フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【唾棄】 空港のX線検査で 乗客手荷物に銃弾を入れて恐喝する手口発覚 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【唾棄】 空港のX線検査で 乗客手荷物に銃弾を入れて恐喝する手口発覚

 フィリピンの役人は性質(タチ)の悪いのが多く、軍や警察など本来市民の財産を守るために存在するのに、摘発される犯罪には現職の軍人、警官が含まれるのが珍しくなく、こういった状況に対して上から下まで恬として恥じない所に、この国の難しさと面白さがある。

 マニラ国際空港は『世界で最も悪い空港』として有名な空港で、ここを舞台に数々の空港係官や民間人による犯罪行為が数多く発覚していて、101日、空港を管理運営するマニラ空港公団(MIAA)は、空港で乗客の手荷物検査を行う運輸通信省交通保安局から派遣されている係官25名を停職処分にした。

 これは乗客の手荷物をX線検査をする時に、乗客が手荷物をX線装置に荷物を置き、次に金属探知機のゲートを通り抜ける隙をついて、係官が手荷物の中に用意した銃弾を入れ、それをタネに恐喝し現金を巻き上げる行為に対しての処分で、この他に手荷物から携帯電話や宝石などの貴重品や現金などを抜き取っていた。

 このため、民間航空局は、X線検査時には手荷物から目を離さず、一緒に搭乗する知人などと係官の動きに注意を持って監視、また開閉できる部分には鍵を掛けるかテープで開けられないように乗客に向けて注意を喚起した。

 こういった注意が恥もなく広報される所にこの国の救い難い病弊を見るが、25人に及ぶ大量処分で、運輸通信省交通保安局は厚かましく撤回処分をMIAAに要求しているから世も末。

 その理由は同空港に配置しながら未使用になっている『全身スキャナー』の運用に支障が出るとなっているが、全く的外れな言い訳で25人もの犯罪者を生んだ部局としての反省がなく『天に唾する』要求と笑われている。

 この全身スキャナーは15台、15千万ペソの巨費を投じて購入されたが担当係官に対する研修が2回行われたにも関わらず、研修に参加した係官はゼロの有様で、機械さえあれば何でも良くなるというやる気のないフィリピン人役人の悪い癖が露出。

 しかも本来マニラ空港の第1から第4ターミナルで使用されるはずだったのが、マクタン・セブ空港など他の5空港に移動していて、その無計画性にも批判が集まっている。

 MIAA
は運輸通信省交通保安局の要求を勿論撥ねつけていて、処分は空港通行証を取り上げ、空港内の立ち入りが出来なくなるが、通常なら停職どころか懲戒免職、刑事告発になるはずだが、そこは身内の犯罪に甘い体質ゆえ、どこまで厳正に行動するか早くもMIAAの限界がささやかれている。

 このようにフィリピンに出入国する外国人は標的になっていることを認識し、空港内では役人を信用せず、親切を装って近寄る人物には注意が求められる。

 【写真は事件のあったマニラ国際空港ターミナル】


 


