フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
関税庁、全国の港湾に収入評価システム施行計画 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  関税庁、全国の港湾に収入評価システム施行計画

関税庁(Bureau of Customs;BOC)は、2月末までにフィリピンの主要港湾で輸入評価システム(Import Assessment System;IAS)を施行する予定である。それから、アロヨ大統領の任期が終わる6月30日前には、すべての港湾に拡大施行することを望んでいる。

アレクサンダー・アレバロ(Alexander Arevalo)税関庁副庁長 は、スービック湾(Subic Bay)とクラーク港(Clark Field ports)に輸入評価システムを取り入れた2月16日以降、ニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)、アパリ(Aparri)、サン・フェルナンド(San Fernando) などにもこのシステムを施行すると伝えた。つづいて、「我々は、現政権が終わる前に電子ーモバイル(e2m;electronic-to-mobile)プロジェクトをすべての港湾で行えることを願う」と述べた。

しかし、このシステムをスービックとクラークに適用する際、新しい輸入評価システム(IAS)と既存の自動化税関運営システム(Automated Customs Operating System;Acos)が一緒に使われると予想される。
税関庁(BOC)から認証された、付加価置供給業者に伝えられたガイドラインによれば、消費用と倉庫保管用の輸入物の場合、顧客プロフィール登録システム(client profile registration system; CPRS)、税関顧客番号(customs client number)、銀行参照番号(bank reference number) などが必要である。

「非正常輸入は依然として自動化税関運営システム(Acos)によって処理される」と、税関庁にサービスを供給している Intercommerce Network Servicesが伝えた。このシステムを通じて、待機時間・費用を25%以上減らすことができると期待されている。
アレバロ副庁長は、6月末のアロヨ大統領の任期満了前に、国立単一窓口(National Single Window;NSW) プロジェクトを通じて、全機関を連結することを目標としていると付け加えた。
現在、40ある政府機関の中、9ヶ所が国立単一窓口(NSW)を通じてつながっている。該当機関としては、投資庁(Board of Investments)、畜産庁(Bureau of Animal Industry)、食品医薬品安全庁(Bureau of Food and Drugs)、施設産業庁(Bureau of Plant Industry)、製品品質庁(Bureau of Product Standards)、国立食料品庁(National Food Authority)、砂糖規制部(Sugar Regulatory Administration)、税関庁(BOC)があるという。

去年中旬、税関庁がマニラ地域の港湾に輸入評価システム(IAS)を初めて導入した際、港湾利用者及びその他の利害関係者らは、収入評価システム(IAS)を受け入れる準備が整っていないとして反対した。反対に対し、税関庁は、2009年初めにすでにこの計画を発表しており、技術、組職、政策、規制などの側面から、輸入評価システム(IAS)導入を引き延ばす理由はないと言及した。
輸入評価システム(IAS)は、顧客プロフィール登録システム(CPRS)、電子目録システム(eManifest System)、正式収入システム(Formal Entry System)、倉庫出入りシステム(Warehouse Entry System)、安全決済システムバージョン5.0(Payment Abstract Secure System version 5.0)、その他の精算方式、オンライン貨物送信などから構成されている。

一方、このようなフィリピン政府の動きは、アセアン会員国家間の地域貿易ブロック化計画の一環として、アセアン各国のNSWが運営・統合されるアセアン単一窓口(Asean Single Window)創設のためでもある。
[資料提供: フィリピン韓人商工会議所]

