フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《調査》 ボラカイ島の閉鎖問題 世論は賛成が多数を占める - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《調査》 ボラカイ島の閉鎖問題 世論は賛成が多数を占める

 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末にかけて行われた世論調査で、閉鎖措置に賛成とすると答えた人が64%に上った。



 調査は民間調査会社の『SWS』が全国の成人1200人を対象に行われたが、設問は『1年間の閉鎖』を問う内容にもかかわらず、強く賛成が38%、賛成が26%の計64%が閉鎖措置を容認し、分からないは17%であった。

 これに対して10%が強く反対、同じく10%が反対の計20%となり、ボラカイ島の長期閉鎖は国民の間で支持されていることが明らかになった。

 地域別ではボラカイ島を含み影響を受けるヴィサヤ地方が最も低い支持率となったが、それでも53%の数字となり過半数以上に支持されている。

 地域別で賛成が多かったのは首都圏で69%、次いでミンダナオ島の68%、首都圏以外のルソン地方64%と全国的に閉鎖措置が支持されている。

 また『閉鎖は将来的には良い影響を与えるか』という設問に対しては、肯定する層が多く、高い肯定率を示したのは賛成の多かったマニラ首都圏で、利害が直接関わるヴィサヤ地方でも60%となった。

 学歴別を見ると高学歴ほど閉鎖賛成が多くなり、大学卒が70%、高校卒が69%、小学校卒が57%となった。

 この問題はドゥテルテ大統領が同島を訪れ『ボラカイの海は汚染溜め』と発言したことから始まっていて、抜き差しならぬ環境汚染の実態が次々と暴かれている。

 ボラカイ島は野放図な観光開発が進められ、国内外から年間200万人近くが訪れ、それに連れてゴミ、生活排水の垂れ流しなどの問題が発生し、長い白浜は藻が発生するなど惨憺たる有様になっていた。

 また、観光客を受け入れるために、宿泊施設やレストランなどの違法建築が海岸部を中心に林立し、今回の閉鎖はこれらゴミや生活排水の処理と違法建築の取り壊しなどが行われている。

 このように思い切った措置に出た政府側だが、本当に半年間の閉鎖措置でボラカイ島が甦るか早くも疑問視されている。

 これは長期的、総合的なボラカイ島の再生計画がないままに場当り的な作業が行われているためから来ている。

 また、ボラカイ島の荒廃を招いた州知事以下の行政関係者を入れ替えない限り、再開なっても不法体質は変わらず元の木阿弥になるとの指摘もある。

 ボラカイ島の問題を受けてセブやボホール島、パラワン島などの著名リゾート地の環境破壊が表面に現れているが、行政、業者の『臭い物に蓋』と『見て見ぬ振り』体質は払拭できず、フィリピンは自分の手で自分の首を絞めていると批判されている。


