フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【経営】 セブの旧マリオット・ホテル アヤラ傘下ホテルに - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【経営】 セブの旧マリオット・ホテル アヤラ傘下ホテルに

 201712月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・グループは現在、マクタン島の海岸部にグループ傘下のシェラトン・ホテルを建設中。



 建物を引き継いだアヤラは、傘下の不動産会社『アヤラ・ランド』社が展開するホテル事業部門『SEDA』が運営することになり、マリオット閉鎖後に全面改装を行っていた。

 8
19日、旧マリオット・ホテルは『セダ・アヤラ・センター・セブ』と名称を変え、開業の運びとなった。

 ただし、全301室ある中で100室のみのソフト・オープンで、多目的ホールやプールなどの付帯設備は91日開始を目標にしていて、残る部屋を含めて全面開業には至らず遅れが指摘されている。

 セダ・グループは2012年発足で、業界の新参者であるが、国内有数の財閥になるアヤラのブランド力を生かして、国内各地7ヶ所に次々とホテルを展開。

 現在、マニラ首都圏タギグ市とケソン市、ルソン島ラグナ、ミンダナオ島カガヤン・デ・オロ市、ダヴァオ市、パナイ島イロイロ市、最近でもネグロス島バコロド市に開業していて、その総部屋数は1409室に上っている。

 同グループは2019年までに3500室に拡大する予定で、セブには今回の改装ホテルと、同ホテルに近いアヤラが再開発している飛行場跡のITパーク内にホテルを建設中。

 今回、再改装開業となった『セダ・アヤラ・センター・セブ』はセブで有数のショッピング・モールである『アヤラ・センター・セブ』の敷地に隣接していて、その立地、動線の良さから旧マリオット時代には内外の観光、ビジネス客を集めていて、同ホテルもそれを踏襲すると見られている。

 しかし、セブは次々とホテルが造られ、最近でもタイ系のデシュタニ・グループやアメリカ系のラディソンが別ブランドでの参入が決まっていて、これら大手とホテル業には不慣れなアヤラがどこまで業績を伸ばせるか注目が集まっている。

 【写真はアヤラ・センター・セブから見た旧マリオット・ホテル】


Updated: 2018/08/22 (水) 10:52

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 アジア圏で最初の航空会社、フィリピンのフラッグ・キャリア-としてプライドの高いフィリピン航空(PAL)は過去に労使紛争から来る『倒産』騒ぎを起こしているが、政商と呼ばれる..   (2019-01-30)
 元アメリカ海軍基地跡に生まれた『スービック湾経済特区』に2006年に進出し、操業していた韓国の『韓進重工業フィリピンズ=HHIC』が、1月8日地元オロンガポ地裁に会社更生法を申請..   (2019-01-18)
 世界銀行がフィリピンの2019年GDP(国内総生産)成長率予測を12月に発表したが、これによると従来の予測6.7%から6.5%に下方修正した。 一方、世界有数の格付け会社『フィッチ・レー..   (2019-01-09)
高い経済成長率に伴って右肩上がりに売れ行きを伸ばしていたフィリピンの自動車業界だが、今年に入って急激に販売不振が続いている。 業界団体の『Chamber of Automotive Manufacturers of the Ph..   (2018-12-17)
 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真..   (2018-12-07)
 フィリピンは昼間からブラブラしている人の姿が昔から目立つ国だが、民間調査機関のSWSが9月15日から23日にかけ、18歳以上の成人1500人を対象に『失業』について調査をしたところ、現..   (2018-11-20)
 労働雇用省は10月5日、首都圏マニラ地域などの1日の最低賃金を25ペソ引き上げると発表した。 従来の最低賃金は分野ごとと雇用者数で定められ、小売業とサービース業などは雇用者数..   (2018-11-06)
 日本のバナナは95%以上がフィリピン産だが、それを扱うのが大手商社で住友商事、伊藤忠などが知られる。  これら商社は現地に広大なバナナ農園を所有、あるいは契約農家にバナ..   (2018-10-22)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2849
《患者》 デング熱大流行..+ 2493
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2375
《平均》 セブのホテル稼..+ 1998
【強盗】 東横インのある..+ 1317
《観光》 セブ市に大規模..+ 1099
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 1062
【摘発】 コールセンター..+ 1041
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 865
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 817
《採決》 国連の人権理事..+ 758
《計画》 セブの経済特区..+ 753
セブで食べる 『おにぎり..+ 738
《疾患》 重症筋無力症を..+ 730
セブで食べる寿司の味+ 702
《拡大》 マリオットが ..+ 679
セブの街中で実るコーヒー+ 617
《選挙》 副大統領選の開..+ 527
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 501
フィリピンで流行る3輪自動..+ 475
21セブのホームセンター+ 413
22《調査》 ビジネス環境躍..+ 409
23パラワン島紀行 2018年 そ..+ 390
24セブで見つけた旧い車+ 339
25セブの巨大青物市場 カル..+ 315
26セブに送られた詐欺メール..+ 313
27パラワン島紀行 2018年 そ..+ 295
28パラワン島紀行 2018年 そ..+ 287
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 253
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:804,696 今日:131 昨日:138
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.