Updated: 2015/10/02 (金) 12:33

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 雨の降らない『エル・ニーニョ』現象が続き、フィリピン各地は水不足に見舞われているが、人口の集中するマニラ首都圏では水道の断水が続き、商業活動や日常生活に深刻な影響が出..   (2019-03-19)
 アメリカの経済誌『フォーブス』は資産10億ドル(1100億円)以上を持つ人物の番付を毎年発表しているが、最新となる2019年版によると世界の大富豪は2153人となった。 この数字だが、..   (2019-03-10)
 総事業費3750億ペソ(約8300億円)投じるマニラ首都圏地下鉄事業の起工式が2月27日、事業関係者によって行われた。 この地下鉄【写真は完成予想図】はフィリピンでは初めての路線と..   (2019-03-01)
 未処理下水やゴミが流れ込み『汚水溜め』状態となっているマニラ湾(2000平方キロ)の水質を改善するために、政府、自治体が腰を上げて取り組んでいるが、自治体を監督する内務自..   (2019-02-21)
 フィリピン厚生省は、2019年1月1日から2月9日までのはしか感染者数は4302人となり、前年同時期の1935人と比べて2倍以上になったと2月11日に発表した。 これによると、はしか感染による..   (2019-02-12)
 一部の自治体でプラスティック袋使用を禁止、あるいは昨年はフィリピン有数の観光地ボラカイ島を環境整備を理由に半年間閉鎖するなど環境への関心は高まっている。 中でも汚染度..   (2019-02-08)
 国別のインターネットに関する調査報告書が民間企業から2月初めに発表され、これによると世界平均は1日当たり6時間42分になるが、平均10時間2分を費やすフィリピンが首位となった。..   (2019-02-03)
 ゴミ処理というのはどの国でも問題になっていて対策に大わらわだが、資力のない国は原野や海に投棄していてフィリピンも例外ではなく、これが環境の汚染を引き起こしている。 そ..   (2019-01-22)
 セブ市から車で3時間近くかかるセブ島最北端の町ダアンバンタヤン町(人口9万人近く)の警察署に対して、1月12日、職務怠慢で国家警察本部から全員解任されるというフィリピンでも..   (2019-01-15)
 密輸がフィリピン経済を支えているとまでいわれている中、1月3日、中部フィリピンの主要港であるセブ港で、コンテナに隠された車が発見され密輸車として没収された。  コンテナは..   (2019-01-06)
 住宅販売大手の『積水ハウス』に他人の土地の所有者に成り済まして売り付け、55億円を騙し取った事件の主犯と目される『カミンスカス操』(旧姓小山操・59歳)は、10月に逮捕を免れ..   (2018-12-22)
 第67回ミス・ユニヴァースが12月17日、タイのバンコクで開催されフィリピン代表の『カトリオナ・グレー(24歳)』が選ばれ、同大会でフィリピン代表通算4人目の優勝となった。 フィ..   (2018-12-18)
 東南アジア諸国はエイズ(‘HIV)感染者の多い地域であり、特にタイは97〜99年に感染者数が68万人にまで拡大したが、政府の徹底的な対策などにより2017年の統計では44万人まで減少した..   (2018-12-10)
 セブ島北部西海岸に浮かぶ『バンタヤン島』【図左の島】の面積は約134平方キロあり、この面積はセブのリゾート地として知られる『マクタン島』の2倍以上ある。  島内に3つの町を..   (2018-11-27)
 100年に1度といわれる台風『ヨランダ』(台風30号)がフィリピン中部ヴィサヤ地域のレイテ島、サマール島、セブ島を直撃して11月8日で5年経ったが、進まぬ復興事業に対して被災者は..   (2018-11-08)
 ミス・セブを選出する大会が10月19日にセブ市内のホテルで開催され、セブ市に隣接するマンダウエ市選出の23歳が2018年の栄冠を得た。 この大会はセブ州内の53の自治体の地元選出のミ..   (2018-10-25)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《発車》 泥縄の日本への特定..
セブ・マクタン島で起きた凄惨..
《断水》 マニラ首都圏の水不..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《鉄道》 フィリピン国鉄の延..
フィリピン選挙ラプソディー201..
《統計》 人口爆発止まらず ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《富豪》 フィリピンから17人..
5月13日の選挙とマルコス一族
《予測》 2019年経済成長率 ..
パラワン島/エル・ニド紀行 ..
《責任》 ワクチン接種を巡っ..
ミンダナオ島の不安定要素
《起工》 フィリピン最初の地..
《頭打》 売れ行き不振続く ..