Updated: 2010/03/06 (土) 19:02

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン・ビジネス共同体は、5月11日にフィリピンで初めて実施された電子投票システムが非常に信頼できる結果で、新政府の発足によってより多くの海外投資者を誘致できるだろう..   (2010-05-14)
ベラ・ゲレロ(Bella Guerrero)氏は食品カート・ビジネス(小型トラックを利用した飲食業)を開業し、このビジネスに大きな期待を寄せていた。 彼女は2009年2月 Fran.Co Franchise Marketing and Consultanc..   (2010-05-14)
   フィリピン国家建設工事(Philippine National Construction Corp., PNCC)が管理して来た南部ルゾン高速道路(South Luzon Expressway,SLEX)の運営権がマレーシア系企業のSouth Luzon Tollways Corp.(SLTC)に引..   (2010-05-13)
Mindoro、Marinduque、Romblon、Palawan (Mimaropa)の労動組合が基本生活必需品の物価が去年より8%上昇した事に伴い65ペソの全般的な賃金引き上げを要求している。このような賃金引き上げ要求は、..   (2010-05-12)
フィリピン旅行社協会(Philippine Travel Agencies Association; PTAA)は、ヨーロッパ地域への旅行が禁止され観光客たちにフィリピン国内旅行サービスを提供する現地旅行代理店の輸入が10% 減少した..   (2010-05-07)
 世界的な信用評価機関Moody’s Investors Serviceはフィリピン・バンキングシステムを去る1月、「否定的(negative)」であると評価したが、世界経済及びフィリピン経済が回復傾向を見せるに..   (2010-04-09)
周囲の非難にもかかわらず、2010年 5月、パンパンガで下院議員に出馬予定であるアロヨ大統領が、自分の地域区であるパンパンガに、4億5千9百万規模のプロジェクトを推進していることが..   (2010-04-05)
 ロビンソンデパートとショッピングモールを運営する、ゴコンウェイグループ自主会社の子会社、ロビンソン不動産開発社は、今年中にケソン市マグノリア住宅団地内のショッピング..   (2010-03-27)
3月8日発表された調査結果によると、アジア太平洋地域の主要投資有望16ヶ国の中、フィリピンは腐敗指数が4番目に高いという。  腐敗指数が一番低い国家としては、シンガポールが1..   (2010-03-17)
旅行機関連合は、ミンダナオで相次ぐ紛争と、5月の大統領選挙のため起こりかねない武力衝突によって、フィリピン旅行産業が打撃を受けるものと予想している。   フィリピ..   (2010-03-10)
  陸上交通部とタクシーフランチャイズ統制局はタクシー基本料金を 4月から 10ペソ引き上げることに暫定的に合議したと明らかにした。しかしフランチャイズ統制局は基本料金を引..   (2010-03-08)
関税庁(Bureau of Customs;BOC)は、2月末までにフィリピンの主要港湾で輸入評価システム(Import Assessment System;IAS)を施行する予定である。それから、アロヨ大統領の任期が終わる6月30日前には..   (2010-03-06)
旅行機関連合は、ミンダナオで相次ぐ紛争と、5月の大統領選挙のため起こりかねない武力衝突によって、フィリピン旅行産業が打撃を受けるものと予想している。 フィリピン観光機関連..   (2010-03-04)
 月22日(月)、フィリピン Shell、Petron、Flying V、Easternなどのオイル業界は、ディーゼルと燈油の価格を1リットル当り1ペソずつ減らし、ガソリン価格は50セント下げた。 Shellは、国際石油..   (2010-03-02)
フィリピン中央銀行副総裁、「インフレー憂慮され」フィリピン中央銀行関係者は、最近の日照りの影響で、食糧価格急騰による物価変化が憂慮されるとし、近日中に金利を引上げる可能..   (2010-02-25)
 グロリア・アロヨ現大統領の在任期間中、フィリピンが外国人投資地としての魅力を失ったという問題が提起された。17日のAFP通信によれば、外国人投資専門コンサルティング社のAYC..   (2010-02-23)
1,,,212223
ニュース コラム ライフ
【緊急】 セブ州の新型コロナ..
【緊急】 セブ州その他の地方..
【緊急】 フィリピンの新型コ..
【緊急】 セブ州の追加措置及..
【緊急】 フィリピン・ルソン..
【緊急】 フィリピンの新型コ..
パラワン島紀行 2018年 その..
【整理】 ホンダ フィリピン..
セブで開催するマラソン大会
【幼稚】 アメリカに意趣返し..
パラワン島紀行 2018年 その..
【避難】 新型肺炎で船内隔離..
セブの100円ショップは高い
【不足】 中味はさておいて ..
パラワン島紀行 2018年 その..
【無知】 台湾と中国の区別付..
セブで免許証のカードを得るに..
【圧力】 政権に批判的な大手..
パラワン島紀行 2018年 その..
21【上昇】 2020年1月消費者物価..
22『ルソン島 敗残実記』を読む..
23【驚愕】 フィリピンの学力程..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25【流行】 中国発の新型肺炎 ..
26飽き飽きするセブの『シヌログ..
27【結果】 2019年の経済成長率..
28パラワン島紀行 2018年 その..
29【噴火】 タアル火山が活発化..
30台湾の選挙中の台湾旅行
31《実現》 ようやく2021年に ..
32パラワン島紀行 2018年 その..
33【泥鰌】 セブのコールセンタ..
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《実現》 ようやく2021年に..+ 2317
【噴火】 タアル火山が活..+ 1732
【流行】 中国発の新型肺..+ 1663
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 1605
【結果】 2019年の経済成長..+ 1507
【圧力】 政権に批判的な..+ 1417
【驚愕】 フィリピンの学..+ 1052
【無知】 台湾と中国の区..+ 717
【幼稚】 アメリカに意趣..+ 685
【上昇】 2020年1月消費者物..+ 595
【緊急】 フィリピンの新..+ 459
【緊急】 フィリピンの新..+ 448
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 434
【不足】 中味はさておい..+ 407
【避難】 新型肺炎で船内..+ 402
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 398
【整理】 ホンダ フィリ..+ 397
【緊急】 フィリピン・ル..+ 377
飽き飽きするセブの『シヌ..+ 360
台湾の選挙中の台湾旅行+ 356
21セブで免許証のカードを得..+ 352
22【緊急】 セブ州の追加措..+ 333
23セブの100円ショップは高い+ 331
24『ルソン島 敗残実記』を..+ 319
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 293
26パラワン島紀行 2018年 そ..+ 290
27パラワン島紀行 2018年 そ..+ 286
28【緊急】 セブ州その他の..+ 281
29パラワン島紀行 2018年 そ..+ 212
30セブで開催するマラソン大..+ 160
31【緊急】 セブ州の新型コ..+ 150
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 132
33+ 50
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:822,089 今日:153 昨日:192
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.