フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【結末】 拉致されていたドイツ人 アブサヤフが斬首 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【結末】 拉致されていたドイツ人 アブサヤフが斬首

昨年10月6日、ミンダナオ島スールー海で犯罪集団『アブサヤフ』に襲われ、59歳のドイツ人女性が殺されたヨット『Rock All』【写真】の艇長が同組織から拉致され、身代金3千万ペソ(約6500万円)を要求されていた事件で、同組織がインターネット上で公開した映像で、斬首されたことが判明。

 
 フィリピン政府も228日、事実関係を確認した。

 同組織は214日、身代金の支払い期限を226日午後3時までと設定したが、フィリピン政府側は『身代金要求には屈しない』と表明し、大規模な捜索活動を行っていたが、悲惨な結果となった。

 この結果を受けて、ドイツ外務省は犯罪集団に対して強い抗議を示すと共に、フィリピン政府と協力して事件解明に全力を尽くすと表明。

 また、フィリピン国軍高官は斬首される3日前に同事件に関係するアブサヤフ構成員6人を発見し、追跡したものの取り逃がした事実を公表した。

 このため、ドゥテルテ大統領は『我々の対応は不味かった』とドイツ政府に謝罪をし、同時に『身代金要求には応じない』と改めて言明した。

 また、アブサヤフを始めとしたイスラム系犯罪組織が跋扈するミンダナオ島南部海域の治安強化のために、中国政府に協力を要請したことも明らかにし、日本政府による巡視船供与が10隻あり、既に2隻がフィリピンに到着していて残る8隻が到着すればフィリピン沿岸警備隊の巡視能力は改善されると見通しを述べている。

 日本による巡視船供与は安倍政権下で南シナ海の中国の覇権行為に対する封じ込めの一環として行われており、犯罪集団監視向けにミンダナオ島海域に回されるのはどうかと日本側から苦情が出そうだが、ドゥテルテは意に介さず中国、日本を天秤にかけて強化を計っている。


Updated: 2017/03/02 (木) 12:43

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 昨年8月2日、ルソン島中部ラグナ州カブヤオ市(人口33万人以上)にあるヴィレッジ内で82歳(千葉県出身)の邦人女性が自宅で何者かによって殺害された事件で、捜査当局は22歳と15歳..   (2021-02-21)
 フィリピンへの入国が許可される外国人の対象を、2月16日から以下のとおり拡大する。     (1) 2020年3月20日時点で発行済みであり、入国時に有効であるビザを持って..   (2021-02-09)
 大航海時代に世界一周を敢行し、フィリピン・セブ島に寄港したマゼランが隣のマクタン島で戦死して2021年は500年目ということで、フィリピン中央銀行は記念の5000ペソを発行した。 ..   (2021-01-27)
 コロナ防疫体制によって国内の移動は制限され、飛行機へ搭乗する時にはLOA(Letters of Acceptance)と呼ばれる許可証とコロナ陰性証明書が必要となっている。 1月13日、このLOAを偽造した..   (2021-01-14)
 12月14日現在、コロナ感染者数451839人、死者8812人を数える中、フィリピンの民間調査機関が11月21日~25日にかけて18歳以上の1500人を対象に『貧困』の意識調査を行い、その結果が12月14日..   (2020-12-16)
 フィリピンの日本国内における在外公館は東京六本木の大使館、大阪と神戸に総領事館2ヶ所を設置していたが、12月1日をもって総領事館として3ヶ所目になる『名古屋総領事館』を開..   (2020-12-05)
在フィリピン日本国大使館2020/11/18 (水) 11:36より転載●11月17日、セブ市政府は「セブ外の州からセブ市への入域者に係るガイドライン」を発表しました。【本文】フィリピンにお住まいの..   (2020-11-18)
 11月11日、フィリピン国内の新型コロナ感染者数は40万人を超えた。 30万人台を超えたのは10月25日であり、半月余で10万人の感染者を記録し、未だフィリピンは新型コロナの脅威は収ま..   (2020-11-14)
 10月30日現在のフィリピンの新型コロナ感染者数は1日当たりの発症はやや少なくなっているものの、380729人となり、38万人台を突破した。 死者数は7221人で、感染からの回復者は331046人..   (2020-11-01)
 フィリピンの10月20日現在のコロナ感染者数は36万人台を突破し、いくらか1日当たりの感染者発生数は緩やかになっているが、まだ収束への道は遠い。 アセアン加盟10ヶ国の内、当初は..   (2020-10-21)
 観光、ビジネス対象の旅行者を読者に1987年に創刊された、アメリカの旅行誌『コンテナスト・トラベラー』が選んだアジアの『ベスト・アイランド』部門で、セブ島とヴィサヤ地区が..   (2020-10-12)
  フィリピン政府は10月1日からのマニラ首都圏などの新型コロナ防疫措置を発表したが、これによるとマニラ首都圏は前回と同じ一般防疫地域(GCQ)に据え置かれ、経済界から要望さ..   (2020-10-01)
 インターネットの匿名性から言いたい放題、無責任な見解、誹謗中傷を流布することに生きがいを得ている利用者の多さが世界的問題になっているが、フィリピンと韓国間でチョッとし..   (2020-09-10)
 フィリピンの新型コロナ・ウィルス感染者数は8月初めには10万人を超え、8月7日になって12万人の感染、死者数2168人を記録し、インドネシア抜いてアセアン加盟国中、最多という不名誉..   (2020-09-04)
 7月6日時点で、アセアン加盟国10ヶ国中、新型コロナ・ウィルス感染者数1位はインドネシア、2位はシンガポールの44983人であったが、フィリピンは46333人となり、シンガポールを抜いて..   (2020-08-08)
 新型コロナ感染者数を国別に分けると全世界で1位はアメリカ、2位ブラジルと共通して無能力な指導者を持つ国が惨事を引き起こしていて、3位には70万人を突破したインドとなってい..   (2020-07-07)
12345678910,,,32
ニュース コラム ライフ
【苦境】 フィリピン航空..+ 4923
【新設】 3ヶ所目となる在..+ 2796
【実情】 コロナ禍で 貧..+ 2263
【承認】 2021年度国家予算..+ 2099
【大幅】 2020年GDP成長率予..+ 2093
【選挙】 2022年大統領選 ..+ 2067
【労働】 コロナ禍で海外..+ 1946
【逮捕】 セブの空港で ..+ 1938
外交官の品格とは+ 1565
【累計】 新型コロナ感染..+ 1429
コロナ禍のセブ島の様子+ 1228
セブで思う日本の駄菓子屋..+ 1107
セブで迎えるコロナ禍のク..+ 1089
【整理】 フィリピン日産..+ 981
セブのヨット・ハーバーに..+ 902
【調査】 フィリピンの新..+ 831
【独占】 フィリピン初の..+ 742
【英雄】 5000ペソ記念紙幣..+ 704
セブで選ぶ2020年 世界の10..+ 641
【通達】 コロナウイルス..+ 514
21セブで選ぶ2020年 日本の10..+ 497
22フィリピンのワクチンを巡..+ 429
23セブで走るトラックの荷台..+ 313
24【捜査】 82歳邦人独居女性..+ 306
25セブから見たミャンマーの..+ 275
26【操作】 次期大統領選 ..+ 225
27フィリピンのオリンピック..+ 147
28フィリピンの『ジョリビー..+ 115
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:869,021 今日:174 昨日:158
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.