フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《過密》 セブの『ジンベイザメ』観光 訪問者制限へ - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《過密》 セブの『ジンベイザメ』観光 訪問者制限へ

 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こされていて問題になっていた。




 このため、ボラカイ島と同様に閉鎖されるのではとの噂が流れていて、そのため地元関係者や州の観光行政責任者との間に話し合いが持たれていた。

 ジンベイザメ(現地名ブタンデン)はオスロブ町タナワンの沖合100m圏内に回遊し、それを観光客は小さな舟に乗って船上から眺めたり、シュノーケルやダイヴィングで一緒に泳いだりしている。

 この業務は地元が管理し、見物方法によって料金が違い、またフィリピン人と外国人などの区別がされ、30分程度の見学に比べて何れも高い料金と不評をかっていた。

 しかし、セブ・マクタン島で過ごす観光客には人気のツアーで、片道陸路で3時間近くかかる遠方と、高いツアー料金にも関わらず日帰りで向かう観光客は多い。

 このため、殺到する観光客のマナーの悪さも指摘され、持続的な観光を維持するためには観光客の受け入れ制限の必要性が指摘されていた。

 これに対してジンベイザメ見物の舟を漕ぐ元漁師達からは人数制限の反対は多く、話し合いが持たれ、このほど1日当たり800人から1000人を受け入れることで合意した。

 ただし、合意に当って現在の徴収料金の値上げを要求していて、この点は現地受け入れ環境の向上を条件にして当局側も了解し、観光客無視の値上げが行われる模様。

 1
日当たり800人にした場合の受け入れ方法は、600人をセブ・マクタン島などからの団体ツアー客用とし、残る200人の枠は地元用にするとしているが、これではマクタン島で営業する旅行会社の利権化を推進しているとの批判もある。

 また、1日の訪問客の人数制限を履行した場合、あらかじめ予約制で累積するのか、現地でカウント累積するのか詳細は分かっていなくて問題はまだ残る。

 こういった動きに関して海洋環境専門家からは、オスロブのジンベイザメは人間による過度な餌付けによって自然適応力を失っている恐れがあると指摘され、人間の都合で振り回されていると批判。

 また世界的な海洋の変化が顕著な状態の中、ジンベイザメがオスロブ海域の回遊から去っていく可能性もあるとし、ジンベイザメ観光一本に依存している地元経済の危険性も同様に指摘されている。

 【写真はオスロブのジンベイザメの様子】


Updated: 2018/10/10 (水) 12:42

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 歴代総裁は日本の指定席で、マニラ首都圏に本部のあるADB(アジア開発銀行)が、総延長163キロに及ぶ『南北通勤鉄道』【図】に43億ドル(現在相場で約5800億円)の融資契約をフィリピ..   (2022-06-22)
 ドゥテルテ政権下で推し進めた鉄道、道路、橋梁などの巨大建設プロジェクトの一つ『セブ-マクタン第3橋』が、4月27日ドゥテルテ大統領を迎えて開通式を行い、4月30日から一般に開..   (2022-06-09)
 国際的な平和事業に協力する組織として存在するJICA(国際協力機構)が、軍事部門に踏み込んだと批判されたフィリピン沿岸警備隊向けの巡視船2隻目が5月27日建造地の山口県下関市を..   (2022-05-28)
 昨年9月に巨額の負債を抱えてニューヨーク破産裁判所に破産申請をし認められたPAL(フィリピン航空)の2021年決算が発表され、前年の損失730億ペソ(約1500億円)から565億ペソ(約1200..   (2022-04-25)
 静岡市に本社を置くプラスティック模型や関連資材を製造、販売【写真】する大手タミヤ(資本金5000万円)が、セブに持つ製造子会社『Tamiya Philippines, Inc.』の工場を15億ペソ(約33億円..   (2022-03-30)
 2021年連結売上で6318億円を記録し、内海外事業分が4分の3を占める日本のブラザー工業が、マニラ首都圏の南方バタンガス州で新たな工場を増設することを発表した。 現在、同地区で..   (2022-03-07)
 日本の小売り大手イオン傘下でコンビニエンス事業を展開するミニストップ(株)がフィリピンで展開するミニストップ・フィリピンの全株式を合弁相手に売却し、フィリピンから撤退..   (2022-02-25)
 フィリピンで最大のファーストフード・チェーン会社で世界的企業のマクドナルドが後塵を拝するジョリビー・フーズの2021年度決算が発表された。 これによると前年の2020年度の損失1..   (2022-02-14)
 フィリピン証券取引所(PSE)は総合株式指数を構成する30銘柄の内、2社を入れ替え2月14日から実施すると発表した。 同銘柄から除外されるのはセブパシフィック航空などを傘下にする..   (2022-02-07)
 フィリピン統計庁は2021年の通年GDP(国内総生産)は5.6%と公表した。 この数字は世界銀行の4.3%、IMF(国際通貨基金)の3.2%、ADB(アジア開発銀行)の5.1%の予測値を何れも上回る..   (2022-01-31)
 フィリピンで自動車を製造・販売する業界団体の全国自動車工業会(Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines Inc.=CAMPI)が2021年度の加盟各社の新車販売状況を発表したが、その年間販売..   (2022-01-14)
 フィリピンの外食産業最大手のジョリビー・フーズ(JFC)が、牛丼で知られる吉野家インターナショナル・フィリピン(YIPI)と合弁して設立した吉野家ジョリビー・フーズ(YJFI)を傘..   (2021-11-03)
 物流世界大手のFedExが2009年に旧アメリカ海軍基地跡のスービック特別経済区から拠点を中国・広州に移してから、12年ぶりにフィリピンに戻って来ることになった。 フィリピンの新し..   (2021-10-22)
 世界中の航空会社が新型コロナの影響を受けて苦戦する中、フィリピン航空(PAL)が9月3日(フィリピン時間4日)にニューヨークの連邦破産裁判所に、日本の民事再生法に当たる連邦破..   (2021-09-05)
 GDP(国内総生産)はフィリピン統計庁(PSA)が四半期ごとに発表しているが、今年度の第2四半期(4月~6月)の速報値によると、前年同期比11.8%の増加となった。 この数値はアキノ..   (2021-08-12)
 コロナ禍で観光業は青息吐息のセブだが、ピンチはチャンスとホテル業に進出する企業もある。 この企業はセブを拠点とする不動産開発大手のセブ・ランドマスター社(CLI)で、リゾ..   (2021-08-01)
12345678910,,,26
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:930,814 今日:70 昨日:85
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.