フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【激増】 2014年版世界テロリズム指数で フィリピンは前年より悪化 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【激増】 2014年版世界テロリズム指数で フィリピンは前年より悪化

 『テロ』という言葉は権力者側にとって便利な語彙で、政治的弾圧を正当化するために使われている例が多く単純に使うことは危険であるが、オーストラリアの研究所が世界におけるこのテロについての実態を162ヶ国を対象に調査を行い、2014年版を発表した。

 これによると、2013年にフィリピン国内で起きたテロ事件は499件で、2012年から比べて約3倍も増えている。

 死者は前年比2.4倍の292人、負傷者は前年比1.6倍の444人となっている。

 これらの数字は162ヶ国中、イラク、アフガニスタンなどの内戦地域に続いて9位に付けるありがたくないランキング入りで、2013年は11位だった。

 この激増ぶりは、和平交渉が進んでいるといわれている反政府武装組勢力のモロ・イスラム解放戦線(MILF)に反発するイスラム系武闘派組織の活動活発化と関係がある。

 また、マルコス時代から武装闘争を続けるフィリピン共産党の軍事組織、新人民軍(NPA)とのフィリピン政府による停戦、和平交渉が20119月から中断された状態が続いているために、NPAのテロ行為が激発しているのも一因となっている。

 同報告書はフィリピン国内にはテロを起こした組織が7つあるとしながらも、大部分のテロ行為はNPAMILF、それとミンダナオ島南部を拠点とするイスラム系軍事組織アブサヤフの3組織と認定。

 この中で、90人近くを殺害したとみられるNPAについては『襲撃と暗殺が中心』の組織であり、爆発物を多用する他の国のテロ組織とは違うと分析。

 さらに『NPAの標的は政治家や経済界の有力者、自治体首長などで、暗殺によって直接的に体制を変える路線を取っている』と指摘している。

 フィリピン国内でのテロ発生場所も調査されていて、全国各地で発生していて全81州中67州で発生。自治体別では全国にある1634市町中、3割弱にあたる488市町で発生している。

 特にMILFの拠点が周辺に散在するミンダナオ島南部マギンダナオ州コタバト市では11件、11人の死亡が国内最多テロ発生地帯と芳しくない数字が挙げられている。

 今回の調査では、ワースト1位はイラク(発生件数2492件、死者6362人)、以下アフガニスタン(1148件、3111人)、パキスタン(1933件、2345人)、ナイジェリア(303件、1826人)、シリア(217件、1078人)と錚々たる紛争国が続く。

 フィリピンはこの統計では毎年10位前後を上下していて、『ホスピタリティー溢れる』などといわれているが、その裏は安全ではない国である認識を忘れないようと指摘されている。

 なお、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国で、ワースト10に入ったのはフィリピンと10位のタイ(発生件数332件、131人死亡)のみで、タイも『微笑みの国』などとキャッチフレーズで海外から観光客を呼び込んでいるが、実態はかなり危険な国であることが、この報告書で露呈されている。