Updated: 2018/07/03 (火) 12:04

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本のODA(政府開発援助)は国益を前面に出さず、日本企業の海外事業に手を貸していると批判されるが、中国と比べて低利、長期返済期間のため『債務の罠』がないと好評で、中国贔..   (2019-03-16)
 政府の経済予測というのは都合の良い統計数字をつまんで過大に発表するのが定石で、日本の安倍政権などその典型的なやり口ながら、嘘八百を重ねてその事実を隠蔽している。 フィ..   (2019-03-05)
 昨年から国内新車販売が不振のフィリピンで、最新の統計となる2019年1月新車販売数が前年同月に比べて15%も落ち込んだことが明らかになった。 総販売台数は2万6888台で、この数字は..   (2019-02-28)
 国際連合食糧農業機関(FAO)によると、国別の一人一日当たりコメ消費量は東南アジア諸国が上位を占め、その中でフィリピンは7位に入っている。 フィリピンは一日325gの消費に対..   (2019-02-19)
 諸物価の値上がりが続くフィリピンは、ペソの対ドルレートの下落もあって国内で販売される新車の価格を上げる可能性が自動車販売会社取り沙汰されている。 そういった中、2018年..   (2019-02-05)
 アジア圏で最初の航空会社、フィリピンのフラッグ・キャリア-としてプライドの高いフィリピン航空(PAL)は過去に労使紛争から来る『倒産』騒ぎを起こしているが、政商と呼ばれる..   (2019-01-30)
 元アメリカ海軍基地跡に生まれた『スービック湾経済特区』に2006年に進出し、操業していた韓国の『韓進重工業フィリピンズ=HHIC』が、1月8日地元オロンガポ地裁に会社更生法を申請..   (2019-01-18)
 世界銀行がフィリピンの2019年GDP(国内総生産)成長率予測を12月に発表したが、これによると従来の予測6.7%から6.5%に下方修正した。 一方、世界有数の格付け会社『フィッチ・レー..   (2019-01-09)
高い経済成長率に伴って右肩上がりに売れ行きを伸ばしていたフィリピンの自動車業界だが、今年に入って急激に販売不振が続いている。 業界団体の『Chamber of Automotive Manufacturers of the Ph..   (2018-12-17)
 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真..   (2018-12-07)
 フィリピンは昼間からブラブラしている人の姿が昔から目立つ国だが、民間調査機関のSWSが9月15日から23日にかけ、18歳以上の成人1500人を対象に『失業』について調査をしたところ、現..   (2018-11-20)
 労働雇用省は10月5日、首都圏マニラ地域などの1日の最低賃金を25ペソ引き上げると発表した。 従来の最低賃金は分野ごとと雇用者数で定められ、小売業とサービース業などは雇用者数..   (2018-11-06)
 日本のバナナは95%以上がフィリピン産だが、それを扱うのが大手商社で住友商事、伊藤忠などが知られる。  これら商社は現地に広大なバナナ農園を所有、あるいは契約農家にバナ..   (2018-10-22)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
12345678910,,,22
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
21《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
22フィリピンの喫煙と禁煙
23《強行》 農民切り捨てにつな..
24セブでヴァレンタイン
25【解禁】 資金力と知名度で決..
26フィリピンの今年は選挙年
27【麻疹】 はしか大流行 40日..
28セブで過ごす 『春節』
29【環境】 マニラ湾の汚染対策..
30【選挙】 上院候補者支持率で..
31バタネス紀行 2017 その-(66..
32【苦境】 2018年新車販売台数..
33バタネス紀行 2017 その-(65..
34【調査】 世界最長 フィリピ..
35【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
36セブで打つテニスと大坂なおみ..
37【資本】 全日空がフィリピン..
38セブのシヌログとアメリカ大統..
39【選択】 ミンダナオ島の自治..
40バタネス紀行 2017 その-(64..
41【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
42セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
43【影響】 韓国造船大手のフィ..
44【掃除】 セブ島北端にある町..
45《警戒》 選挙に備えて 銃器..
46【減退】 2019年のフィリピン..
47《密輸》 セブ港で摘発 日本..
48《人口》 婚外子が半数以上 ..
49《御用》 フィリピンに逃亡の..
50《人権》 日本のバナナ会社『..
51《栄冠》 手放しでは喜べない..
52【不振】 新車の売れ行き 前..
53《麻痺》 理由は何とでもつけ..
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4851
《麻痺》 理由は何とでも..+ 4595
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 3992
《人口》 婚外子が半数以..+ 3947
《御用》 フィリピンに逃..+ 3351
【不振】 新車の売れ行き..+ 3323
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 2996
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2847
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2356
【影響】 韓国造船大手の..+ 2093
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2072
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2041
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2000
セブでパスポートを更新す..+ 1976
バタネス紀行 2017 その-..+ 1953
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1904
バタネス紀行 2017 その-..+ 1875
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1671
【資本】 全日空がフィリ..+ 1630
【選挙】 上院候補者支持..+ 1472
21【調査】 世界最長 フィ..+ 1451
22バタネス紀行 2017 その-..+ 1451
23【解禁】 資金力と知名度..+ 1421
24【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1412
25バタネス紀行 2017 その-..+ 1309
26【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1253
27【苦境】 2018年新車販売台..+ 1216
28パラワンからセブに帰る飛..+ 1202
29バタネス紀行 2017 その-..+ 1069
30バタネス紀行 2017 その-..+ 1047
31セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1018
32《強行》 農民切り捨てに..+ 965
33バタネス紀行 2017 その-..+ 888
34セブのシヌログとアメリカ..+ 832
35《起工》 フィリピン最初..+ 797
36【前進】 イスラム自治政..+ 763
37《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 747
38セブで打つテニスと大坂な..+ 697
39《頭打》 売れ行き不振続..+ 692
40バタネス紀行 2017 その-..+ 682
41《責任》 ワクチン接種を..+ 670
42バタネス紀行 2017 その-..+ 647
43《予測》 2019年経済成長率..+ 571
44セブで過ごす 『春節』+ 568
45フィリピンの今年は選挙年+ 476
46《富豪》 フィリピンから17..+ 405
47フィリピンの喫煙と禁煙+ 405
48セブでヴァレンタイン+ 374
49《統計》 人口爆発止まら..+ 327
50セブから直行便で行く台湾+ 275
51《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 183
52《断水》 マニラ首都圏の..+ 147
53《発車》 泥縄の日本への..+ 64
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,380 今日:33 昨日:175
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.