フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【動向】 アジアの不動産投資調査 フィリピンは高評価 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【動向】 アジアの不動産投資調査 フィリピンは高評価

 国際的な研究機関と大手コンサルティング会社が共同で調査、実施している『不動産の新しい動向、アジア太平洋』の2014年度版で、フィリピンは調査対象となった23都市中、投資見通し総合順位では前年の12位から躍進して4位となった。

 これに対してフィリピン中央銀行やアジア開発銀行(ADB)などの『不動産バブルの予兆』という指摘が裏付けられていると分析する専門家もいる。

 この調査の総合順位1位は東京、2位上海、3位ジャカルタとなっていて、以下10位までマニラ、シドニー、広州、シンガポール、北京、大阪、深圳と続き、中国の不動産市場のバブル状況が反映された結果ともなっている。

 見通しの個別では、マニラは居住物件と商用用施設は1位、オフィス物件でも2位に入った。

 この高順位について報告書は①事務・管理事業(BPO=コールセンターなど)の人気。

 ②政府の汚職撲滅対策の効果と改善。

 ③人口構成が若いことと過剰な人口。

 ④海外からのコンスタントな巨額な送金とその伸び。

 ⑤オフィス物件の安定した賃貸料などが順位を押し上げたと分析している。

 この調査が始まったのはアロヨ政権下の2007年で、その年の総合順位は18位だった。

 以降20位までの間に低迷していたが、アキノ政権になって2013年に中位の12位になり、今年度版で躍進した。

 この調査の中で、地域的な指摘では従来の経済中心地マカティ市から新興開発地のタギッグ市にシフトする流れが顕著で、その流れは変わらないと見ている。

 フィリピン全般に対しては『経済活動全体の器が小さいために、機関投資家の投資対象に成り難いため、その隙間を投資する人に向いている』とし、『現在のマニラはインドが10年前に経験したことと似ていて、これから数年以内に多国籍企業が進出、積年の雇用問題も前進する』と見ている。

 しかしながら『マクロ経済は良好でも、富の寡占化が進み爆発する人口問題に対処できない政府の無能さ、相変わらず蔓延る汚職問題など、ひとたび海外で経済危機が起きるとそれに抗せない脆弱な経済基盤』と、好結果に対してその裏に潜むリスクの指摘もなされている。

 不動産では好調さを述べられながら、株価は年明けから低迷状態で、110日現在の終値は前日より94.63ポイント下げの5842.88となり6000ポイントを割り込む状態が続いている。


