フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【捜索】 セブの日系コールセンターで不法就労の日本人 60人以上摘発 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【捜索】 セブの日系コールセンターで不法就労の日本人 60人以上摘発

    
 9
11日午後、国家捜査局(National Bureau of Investigation NBI)と入国管理局はセブ市にある日本人経営のコールセンターを『不法就労』の疑いで捜索し、業務を行っていた日本人60人以上を拘束した。

 摘発されたコールセンターは『日本インタートレード・コールセンター(Japan Intertrade Call Center Corp.JICC)で、コールセンター会社が集まる市内の元飛行場跡開発区域【写真は入り口】のビル内で5年前から自動車関連部品の業務を行っていた。

 捜索にはセブ地裁の執行令状が示され、令状には会社関係者の日本人10人が記載されていた。この捜索によって同社の業務に使っていたコンピューター機器、雇用契約書や給与伝票など多数の関係書類が押収された。

 摘発容疑は会社の営業許可証の疑義、外国人雇用許可違反(
lien employment permits AEP)、ヴィザの資格外活動の入管法違反などで、これに対してJICCの責任者は今回摘発された日本人雇用者は『半年間の実務研修中であり、AEPがなくても就労は可能で、入管による仮労働許可証がある』と抗弁している。

 しかしながら、NBIは『セブの入管当局はいかなる事情で大量の仮労働許可証を発行したのか、何らかの不正があったのではないか』と、この面でも捜査をすると言明している。

 また、
摘発されたJICC 60人以上の日本人が仮労働許可証で勤務している場合の仕組みは意図的な違法行為ではないかと着目している。これは同社のホームページで恒常的に日本人募集を行っていて、6ヶ月未満で切り捨てるブラック企業ではないかとの指摘もある。

 フィリピンはコールセンター事業が場所とパソコンがあれば可能な業種として急成長し、この国の一大産業に育っている。従来は英語が堪能なため英語圏向きのコールセンターだったが、人件費の安いフィリピンに目を付けて日本語コールセンターがビジネスチャンスと見て進出し、これはタイ・バンコクや中国でも同じ流れが出来ている。

 しかしながら、こういったコールセンターの起業者は資本力の弱い脱法をものともしないヴェンチャーと称する形態が多い。またコールセンターはフィリピンでは『労働者使い捨て会社』と評価されていて、勤務する日本人従業員も同様で、フィリピン人給与水準よりは高いが、逆に日本人としては安い賃金、保障のない状態で働いているとの批判が強い。

 それでもセブでは『南国のリゾートで』とか『休日にはダイヴィングが出来る』などといった誘い文句がうたわれ人材を集め、これに対して応募する日本人も『どうせ腰かけ』気分で業務に携わる例が多く、労使の危うい思惑が奇妙に合致する海外展開の日系コールセンター業界だった。

 このため、その国の法令について当人は無知であり、会社側も当該国を見くびって営業をしている例も多く、そういった流れが今回の摘発に至った。なお、今回の摘発の前にマニラ首都圏で中国人の不法就労が大量に摘発されていて、当局側もこういった外国人による不法行為を断固取り締まると表明している。

 なお、今回セブで摘発されたJICCは当地で流行りの英語研修学校も経営していて、そちらは途中で辞めた生徒の払い込んだ費用を返還しないなどの、訴訟沙汰を抱える問題の多い学校だった。

 なお、フィリピンで学ぶ学生は就学ヴィザが必要であり、JICC経営の英語学校にも摘発が及ぶのではないかと見られている。こういった英語研修学校は韓国系が主流であり、次の摘発はそちらではないかとセブで働く外国人は戦々恐々で、冗談に今日以降の日本行、韓国行きの飛行便は摘発を逃れる違法就労者で満員だなどと噂が流れた。

 なお、今回の摘発、拘束された日本人は有罪の場合、3ヶ月から3年までの刑と罰金100010000ペソが科せられ、その後入管にも一ヶ月当たりいくらの不法滞在の罰金を払って強制送還の道が待っている。

 しかし、フィリピンは裁判に要する時間が長く判決確定まで長期拘留が続き、この摘発された60人以上の日本人に対して在フィリピン日本大使館も邦人保護の観点からも対応に苦慮するのではと見られている。


 


