フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【企業】 SMとサンミゲル マニラ新空港建設計画で競り合う - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【企業】 SMとサンミゲル マニラ新空港建設計画で競り合う



 SM
はショッピング・モールを中心にした国内で最大の小売り業、及び国内最大の商業銀行や不動産開発会社など多数の会社を傘下にした複合企業で、その創設者は世界の長者番付上位の常連者。

 一方、サンミゲルの業種はビール製造業最大手であったが、今はフィリピンを代表する複合企業になり、高速道路などのインフラ関連に力を入れている。

 その2社が現在のマニラ国際空港が限界に近づき、新たな空港を造る動きに相次いで名乗りを上げている。

 マニラ国際空港は4つのターミナルを持ち、国際線、国内線合わせて2015年に3668万人の利用者があった。しかしながら、最大処理能力は年間3500万人と見積もられていて、既にパンク状態である事が分かっている。

 このため、ルソン島パンパンガ州にある元米軍飛行場のクラーク国際空港への移転など候補に挙がっていたが、マニラ湾を埋め立てて新空港を造る案が有力となっている。

 新空港候補地はカヴィテ州サングレイ・ポイント一帯【写真】で、ここには戦前から飛行場があり、現在もフィリピン空軍が使用している。

 SM
の計画によると2500ヘクタールを埋め立てて、新空港建設とそれと同時に、現在のマニラ港に変わる新港、経済特区、住宅開発などを行い、その総額は最終的には500億ドル(51千億円以上)に達する数字を見積もっている。

 このため、SMは中国企業など数社と企業体を組んで取り組むことを発表している。

 新空港に関しては着工後5年間で竣工し、国際線、国内線で利用客は年間7500万人と見込んでいる。

 また、同時に造られる新空港からの高速道路はマカティ市の中心まで11分程度で行ける計画で、サンミゲルの計画では地下鉄建設も案に上がっている。

 2
社が新空港建設に手を挙げているが、その手始めに新空港予定地とマニラの既存の高速道路と繋げる総事業費100億ドルといわれるカヴィテ湾岸高速道路計画が具体化していて、2社が入札を巡って激突する様相を見せている。

 なお、サンミゲルはフィリピンで有名な観光地ボラカイ島の空路入口のカティクラン空港の滑走路延伸、新ターミナル・ビル建設などのプロジェクトを進めていて、2年以内に大型機に対応できる空港になると発表されている。


Updated: 2016/11/07 (月) 12:19

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 11月25日からアジア最大の低価格航空会社である『エアアジア』が、マクタン・セブ国際空港と台湾・台北とシンガポール間に新しい直行路線を設けることとなった。 その就航内容だ..   (2016-11-14)
 SMはショッピング・モールを中心にした国内で最大の小売り業、及び国内最大の商業銀行や不動産開発会社など多数の会社を傘下にした複合企業で、その創設者は世界の長者番付上位の..   (2016-11-07)
 会計検査院(Commission on Audit’s =COA)が公表した2015年度全国自治体財務監査年次報告書によると、全部で81ある州の中で最も裕福な州はセブ州で、その純資産額は285億ペソ(約655億円)..   (2016-11-03)
 訪日中のフィリピン大統領の動きに合わせて、民間でも日本-フィリピン間の投資案件の話し合い、成約が活発に行われているが、ミンダナオ島で栽培されているバナナの更なる輸入増..   (2016-10-26)
 セブ州ラプラプ市の経済特区とセブ市内の2ヶ所に事業所を持つNKCは、環境活動の一環としてセブ市タランバン奥の山岳地帯に広がるアドラオン地区で、9月下旬に同地区でコーヒー..   (2016-10-13)
 政権が変わってから中国、ロシアへの接近を強めアメリカから距離を置く姿勢から、フィリピンで投資をする外資系ファンドが数週間以上も売り越している中、週明けの9月26日の外国為..   (2016-09-27)
 全日空の100%子会社『バニラエア』が、12月25日(日)からセブ-成田間に1日1往復の便を就航させることを発表した。 航空券の発売は9月15日(木)18時から同社のウェブサイトで開始..   (2016-09-15)
 フィリピン統計局発表によると、ドゥテルテ政権発足後最初の月となる7月の完全失業率は5.4%となり昨年同月の失業率6.5%から大きく下がった。 この数字は2005年以来の低水準で、雇..   (2016-09-10)
 戦時中に日本軍が連合軍とフィリピン兵士の捕虜を炎天下に歩かせた『バタアン死の行進』のあったバタアン半島南端モロン町にフィリピン最初の原子力発電所【写真】がある。 しか..   (2016-09-02)
 日本で257軒のビジネス・ホテルを展開する最大手の東横インがフィリピン・セブに初進出する。 これはドイツやカンボジアで開業している海外ホテル・チェーン作りの一貫として開業..   (2016-08-25)
 フィリピン統計庁が8月18日に発表したフィリピンの2016年度第2四半期(4月~6月)のGDP(国内総生産)は、前年同期比7%増となった。 これは2013年第2四半期に記録した7.6%以来の7..   (2016-08-21)
 セブ市の危機的な交通渋滞対策として、かねてより計画中であった『新交通システム計画』の有力候補である『Bus Rapid Transit=BRT』は、計画段階で暗礁に乗り上げている。 BRTとはバス..   (2016-08-16)
 フィリピンNational Competitiveness Council(NCC)が毎年発表している、国内の自治体の総合力ランク付けでセブ市は昨年より3ランク陥落し、6位となった。 マニラ首都圏を構成する自治体が..   (2016-07-20)
 アメリカの大手旅行誌が毎年発表している世界の観光地などの読者投票で、『島』の部門でパラワン島が昨年に続いて1位を維持した。 パラワン島の総合得点は93.71で、新世界七不思議..   (2016-07-14)
 フィリピンのフラッグ・キャリアーであるフィリピン航空の座を脅かす、低価格航空会社のセブパシフィック航空【写真】の2015年度決算によると、総収入は前年より45億ペソ増えた565億..   (2016-07-09)
 4キロに及ぶ白砂の海岸を持つフィリピンでも著名な観光の島『ボラカイ島』に対岸のパナイ島から橋を架ける計画が持ち上がっている。 ボラカイ島は対岸のパナイ島カティクランか..   (2016-06-12)
12345678910,,,23
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:807,850 今日:98 昨日:167
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.