フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【開設】 首都圏マカティ市に 日本の地方銀行が事務所 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【開設】 首都圏マカティ市に 日本の地方銀行が事務所

 75日、岐阜県大垣市に本店のある大垣共立銀行(資本金361億円)が首都圏マカティ市に駐在員事務所を開いた。【写真は同行大垣市にある本店】

 日本の地方銀行がフィリピンに進出するのは同行が初めてで、既にフィリピンに進出している同行と取引のある岐阜や愛知などの中部地域の企業約40社に対して支援業務を行い、進出を検討している企業に対して情報を提供して進出を促したいとしている。

 同行は地方銀行の中では積極的に海外進出を試みていて、1986年香港駐在員事務所を開設。

 1988
年にはアメリカ・ニューヨーク、1990年にベルギー・ブルッセルに進出したが、これらは何れも日本の当時の狂乱バブルの時代を背景としていて、バブルが弾けた後欧米拠点は廃止。

 その後、アジア地域を重視し再び海外進出を始め、2011年タイ・バンコク、2012年ヴェトナム・ホーチミンに事務所を開設。

 必ずしも成功しているとは言えない海外進出について、同行頭取は7代、9代、現11代頭取と60年以上3代に渡って世襲が行われていることと関係があり、海外事業を進めることによって世襲頭取候補の実績を作っていると見る向きもある。

 フィリピンの経済特区(PEZA)には900社以上の日本企業が進出していて、アセアン域内では好調な経済成長率を維持しているため、日系企業の進出が盛んで、同行の進出はこれら企業の力になると思われているが、既に日本の都市銀行大手はフィリピンに現地銀行と提携するなど進出済みで、その中を縫って同行がどこまで業績を積み上げられるかは未知数。

 当初の事務所陣容は日本人駐在員1名、現地職員1名の計2名で業務を行う。

 こういった金融界の動きの中、格付け会社『ムーディーズ』はフィリピンの2017年経済成長率を予測通り6.5%に据え置くことを発表。

 また、2018年の成長率も据え置きの6.8%とし、右肩上がりであったフィリピンの経済成長が減速気味になっていることを示唆した。

 同時に現在、ミンダナオ島全域に布告されている戒厳令が拡大された場合、フィリピン全体の経済成長にマイナスとなる不安要因になると分析した。


Updated: 2017/07/07 (金) 10:04

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン政府関係者は3月中に『マニラ首都圏地下鉄計画』の第一期として、日本政府と借款契約を締結する見通しと明らかにした。 契約の供与限度額は1045億円3千万円、金利は年0.1..   (2018-02-19)
 2018年から自動車取得税などが上がったフィリピンで、2017年度第4四半期(10月~12月)は前年同期比24%増の3万台余が売れる過熱ぶりで、地獄的な都市部の渋滞に拍車がかかっている。..   (2018-02-06)
 ENDO(end-of-contract)と名付けられている、6ヶ月ごとに労働者を解雇する雇う側に非常に都合の良い短期雇用慣行が、フィリピンには蔓延していて、この悪しき雇用形態を是正する法案が1..   (2018-02-01)
 公式には国内総生産(GDP)の10%以上を占める、海外で働くフィリピン人(OFW)からの送金を管理するために、1月18日政府主導の銀行『Overseas Filipino Bank=OFB』が発足した。 この銀行は..   (2018-01-19)
 日本のホテル業界の名門といわれる(株)ホテルオークラが、フィリピン・マニラ首都圏パサイ市に『ホテルオークラマニラ』(仮称)を2018年に開業する【写真は同ホテル完成予想図..   (2017-12-25)
 国内インフラの拡大投資で景気の浮揚を図るのはどこの国でも共通するが、インフラ投資を海外からの資金で頼るとなると問題は多く、インフラ充実化を掲げるドゥテルテ政権の目論む..   (2017-12-17)
 膨張する航空需要に対して、フィリピン国内では新ターミナル建設や新空港建設、新空港構想プロジェクトが各地で行われている。 フィリピン中部の中心、ヴィサヤ地方セブ州のマク..   (2017-12-08)
 日本政府が100%の株を所有する国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation=JBIC)が、日本の製造業企業に海外進出人気度調査を行い、その結果が11月22日に公表された。 この調査..   (2017-11-28)
 フィリピン政府の統計庁(PSA)が11月16日に2017年度第3四半期(7月~9月)の国内総生産(GDP)の数字を発表した。 これによると、GDPは前年同期比で6.9%増の結果となった。 また、..   (2017-11-18)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーとなっているフィリピン航空(PAL)は、かつて倒産の危機に見舞われたが、実質オーナーの中国系経済人『ルシオ・タン』の政治力によって持ちこた..   (2017-11-04)
 毎年恒例の大富豪番付2017年度フィリピン版がアメリカの経済誌『フォーブス』から発表された。 これによるとフィリピンで一番の富豪は、国内小売業最大手のSMや国内最大の銀行BDOな..   (2017-10-16)
 任期まで持つかといわれているトランプ大統領をしり目に、アメリカの9月の製造業景況指数が13年半ぶりの高水準になったために、世界的に株価が高騰し、中でも東南アジア各国の株価..   (2017-10-04)
 ドゥテルテ政権は大型プロジェクトを推進することによって景気維持を計っていて、そのプロジェクトは他の財布を当てにし、援助を受けられればどこの国でも構わない姿勢を保ってい..   (2017-09-22)
 膨張するマニラ首都圏の交通事情は世界最悪クラスと不評だが、その一助となる地下鉄建設計画が具体化してきた。 フィリピン最初の地下鉄となる路線は、首都圏ケソン市と同タギッ..   (2017-09-08)
 IMF(国際通貨基金)の見通しではフィリピンの経済成長率は2017年度が6.8%、2018年度は6.9%とASEAN内では比較的高水準を維持する中、ペソが対ドル・レートで先週末(8月25日)の終値は1..   (2017-08-28)
 首都圏マカティ市の繁華な場所にある2.9ヘクタール(約8800坪)の土地を賃貸している不動産会社に対してマカティ裁判所は8月15日、明け渡しを求める判決を出した。 これによって同..   (2017-08-20)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:831,462 今日:77 昨日:120
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.