Updated: 2014/01/12 (日) 11:06

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 日本の外務省が2014年10月1日現在付けで発表した『海外在留邦人数調査統計』によると、海外に進出している日系企業は6万8573社あり、その内フィリピンには1521社が進出していて、2013年..   (2015-10-08)
 運輸通信省高官は2016年の予算で、299億ペソをインフラ整備費として計上していることを明らかにし、特に航空、空港整備関係に重点を置いているとその内訳を次のように説明を行った..   (2015-09-25)
 マクタン・セブ国際空港の新ターミナルビルの建設が始まっているが、増え続ける航空利用客に対して当局側の航空設備、運営の改善は順当とはいえず、将来に対して不安を残している..   (2015-08-24)
 マレイシア・クアラルンプールで8月5日に行われた日本政府高官とフィリピン政府高官の会談で、日本政府は首都圏マニラ市トゥトゥバンとブラカン州マロロス市を結ぶ、高架式鉄道を..   (2015-08-11)
 金になれば何でも行う、違法か、あるいはスレスレのビジネス、それに関わる輩は古今東西、浜の真砂の如くあるが、カナダ・バンクーバーからコンテナ103基に廃棄物(ゴミ)を積み込..   (2015-07-31)
 マニラ首都圏マンダル―ヨン市にあるアジア開発銀行(ADB)【写真】が、フィリピンの2015年と2016年のGDP(国内総生産)を、今年3月期に予測した値をそれぞれ据え置いたことを..   (2015-07-20)
 アメリカ・ワシントンに本部があるIMF(国際通貨基金)【写真】が6月末に、フィリピンの財務状況についての評価報告書を公表した。 これによると、ここ数年に渡って改善は..   (2015-07-06)
 5月下旬に発表されたフィリピン政府統計によると、2015年度第1四半期(1月~3月)のGDP(国内総生産)の成長率は5.2%となった。 これは前年同期比で0.5%減となり、政府が掲げている..   (2015-06-01)
 世界141ヶ国と地域を対象に世界経済フォーラムが調査した『旅行・観光競争力ランキング』2015年版によると、フィリピンは前回2013年の82位から74位へと順位が上がった。 しかしながら..   (2015-05-09)
 フィリピンの人口の1%程度が中国系といわれ、数にして約100万人になる。 中国系も国籍を取った『華人』と永住権を持つ『華僑』とに分けられるが、この中国系の経済活動力はフィ..   (2015-03-28)
 フィリピン統計局の最新の発表によると、2014年上半期は貧困ライン以下の生活をしているフィリピン国民は25.8%に上がった。 前年同期の貧困ラインは24.6%であり、やや悪化している..   (2015-03-10)
 戦前のセブ島には鉄道が、東海岸のダナオからセブ市を通ってアルガオまで敷かれていたように、フィリピンは鉄道網の発達した国の一つであった。 しかし、戦後、自動車に押されて..   (2015-02-19)
 アセアン域内では経済成長率の高いフィリピンだが、2014年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は5.3%と発表された。 この結果、第1四半期から第3四半期までのGDP成長率は5.8%となり..   (2014-12-16)
 フィリピンでは労働省の『賃金生産性委員会(RTWPB)』が国内の地域別に最低賃金を定めているが、労働省は17日、首都圏を含む6地域の最低賃金引き上げを検討中と発表した。 最低賃..   (2014-11-22)
 フィリピンを舞台に経済活動をする外資企業の多くは、横のつながりを求めてその出身国を母体とする経済団体に加入している例が多い。 特に商工会議所系の活動は盛んで、フィリピ..   (2014-10-16)
 元大統領からマニラ市長に居直ったエストラダが思いつきでぶち上げ、2月から実施されていた『大型トラックのマニラ市内日中走行規制』が、9月13日より解除された。 この規制は、..   (2014-09-15)
1,,,11121314151617181920,,,26
ニュース コラム ライフ
【露骨】 選挙の論功行賞..+ 3126
【結果】 マルコス-ドゥ..+ 2878
フィリピンの選挙ポスター..+ 2796
セブから見た4630万円ネコバ..+ 2766
【出生】 夫婦の持つ子ど..+ 2443
日本とフィリピンの図書館+ 2290
【迷惑】 マスク着用義務..+ 1868
【借款】 JICA案件の新型巡..+ 1863
【減少】 新型コロナの回..+ 1676
フィリピン2022年司法試験の..+ 1667
【有料】 セブ-マクタン..+ 1578
【借金】 ADB 『南北通勤..+ 1027
セブ総領事館で投票をする+ 901
【凶弾】 名門大学卒業式..+ 896
【太鼓】 マルコスを『ヨ..+ 856
マクタン-セブに開通した..+ 679
【災害】 ルソン島山岳部..+ 651
【賭場】 セブに出来る ..+ 632
セブから見える元首相の殺..+ 574
セブで見る カラバオ(水..+ 543
21セブで考える2022参議院選挙..+ 530
22【問題】 貧困層への現金..+ 497
23【歴史】 ラモス元大統領..+ 485
24【暴利】 金利が高額な中..+ 412
25セブで考える元大統領ラモ..+ 217
26【間近】 マリオットが ..+ 110
27【摘発】 セブ市で韓国人..+ 92
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:934,222 今日:14 昨日:80
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.