)
 2018年から自動車取得税などが上がったフィリピンで、2017年度第4四半期(10月~12月)は前年同期比24%増の3万台余が売れる過熱ぶりで、地獄的な都市部の渋滞に拍車がかかっている。..   (2018-02-06)
 ENDO(end-of-contract)と名付けられている、6ヶ月ごとに労働者を解雇する雇う側に非常に都合の良い短期雇用慣行が、フィリピンには蔓延していて、この悪しき雇用形態を是正する法案が1..   (2018-02-01)
 公式には国内総生産(GDP)の10%以上を占める、海外で働くフィリピン人(OFW)からの送金を管理するために、1月18日政府主導の銀行『Overseas Filipino Bank=OFB』が発足した。 この銀行は..   (2018-01-19)
 日本のホテル業界の名門といわれる(株)ホテルオークラが、フィリピン・マニラ首都圏パサイ市に『ホテルオークラマニラ』(仮称)を2018年に開業する【写真は同ホテル完成予想図..   (2017-12-25)
 国内インフラの拡大投資で景気の浮揚を図るのはどこの国でも共通するが、インフラ投資を海外からの資金で頼るとなると問題は多く、インフラ充実化を掲げるドゥテルテ政権の目論む..   (2017-12-17)
 膨張する航空需要に対して、フィリピン国内では新ターミナル建設や新空港建設、新空港構想プロジェクトが各地で行われている。 フィリピン中部の中心、ヴィサヤ地方セブ州のマク..   (2017-12-08)
 日本政府が100%の株を所有する国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation=JBIC)が、日本の製造業企業に海外進出人気度調査を行い、その結果が11月22日に公表された。 この調査..   (2017-11-28)
 フィリピン政府の統計庁(PSA)が11月16日に2017年度第3四半期(7月~9月)の国内総生産(GDP)の数字を発表した。 これによると、GDPは前年同期比で6.9%増の結果となった。 また、..   (2017-11-18)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーとなっているフィリピン航空(PAL)は、かつて倒産の危機に見舞われたが、実質オーナーの中国系経済人『ルシオ・タン』の政治力によって持ちこた..   (2017-11-04)
12345678910,,,21
ニュース コラム ライフ
【犯罪】 保険金殺人か フィ..
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
21小さな旅 ボホール島篇 2017..
22【常連】 2016年のミス・ワー..
23セブの生命力ある樹
24【病巣】 フィリピンを食い物..
25バタネス紀行 2017 その-(26..
26【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
27小さな旅 ボホール島篇 2017..
28【予測】 インフレ率急上昇 ..
29セブの3月はいつも通り猛暑へ..
30【色気】 独裁者マルコスの娘..
31バタネス紀行 2017 その-(25..
32小さな旅 ボホール島篇 2017..
33【判決】 85歳のオーストラリ..
34俳優の死と墓
35バタネス紀行 2017 その-(24..
36【標的】 日系企業に対して労..
37【最多】 エイズ新規感染者 ..
38【現実】 汚職追放は掛け声だ..
39【投資】 都市部を中心に急増..
40【環境】 ボラカイもマクタン..
41【評価】 アメリカの情報機関..
42【祭典】 参加してもフィリピ..
43【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
44【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
45【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
46【時代】 劣悪なジプニーが消..
47【司法】 最高裁 戒厳令延長..
48【市場】 フィリピンの2017年..
49【労働】 企業に都合の良い ..
50【雇用】 日本で働くフィリピ..
51【景気】 前年より減速 2017..
52【管理】 海外で働くフィリピ..
53【避難】 マヨン火山に大噴火..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3517
【避難】 マヨン火山に大..+ 3125
【管理】 海外で働くフィ..+ 2573
【景気】 前年より減速 20..+ 2461
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2331
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2201
【労働】 企業に都合の良..+ 2130
【税金】 マニラ首都圏地..+ 2000
【市場】 フィリピンの2017..+ 1950
【評価】 アメリカの情報..+ 1946
【環境】 ボラカイもマク..+ 1899
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1832
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1806
【最多】 エイズ新規感染..+ 1632
【祭典】 参加してもフィ..+ 1618
セブからプーケットへ+ 1501
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1464
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1399
軍事用飛行場であったマク..+ 1395
【病巣】 フィリピンを食..+ 1389
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1354
22【投資】 都市部を中心に..+ 1343
23【標的】 日系企業に対し..+ 1305
24平成は31年で終わる+ 1163
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1150
26【予測】 インフレ率急上..+ 1119
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1030
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 1001
29バタネス紀行 2017 その-..+ 919
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 918
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 887
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 872
33【便乗】 フィリピン人が..+ 846
34【予定】 マクタン・セブ..+ 842
35プーケットの古本屋+ 723
36セブは晴れ 日本は大雪+ 712
37小さな旅 ボホール島篇 20..+ 711
38バタネス紀行 2017 その-..+ 681
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 652
40フィリピンも参加した平昌..+ 643
41バタネス紀行 2017 その-..+ 612
42バタネス紀行 2017 その-..+ 611
43俳優の死と墓+ 610
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 593
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 586
46バタネス紀行 2017 その-..+ 573
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 562
48【投票】 2016年副大統領選..+ 548
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 348
50【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 238
51【犯罪】 保険金殺人か ..+ 235
52【是正】 配車サービス『..+ 191
53【数字】 2018年度国内総生..+ 87
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,515 今日:47 昨日:166
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.