フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【運輸】 マニラ市のコンテナ車通行規制 解決の見通し立たず - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
経済
   
  【運輸】 マニラ市のコンテナ車通行規制 解決の見通し立たず

 この問題は経済問題として見る面と、政治問題として見る面があって、元大統領エストラーダが市長を務めるマニラ市のコンテナ車通行規制問題は、現アキノ政権への意趣返し、嫌がらせではないかとの見方も出ている。

 マニラ市の規制は土日を除く、午前5時から午後6時の間、総重量4.5トン以上のトラックの同市内通行を禁止するもので、同市が抱えるマニラ2港へのコンテナ・ヤードへのコンテナ搬入に多大な影響を及ぼしている。

 まず、搬入されるコンテナが激減し、マニラ港では1日平均1200台のトラックが出入りするが、規制初日の224日は1台も出入りできず、他の港でも1日平均2000台以上の所、わずか4台となり、関税収入が半分以上も落ち込む事態となった。

 このため、トラック業者やそれを利用する企業から、こういった規制は何にもならないと規制の緩和や撤廃を求められているが、同市長エストラーダは、同市内の交通渋滞解消と、大気汚染減少を理由に拒否。

 この問題は慢性的、フィリピンの無為無策な交通政策がもたらしたもので、根本的解決には難しいが、マニラの2港に集中するコンテナを周辺にあるバタンガス港やスービック港に分散することによってある程度緩和されることは分かっている。

 しかしマニラ港2港に巣食う既得権業者がスンナリと他の港に都合よく分散する動きは鈍いと見られている。

 こういった事態を受けて、日本を含む外国人商工会議者などは、交通渋滞などで損失があることは認めるものの、企業の入出荷に早くも影響が出て、経済全体にも多大な損失を与えると警告、企業擁護の発言を繰り返している。

 そういった企業の多くはマニラ首都圏郊外で工場を稼働している所が多く、該当する企業が率先してマニラにコンテナを通過させない対応を取って、解決の一歩を計るべきではとの批判も強い。

 なお、直接影響を受けるトラック運転手や、運行業者は規制に反対してストライキを敢行中、これに対して政府関係機関がマニラ市との仲裁役に乗り出しているが見通しは不明である。




Updated: 2014/02/28 (金) 10:46

Share |
 
フィリピン経済ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 フィリピン統計局の最新の発表によると、2014年上半期は貧困ライン以下の生活をしているフィリピン国民は25.8%に上がった。 前年同期の貧困ラインは24.6%であり、やや悪化している..   (2015-03-10)
 戦前のセブ島には鉄道が、東海岸のダナオからセブ市を通ってアルガオまで敷かれていたように、フィリピンは鉄道網の発達した国の一つであった。 しかし、戦後、自動車に押されて..   (2015-02-19)
 アセアン域内では経済成長率の高いフィリピンだが、2014年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は5.3%と発表された。 この結果、第1四半期から第3四半期までのGDP成長率は5.8%となり..   (2014-12-16)
 フィリピンでは労働省の『賃金生産性委員会(RTWPB)』が国内の地域別に最低賃金を定めているが、労働省は17日、首都圏を含む6地域の最低賃金引き上げを検討中と発表した。 最低賃..   (2014-11-22)
 フィリピンを舞台に経済活動をする外資企業の多くは、横のつながりを求めてその出身国を母体とする経済団体に加入している例が多い。 特に商工会議所系の活動は盛んで、フィリピ..   (2014-10-16)
 元大統領からマニラ市長に居直ったエストラダが思いつきでぶち上げ、2月から実施されていた『大型トラックのマニラ市内日中走行規制』が、9月13日より解除された。 この規制は、..   (2014-09-15)
 昨年11月に中部ヴィサヤ地方を襲った台風『ヨランダ』の影響で、フィリピン経済は減速状態に陥っていたが、フィリピン統計調整委員会(NSCB)が8月28日に発表した2014年第2四半期の国..   (2014-08-31)
 現在のマニラ国際空港は1時間当たり40機の離発着能力を持つが、既に過密化しているために新たな国際空港の建設が計画されている。 これにはいくつかの案があって、具体的に有力な..   (2014-05-28)
 この問題は経済問題として見る面と、政治問題として見る面があって、元大統領エストラーダが市長を務めるマニラ市のコンテナ車通行規制問題は、現アキノ政権への意趣返し、嫌がら..   (2014-02-28)
 セブ首都圏を構成する主要市、マンダウエ市をベースにする『ノルキス』社が、BPO(Business Process Outsourcing)事業用ビル建設に乗り出すことになった。 同社は1962年にオートバイ販売業..   (2014-02-24)
 フィリピン中央銀行によると、2013年度のフィリピン人海外就労者によるフィリピンへの外貨送金額は251億ドルとなり、前年より7.6%増の、同行が統計を取って以来史上最高額を記録し..   (2014-02-19)
 フィリピン政府はアキノ大統領の任期の切れる2016年までに、海外からの観光客を『年間1千万人目標』の掛け声で、汚職撲滅などと同様の優先課題の一つにしているが、2月13日、フィリ..   (2014-02-15)
  フィリピン政府の発表する公式失業率は10%以下の数字を示しているが、この数字が実態を反映していない作られた数字というのは衆目の見る所で、長年フィリピンで経済活動をして..   (2014-02-11)
 日本ではデフレ脱却のために、2%のインフレを起こす危うい経済運営路線を取っているが、2月5日、フィリピン国家統計局(NSO)の発表で、1月のインフレ率は前月比より0.1ポイント上..   (2014-02-07)
2013年第4四半期にフィリピンを襲った『ボホール・セブ地震』、『台風ヨランダ』などの相次ぐ自然災害にも関わらず、フィリピンのGDP(国内総生産)第4四半期は中国に続く7.7%の成長率..   (2014-01-31)
フィリピンは2012年第三4半期から2013年第三4半期まで連続してGDP成長率7%台を記録し、アセアン域内でも高率を誇っているが、民間調査機関が成人1200人を対象に2013年12月初旬~中旬にかけ..   (2014-01-22)
12345678910,,,24
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:830,690 今日:105 昨日:171
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.