Updated: 2014/12/03 (水) 23:43

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 10月19日(土曜日)午後7時頃、セブ市に隣接するマンダウエ市にある『Jセンター・モール』内で営業をする貴金属店、両替え所、質屋が武装した強盗団に襲撃された。 強盗団は15人..   (2019-10-20)
 フィリピンの一大産業になっているコールセンターは多くの労働問題を抱えているが、中でも従事する外国人の違法就労が問題になり、取り締まり当局の摘発が相次いでいる。 10月9日..   (2019-10-11)
 年間150万人を集客するマニラ首都圏パサイ市の遊園地『スターシティ』で、10月2日午前0時過ぎに大規模な火災が発生し、首都圏各地より70台以上の消防車が出動し、同日午後2時頃に鎮..   (2019-10-04)
 フィリピン有数の観光地で知られるヴィサヤ地方ボラカイ島で、9月25日午前7時40分頃、21人を乗せて練習していたドラゴン・ボートが強風と高波を受けて転覆し、8人の死亡が確認された..   (2019-09-26)
 日本でも大規模感染中のアフリカ・トン・コレラ(英名classical swine fever=ASF)が、首都圏北方のブラカン州やリサール州で発生した疑いが強まり、隣接する州などでは他州からの豚の持..   (2019-09-19)
 8月18日(日曜日)午前9時50分頃、セブ島西海岸中部にあるトレド市(人口18万人ほど)の中心部で、72歳(本籍茨城県)の邦人男性が自宅入り口近くで頭部を銃撃され死亡した。 銃撃..   (2019-08-21)
 英名でdengue feverと呼ばれるデング熱がフィリピン国内で猛威を振っていて、フィリピン保健省は今年1月から7月下旬までのデング熱罹患者数は16万8000人弱と発表した。 この数字は2015年..   (2019-08-14)
 8月3日、セブ島などヴィサヤ地域に含まれるパナイ島最大の都市イロイロ市(人口50万以上)と、対岸にあるギマラス島間を結ぶボート3隻が相次いで転覆し、これまでに死者28人、行方..   (2019-08-07)
7月19日(金曜日)午前7時40分頃、セブ島南部西海岸にあるボルホオン町(人口約1万7千人)の山間で、町のスポーツ大会に出席するために小学生と引率を乗せた小型ダンプカーが坂道で横..   (2019-07-20)
 日本以上に高学歴でないと就職の難しいフィリピンだが、夏休みを終えた6月から新学期が始まった。 教育省によると新年度における義務教育である児童生徒数は昨年より3%近く増加..   (2019-06-30)
 昨年8月24日、乗用車を運転しセブ市を通る幹線路で信号待ちをしていたセブ市在住の邦人女性(70歳)が、オートバイに乗った2人組に銃撃され死亡した事件で、日本の兵庫県警捜査一課..   (2019-06-14)
 元々フィリピンでは『教育』は成長産業、ビジネスと捉えられていて、私学の多い国と知られるが、大学の専攻学科で一番人気は『看護師』養成コースで、その人気に応えて多くの大学..   (2019-05-02)
 ルソン島北東部カガヤン州のペニャブランカ町(人口5万人以上)にあるカラオ洞窟で5万年~6万年前と推定される手足や歯の化石が発見され、『新人類』であることが鑑定の結果分かり..   (2019-04-16)
 『治安の良くない国』とフィリピンは代名詞のように語られるが、フィリピン国家警察(PNP)は2018年の犯罪認知件数統計を公表した。 認知件数というのは警察に事件として通報され..   (2019-04-05)
 雨の降らない『エル・ニーニョ』現象が続き、フィリピン各地は水不足に見舞われているが、人口の集中するマニラ首都圏では水道の断水が続き、商業活動や日常生活に深刻な影響が出..   (2019-03-19)
 アメリカの経済誌『フォーブス』は資産10億ドル(1100億円)以上を持つ人物の番付を毎年発表しているが、最新となる2019年版によると世界の大富豪は2153人となった。 この数字だが、..   (2019-03-10)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
《調査》 ビジネス環境躍進す..
パラワン島紀行 2018年 その..
【強盗】 東横インのあるモー..
セブの巨大青物市場 カルボン..
《選挙》 副大統領選の開票結..
パラワン島紀行 2018年 その..
【摘発】 コールセンターの違..
《計画》 セブの経済特区内企..
セブに送られた詐欺メールにご..
《疾患》 重症筋無力症を認め..
パラワン島紀行 2018年 その..
【火災】 首都圏屈指の遊園地..
セブのホームセンター
《拡大》 マリオットが 国内..
《惨事》 ボラカイ島でドラゴ..
セブで見つけた旧い車
《採決》 国連の人権理事国に..
パラワン島紀行 2018年 その..
《感染》 アフリカ豚コレラ発..
フィリピンで流行る3輪自動車
21《観光》 セブ市に大規模水族..
22セブで食べる寿司の味
23《奇怪》 いわくつきの慰安婦..
24パラワン島紀行 2018年 その..
25《平均》 セブのホテル稼働率..
26セブの街中で実るコーヒー
27《怨恨》 セブ島に住む72歳の..
28《患者》 デング熱大流行 死..
29セブで食べる 『おにぎり』
30【行事】 下院で ドゥテルテ..
31パラワン島紀行 2018年 その..
32【停滞】 現政権下で最低を記..
33セブで食べる『トンカツ』の味..
34《人災》 イロイロ市沖でボー..
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 2675
【行事】 下院で ドゥテ..+ 2634
《患者》 デング熱大流行..+ 2352
《奇怪》 いわくつきの慰..+ 2259
《人災》 イロイロ市沖で..+ 2194
【停滞】 現政権下で最低..+ 1898
《平均》 セブのホテル稼..+ 1892
【強盗】 東横インのある..+ 1131
《観光》 セブ市に大規模..+ 987
《感染》 アフリカ豚コレ..+ 934
【摘発】 コールセンター..+ 898
《惨事》 ボラカイ島でド..+ 731
セブで食べる 『おにぎり..+ 712
【火災】 首都圏屈指の遊..+ 693
セブで食べる寿司の味+ 654
セブで食べる『トンカツ』..+ 646
《採決》 国連の人権理事..+ 645
《疾患》 重症筋無力症を..+ 635
《計画》 セブの経済特区..+ 611
セブの街中で実るコーヒー+ 598
21パラワン島紀行 2018年 そ..+ 587
22《拡大》 マリオットが ..+ 573
23パラワン島紀行 2018年 そ..+ 474
24フィリピンで流行る3輪自動..+ 429
25《選挙》 副大統領選の開..+ 423
26セブのホームセンター+ 355
27パラワン島紀行 2018年 そ..+ 349
28セブで見つけた旧い車+ 294
29《調査》 ビジネス環境躍..+ 288
30セブに送られた詐欺メール..+ 263
31セブの巨大青物市場 カル..+ 256
32パラワン島紀行 2018年 そ..+ 245
33パラワン島紀行 2018年 そ..+ 242
34パラワン島紀行 2018年 そ..+ 197
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:803,576 今日:72 昨日:181
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.