フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【録画】 セブで日系女性が絡む 深夜の路上発砲事件 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【録画】 セブで日系女性が絡む 深夜の路上発砲事件

事件は319日、日曜日の深夜3時頃にセブ州庁舎近くの路上で発生し、その事件の模様がスマートフォンで逐次録画されていたため、事件を巡ってセブのトップ・ニュースとなっている。

 発砲した人物はドゥテルテ政権が違法薬物のヴィサヤ地区の総元締めと見ている人物の甥に当たり、この発砲した人物の父親も事件の前にセブ市内の陸橋でフィリピン人を車で轢き殺した事件を起こし、また米の密輸でとかくの噂がある中国系実業家で、品行の悪い一部中国系の実態がこの事件で明るみになった。

 事件は車の走行を巡って口論となり、容疑者が22口径のピストルで、看護師である被害者に向けて4発発射。うち数発が被害者に当たった。公開された録画
https://www.facebook.com/superbalitacebu/videos/1222229211209169/ではその様子が生々しく写り、口論している容疑者を押しとどめる愛人と見られる日系の女性の姿、発砲する様子、銃弾を受けた被害者が自分の車に戻る様子、その後日系女性が先に助手席に逃げ、容疑者が現場を逃走する様子が記録されている。

 事件発生当初は容疑者を特定できなかったが、被害者が自分のスマートフォンで逃走した容疑者のナンバー・プレートを写していたために判明。

 容疑者が乗り回していた乗用車はセブに何台もない高級車のベンツで、その後、警察当局は容疑者拘束へ向かうために裁判所に逮捕状を請求したが担当判事が発行しなかった。

 それを知ったセブ市長が激怒して容疑者宅へ警察特殊部隊を送る騒ぎになったが、容疑者はいずこへか逃走。そのため、この容疑者の国内及び国外逃亡を阻止するために警戒を出していたが、事件の大きさに観念して容疑者は降参。

 金に物を言わせて法廷闘争への場に持ち込み、容疑者の弁護士によると公開されている録画は裁判では『証拠』にならないと強弁し、重要目撃者でもある容疑者の愛人と見られる日系女性も証人として意味はないと言明し、事件から隠す様子。

 しかしながら、法律の専門家によるとこの日系女性は事件発生後容疑者と一緒に事件現場から率先して逃走しているために『共犯』に当ると見られている。

 なお、この日系女性の本名は公開されているが、日本からの旅行者や一時滞在者ではなく、セブ在住の日本人家族の一人ではないかと推測されている。

 また、容疑者は4発発砲し、銃弾は足の部分に当っていて容疑者には殺意はなかったとの主張に対しては、使われたピストルが小口径であり興奮している状態で発砲すれば、瞬間的に銃口は下方に向き、顔や心臓部を狙っても身体の下部方向に当るため、容疑者に殺意がなかったとは言えず、録画を見ても明らかに被害者に致命傷を与えるよう発砲しているのが分かる。

 この事件は今後、法律的闘いに入って行くが容疑者一族の財力を持てば法曹関係者の買収など簡単で、事件は早くも『金』の問題と囁かれている。

 なお、撃たれた被害者の状態だが快方に向かっているが、この事件は日曜深夜という通常の生活なら寝静まっている時間帯に、不良なセブの青年男女達が高級車を駆って、飲酒運転で遊び回っている一端も明らかにした。

 【写真は発砲容疑者が乗り回していた車の会社】


Updated: 2017/03/22 (水) 09:43

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 10月19日(土曜日)午後7時頃、セブ市に隣接するマンダウエ市にある『Jセンター・モール』内で営業をする貴金属店、両替え所、質屋が武装した強盗団に襲撃された。 強盗団は15人..   (2019-10-20)
 フィリピンの一大産業になっているコールセンターは多くの労働問題を抱えているが、中でも従事する外国人の違法就労が問題になり、取り締まり当局の摘発が相次いでいる。 10月9日..   (2019-10-11)
 年間150万人を集客するマニラ首都圏パサイ市の遊園地『スターシティ』で、10月2日午前0時過ぎに大規模な火災が発生し、首都圏各地より70台以上の消防車が出動し、同日午後2時頃に鎮..   (2019-10-04)
 フィリピン有数の観光地で知られるヴィサヤ地方ボラカイ島で、9月25日午前7時40分頃、21人を乗せて練習していたドラゴン・ボートが強風と高波を受けて転覆し、8人の死亡が確認された..   (2019-09-26)
 日本でも大規模感染中のアフリカ・トン・コレラ(英名classical swine fever=ASF)が、首都圏北方のブラカン州やリサール州で発生した疑いが強まり、隣接する州などでは他州からの豚の持..   (2019-09-19)
 8月18日(日曜日)午前9時50分頃、セブ島西海岸中部にあるトレド市(人口18万人ほど)の中心部で、72歳(本籍茨城県)の邦人男性が自宅入り口近くで頭部を銃撃され死亡した。 銃撃..   (2019-08-21)
 英名でdengue feverと呼ばれるデング熱がフィリピン国内で猛威を振っていて、フィリピン保健省は今年1月から7月下旬までのデング熱罹患者数は16万8000人弱と発表した。 この数字は2015年..   (2019-08-14)
 8月3日、セブ島などヴィサヤ地域に含まれるパナイ島最大の都市イロイロ市(人口50万以上)と、対岸にあるギマラス島間を結ぶボート3隻が相次いで転覆し、これまでに死者28人、行方..   (2019-08-07)
7月19日(金曜日)午前7時40分頃、セブ島南部西海岸にあるボルホオン町(人口約1万7千人)の山間で、町のスポーツ大会に出席するために小学生と引率を乗せた小型ダンプカーが坂道で横..   (2019-07-20)
 日本以上に高学歴でないと就職の難しいフィリピンだが、夏休みを終えた6月から新学期が始まった。 教育省によると新年度における義務教育である児童生徒数は昨年より3%近く増加..   (2019-06-30)
 昨年8月24日、乗用車を運転しセブ市を通る幹線路で信号待ちをしていたセブ市在住の邦人女性(70歳)が、オートバイに乗った2人組に銃撃され死亡した事件で、日本の兵庫県警捜査一課..   (2019-06-14)
 元々フィリピンでは『教育』は成長産業、ビジネスと捉えられていて、私学の多い国と知られるが、大学の専攻学科で一番人気は『看護師』養成コースで、その人気に応えて多くの大学..   (2019-05-02)
 ルソン島北東部カガヤン州のペニャブランカ町(人口5万人以上)にあるカラオ洞窟で5万年~6万年前と推定される手足や歯の化石が発見され、『新人類』であることが鑑定の結果分かり..   (2019-04-16)
 『治安の良くない国』とフィリピンは代名詞のように語られるが、フィリピン国家警察(PNP)は2018年の犯罪認知件数統計を公表した。 認知件数というのは警察に事件として通報され..   (2019-04-05)
 雨の降らない『エル・ニーニョ』現象が続き、フィリピン各地は水不足に見舞われているが、人口の集中するマニラ首都圏では水道の断水が続き、商業活動や日常生活に深刻な影響が出..   (2019-03-19)
 アメリカの経済誌『フォーブス』は資産10億ドル(1100億円)以上を持つ人物の番付を毎年発表しているが、最新となる2019年版によると世界の大富豪は2153人となった。 この数字だが、..   (2019-03-10)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:804,737 今日:10 昨日:162
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.