フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《減速》 続く物価上昇 11月の調査で今年初めて下落 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  《減速》 続く物価上昇 11月の調査で今年初めて下落

 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真はPSAシール】

 CPIが前月比で下落するのは昨年12月以来でほぼ1年ぶりで、インフレに歯止めがかかっているとフィリピン中央銀行は歓迎しているが、実生活では物価の上昇が止まらず、経済官庁は数字を弄んでいるだけと手厳しい指摘がある。

 PSA
発表で目立った品目は食品、飲料の上昇率8%で、相変わらず生活に直結する部門の物価上昇は変わらないが、それでも前月比1.4ポイント低かった。

 この若干の下落は、ドゥテルテ政権が外国産農産物の量的制限など制限を撤廃して輸入を自由化したためと分析されているが、主食である米の上昇率は同2.6ポイント減の8.1%に留まり、効果はまだ物価全体に影響を与えていない。

 一方、高騰を続けていた石油価格の国際的な下落のために、水道光熱、燃料費、住宅価格が前月比0.6ポイント低い4.2%となり、この部門でのインフレ傾向が収まりつつある。

 特に生活に直結するガソリンなどの燃料費が前月比30.3%から19.8%と急激に下落し、ジプニー、トライシクルなどの運賃が値下がりするなど庶民には嬉しいが、国際価格頼みの現状では束の間の値下がりと見られている。

 地域別で全国で最も物価上昇率が高かったのは前月と変わらずルソン島南部地方のビコール地域であったが、前月比1ポイント減の8.9%とやや改善された。

 マニラ首都圏の上昇率も下落傾向を見せ、前月比0.5ポイント減の5.6%となった。

 この他、ルソン島北部カガヤンバレー地域は7%(同1ポイント減)、ミンドロ島、パラワン島などミマロパ地域地方では7.7%(1.3ポイント減)など、ほとんどの地域で改善がみられたが、政府の目標とした物価上昇率4%以内に収まった地域はゼロであり、全国的に物価上昇が止まっていないのが明らかになった。

 こういった高物価の続く状態の中、ドゥテルテ政権は効果的な政策を打ち出させず、国内では不満が高まっている。


Updated: 2018/12/07 (金) 19:39

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 アジア圏で最初の航空会社、フィリピンのフラッグ・キャリア-としてプライドの高いフィリピン航空(PAL)は過去に労使紛争から来る『倒産』騒ぎを起こしているが、政商と呼ばれる..   (2019-01-30)
 元アメリカ海軍基地跡に生まれた『スービック湾経済特区』に2006年に進出し、操業していた韓国の『韓進重工業フィリピンズ=HHIC』が、1月8日地元オロンガポ地裁に会社更生法を申請..   (2019-01-18)
 世界銀行がフィリピンの2019年GDP(国内総生産)成長率予測を12月に発表したが、これによると従来の予測6.7%から6.5%に下方修正した。 一方、世界有数の格付け会社『フィッチ・レー..   (2019-01-09)
高い経済成長率に伴って右肩上がりに売れ行きを伸ばしていたフィリピンの自動車業界だが、今年に入って急激に販売不振が続いている。 業界団体の『Chamber of Automotive Manufacturers of the Ph..   (2018-12-17)
 フィリピン統計局(PSA)が12月5日に発表した、11月の消費者物価指数(CPI)によると前年同月比6.0%上昇となり、相変わらず物価上昇は高率ながら前月の同6.7%から減速した。【写真..   (2018-12-07)
 フィリピンは昼間からブラブラしている人の姿が昔から目立つ国だが、民間調査機関のSWSが9月15日から23日にかけ、18歳以上の成人1500人を対象に『失業』について調査をしたところ、現..   (2018-11-20)
 労働雇用省は10月5日、首都圏マニラ地域などの1日の最低賃金を25ペソ引き上げると発表した。 従来の最低賃金は分野ごとと雇用者数で定められ、小売業とサービース業などは雇用者数..   (2018-11-06)
 日本のバナナは95%以上がフィリピン産だが、それを扱うのが大手商社で住友商事、伊藤忠などが知られる。  これら商社は現地に広大なバナナ農園を所有、あるいは契約農家にバナ..   (2018-10-22)
 セブ島南部西海岸にあるオスロブ町は魚類では最大の『ジンベイザメ』が、自然の海で観られると、近年爆発的な観光地になっているが、殺到する観光客によって観光公害が引き起こさ..   (2018-10-10)
 日本の三大海運会社の一角を担う『商船三井(MOL)』が、日本人の船員希望者が減る中、ルソン島カヴィテ州ダスマリニャス市に、9月12日4年制の船員養成大学『MOL Magsaysay Maritime Academy I..   (2018-09-13)
 2017年12月末を持ってセブ市にあるマリオット・ホテルは撤退をしたが、これは同ホテルの建つセブ・ビジネス・パークを運営するアヤラとの20年間の契約が切れたためで、マリオット・..   (2018-08-22)
 靴の小売業から始まったフィリピン最大の商業グループや商業銀行、不動産、建設業などを傘下にする持ち株会社『SMインヴェストメント=SMIC』が2018年度上半期(1月~6月)の連結決算..   (2018-08-14)
 高い経済成長率を誇示しているフィリピンは、ドゥテルテ大統領の違法薬物容疑者抹殺政策が国際的な批判を浴びているが、そういった『邪魔者は消せ』思想は国内の多くのレベルに蔓..   (2018-08-07)
 ASEAN域内で自動車を生産しているのは生産の多い順にタイ、インドネシア、マレイシア、ヴェトナム、フィリピン、ミャンマーの6ヶ国になり、これらの国の2018年1月~3月の第1四半期の..   (2018-07-21)
 フィリピンで一、二を争う著名なリゾート地『ボラカイ島』は、4月から6ヶ月間の予定で観光客の立ち入り禁止、閉鎖中で経済損失と雇用の大きな問題を生じているが、閉鎖直前の3月末..   (2018-07-03)
 在任中の実績を誇示したいドゥテルテ大統領は、大型プロジェクトを中国や日本の資金で進めているが、そういった巨額投資は財閥企業に恩恵を与えるだけで、フィリピンの多数派であ..   (2018-05-31)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,957 今日:12 昨日:193
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.