セブから直行便で行く台湾
【前進】 イスラム自治政府設..
フィリピン現代史『エドサ政変..
21《警告》 マニラ湾浄化 沿岸..
22フィリピンの喫煙と禁煙
23《強行》 農民切り捨てにつな..
24セブでヴァレンタイン
25【解禁】 資金力と知名度で決..
26フィリピンの今年は選挙年
27【麻疹】 はしか大流行 40日..
28セブで過ごす 『春節』
29【環境】 マニラ湾の汚染対策..
30【選挙】 上院候補者支持率で..
31バタネス紀行 2017 その-(66..
32【苦境】 2018年新車販売台数..
33バタネス紀行 2017 その-(65..
34【調査】 世界最長 フィリピ..
35【暗雲】 ミンダナオ島で相次..
36セブで打つテニスと大坂なおみ..
37【資本】 全日空がフィリピン..
38セブのシヌログとアメリカ大統..
39【選択】 ミンダナオ島の自治..
40バタネス紀行 2017 その-(64..
41【公然】 韓国の違法ゴミ フ..
42セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
43【影響】 韓国造船大手のフィ..
44【掃除】 セブ島北端にある町..
45《警戒》 選挙に備えて 銃器..
46【減退】 2019年のフィリピン..
47《密輸》 セブ港で摘発 日本..
48《人口》 婚外子が半数以上 ..
49《御用》 フィリピンに逃亡の..
50《人権》 日本のバナナ会社『..
51《栄冠》 手放しでは喜べない..
52【不振】 新車の売れ行き 前..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
《人権》 日本のバナナ会..+ 4865
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 4036
《人口》 婚外子が半数以..+ 3963
《御用》 フィリピンに逃..+ 3401
【不振】 新車の売れ行き..+ 3335
《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 3044
【減退】 2019年のフィリピ..+ 2866
《警戒》 選挙に備えて ..+ 2368
【影響】 韓国造船大手の..+ 2120
【掃除】 セブ島北端にあ..+ 2119
【選択】 ミンダナオ島の..+ 2062
【公然】 韓国の違法ゴミ..+ 2047
セブでパスポートを更新す..+ 1991
バタネス紀行 2017 その-..+ 1964
マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 1916
【暗雲】 ミンダナオ島で..+ 1683
【資本】 全日空がフィリ..+ 1648
【調査】 世界最長 フィ..+ 1498
【選挙】 上院候補者支持..+ 1493
【麻疹】 はしか大流行 40..+ 1458
21バタネス紀行 2017 その-..+ 1458
22【解禁】 資金力と知名度..+ 1436
23バタネス紀行 2017 その-..+ 1318
24【環境】 マニラ湾の汚染..+ 1300
25【苦境】 2018年新車販売台..+ 1233
26パラワンからセブに帰る飛..+ 1212
27バタネス紀行 2017 その-..+ 1090
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1064
29セブで観たNHKの『紅白歌合..+ 1042
30《強行》 農民切り捨てに..+ 982
31バタネス紀行 2017 その-..+ 901
32セブのシヌログとアメリカ..+ 853
33《起工》 フィリピン最初..+ 851
34《警告》 マニラ湾浄化 ..+ 790
35【前進】 イスラム自治政..+ 780
36《頭打》 売れ行き不振続..+ 721
37セブで打つテニスと大坂な..+ 710
38バタネス紀行 2017 その-..+ 697
39《責任》 ワクチン接種を..+ 691
40バタネス紀行 2017 その-..+ 662
41《予測》 2019年経済成長率..+ 597
42セブで過ごす 『春節』+ 585
43フィリピンの今年は選挙年+ 485
44《富豪》 フィリピンから17..+ 457
45フィリピンの喫煙と禁煙+ 410
46セブでヴァレンタイン+ 393
47《統計》 人口爆発止まら..+ 345
48セブから直行便で行く台湾+ 286
49フィリピン現代史『エドサ..+ 278
50《鉄道》 フィリピン国鉄..+ 197
51《断水》 マニラ首都圏の..+ 169
52《発車》 泥縄の日本への..+ 103
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:764,593 今日:19 昨日:100
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.