Updated: 2015/09/13 (日) 09:27

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 コロナ防疫体制によって国内の移動は制限され、飛行機へ搭乗する時にはLOA(Letters of Acceptance)と呼ばれる許可証とコロナ陰性証明書が必要となっている。 1月13日、このLOAを偽造した..   (2021-01-14)
 12月14日現在、コロナ感染者数451839人、死者8812人を数える中、フィリピンの民間調査機関が11月21日~25日にかけて18歳以上の1500人を対象に『貧困』の意識調査を行い、その結果が12月14日..   (2020-12-16)
 フィリピンの日本国内における在外公館は東京六本木の大使館、大阪と神戸に総領事館2ヶ所を設置していたが、12月1日をもって総領事館として3ヶ所目になる『名古屋総領事館』を開..   (2020-12-05)
在フィリピン日本国大使館2020/11/18 (水) 11:36より転載●11月17日、セブ市政府は「セブ外の州からセブ市への入域者に係るガイドライン」を発表しました。【本文】フィリピンにお住まいの..   (2020-11-18)
 11月11日、フィリピン国内の新型コロナ感染者数は40万人を超えた。 30万人台を超えたのは10月25日であり、半月余で10万人の感染者を記録し、未だフィリピンは新型コロナの脅威は収ま..   (2020-11-14)
 10月30日現在のフィリピンの新型コロナ感染者数は1日当たりの発症はやや少なくなっているものの、380729人となり、38万人台を突破した。 死者数は7221人で、感染からの回復者は331046人..   (2020-11-01)
 フィリピンの10月20日現在のコロナ感染者数は36万人台を突破し、いくらか1日当たりの感染者発生数は緩やかになっているが、まだ収束への道は遠い。 アセアン加盟10ヶ国の内、当初は..   (2020-10-21)
 観光、ビジネス対象の旅行者を読者に1987年に創刊された、アメリカの旅行誌『コンテナスト・トラベラー』が選んだアジアの『ベスト・アイランド』部門で、セブ島とヴィサヤ地区が..   (2020-10-12)
  フィリピン政府は10月1日からのマニラ首都圏などの新型コロナ防疫措置を発表したが、これによるとマニラ首都圏は前回と同じ一般防疫地域(GCQ)に据え置かれ、経済界から要望さ..   (2020-10-01)
 インターネットの匿名性から言いたい放題、無責任な見解、誹謗中傷を流布することに生きがいを得ている利用者の多さが世界的問題になっているが、フィリピンと韓国間でチョッとし..   (2020-09-10)
 フィリピンの新型コロナ・ウィルス感染者数は8月初めには10万人を超え、8月7日になって12万人の感染、死者数2168人を記録し、インドネシア抜いてアセアン加盟国中、最多という不名誉..   (2020-09-04)
 7月6日時点で、アセアン加盟国10ヶ国中、新型コロナ・ウィルス感染者数1位はインドネシア、2位はシンガポールの44983人であったが、フィリピンは46333人となり、シンガポールを抜いて..   (2020-08-08)
 新型コロナ感染者数を国別に分けると全世界で1位はアメリカ、2位ブラジルと共通して無能力な指導者を持つ国が惨事を引き起こしていて、3位には70万人を突破したインドとなってい..   (2020-07-07)
 6月23日現在、フィリピンの新型コロナウィルス感染者数は31825人、死者1186人と感染制圧には遠く、連日3桁台の感染者を出している。 その中でセブ市は全国の自治体の中で最多の感染..   (2020-06-24)
在フィリピン日本国大使館2020/06/16 (火) 14:55より転載【ポイント】●6月15日,フィリピン政府は,6月16日から30日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表..   (2020-06-16)
在フィリピン日本国大使館2020/04/24 (金) 21:55より転載【ポイント】●4月24日,フィリピン政府は,マニラ首都圏等における強化されたコミュニティ隔離措置を5月15日まで延長する..   (2020-04-25)
12345678910,,,32
ニュース コラム ライフ
フィリピンのワクチンを巡る怪..
【整理】 フィリピン日産 組..
セブで選ぶ2020年 日本の10大ニ..
【累計】 新型コロナ感染者数..
セブで選ぶ2020年 世界の10大ニ..
【逮捕】 セブの空港で 偽造..
セブのヨット・ハーバーにて
【選挙】 2022年大統領選 立..
セブで思う日本の駄菓子屋とサ..
【労働】 コロナ禍で海外に取..
【実情】 コロナ禍で 貧困化..
セブで迎えるコロナ禍のクリス..
【承認】 2021年度国家予算 ..
【大幅】 2020年GDP成長率予測..
コロナ禍のセブ島の様子
【新設】 3ヶ所目となる在日..
外交官の品格とは
【苦境】 フィリピン航空 破..
ドゥテルテ政権下のジャーナリ..
【工業】 常石造船 セブの経..
21【重要】 セブ市の新型コロナ..
22セブで思う007の訃報
23【甚大】 ルソン島北部の台風..
24【影響】 新型コロナ感染者40..
25台風『ヨランダ』から7年 進..
26【実質】 史上初 GDP3期(1月..
27セブで思うトランプの敗北
28【連続】 ルソン島南部の台風..
29セブで考える外交官の質とは
30【累計】 10月末現在 新型コ..
31墓にも階級制があるフィリピン..
32
33【偽装】 フィリピンの退職者..
34セブで食べるキビ団子とトウモ..
35【不振】 コロナ禍で 9月の..
36セブから飛んだ特攻機
37【二番】 インドネシアのコロ..
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【二番】 インドネシアの..+ 6654
【偽装】 フィリピンの退..+ 6507
【不振】 コロナ禍で 9月..+ 5552
【累計】 10月末現在 新型..+ 5370
【連続】 ルソン島南部の..+ 4695
【重要】 セブ市の新型コ..+ 4450
【影響】 新型コロナ感染..+ 4389
【甚大】 ルソン島北部の..+ 4305
【実質】 史上初 GDP3期(1..+ 3743
【工業】 常石造船 セブ..+ 3497
【苦境】 フィリピン航空..+ 3355
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 1335
セブで考える外交官の質と..+ 1309
【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 1103
墓にも階級制があるフィリ..+ 1061
セブから飛んだ特攻機+ 1056
台風『ヨランダ』から7年 ..+ 1054
セブで思う007の訃報+ 1052
セブで思うトランプの敗北+ 1037
ドゥテルテ政権下のジャー..+ 1033
21セブで食べるキビ団子とト..+ 1032
22外交官の品格とは+ 1018
23【承認】 2021年度国家予算..+ 978
24【実情】 コロナ禍で 貧..+ 934
25+ 932
26【労働】 コロナ禍で海外..+ 855
27コロナ禍のセブ島の様子+ 718
28【選挙】 2022年大統領選 ..+ 707
29セブで迎えるコロナ禍のク..+ 563
30【逮捕】 セブの空港で ..+ 530
31セブで思う日本の駄菓子屋..+ 514
32セブのヨット・ハーバーに..+ 441
33【累計】 新型コロナ感染..+ 241
34セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 177
35【整理】 フィリピン日産..+ 154
36セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 83
37フィリピンのワクチンを巡..+ 55
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:863,319 今日:17 昨日:120
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.