フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【警告】 エイズ(HIV)感染 アジアで最悪のフィリピン - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【警告】 エイズ(HIV)感染 アジアで最悪のフィリピン

 国連とフィリピン政府が82日に発表した報告書によると、フィリピン国内のHIV(ひと免疫不全ウィルス)感染例は、2010年~2016年間で1.4倍にも達し、アジア地域では最も速い最悪であることが判明した。


 同時期のアジア・太平洋地域では感染例が13%の減少が見られ、HIVに対するフィリピン政府の取り組みと意識啓蒙の遅れていることが露呈した。

 報告によると、フィリピンの感染例は男性と男性による性交渉(MSM)が10例中8例を占める高率で、しかも年齢の低い内にMSMを経験することが多い。

 このMSMグループは平均して16歳くらいから性体験を持ち、フィリピン・カトリック教会の頑迷性から性教育の埒外となり、感染リスクは非常に高いとなっている。

 同様に異性間性交渉による例も増えていて、買春に訪れる外国人に対して感染リスクは相変わらず高いと警告を発している。

 HIV
感染者がフィリピンで激増している背景には、インターネットや携帯電話の普及によって、青年層が簡単に性交渉の相手を見つけ、それが複数にまたがるためという指摘もなされている。

 また、報告ではフィリピン人がHIVについての感染や予防に関する知識を持っているのは全体の35%と低い結果となっている。

 こういった問題について、識者はドゥテルテ政権が第1に重心を置いている違法薬物関与容疑者の殺害政策と並んで、HIV撲滅政策を取るべきと指摘している。

 アジアで最悪のHIV感染者増加を示したフィリピンだが、世界的には撲滅運動が成功していて、2016年のHIVによる死者数は100万人に上ったものの、ピークであった2005年の半分であることが分かった。

 また、新規感染者も過去に一番多かった1997年の350万人から、2016年は180万人と半分に近い数字となっている。

 HIV
の感染者数については1980年代に拡大を始め、これまでに世界では7610万人が感染し、350万人が死に至っている。

 この間、HIVに対する治療や薬剤開発が進み、HIVの増殖を抑える抗レトロウィルス療法では2016年の感染者3670万人の内、1950万人がこの療法を受けていて、延命の効果は出ている。

 こういったHIVの療法に対してWHO(世界保健機構)は、薬剤による療法も万能ではなく、薬剤耐性のあるウィルスが出現し、この耐性ウィルスは他への感染力は強く警戒が必要と注意を促している。

 これは要注意地域であるアフリカ、アジア、中南米の11ヶ国を調べたところ、6ヶ国で薬剤の効かない感染者が10%以上も確認されている。

 このため、他の治療薬への切り替えが必要とされるが、より高価で入手困難な薬剤となり財政負担の懸念も挙げられている。

 この他、エイズワクチンの開発も進んでいるが、この35年間で臨床有効性試験が行われたのは4種類しかなく、HIVの制圧には遠いのが現状である。


Updated: 2017/08/03 (木) 11:22

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
  ルソン島南端アルバイ州にある『マヨン』火山(標高2463m)の活動が活発化し、フィリピン火山地震研究所は、マヨン火山は1月13日午後になって、最初の水蒸気爆発を起こしたため..   (2018-01-16)
 台風26号『ウルドゥハ』で大きな被害を受けた北部ヴィサヤ地方に続いて、台風27号『ヴィンタ』がミンダナオ島北部から西部に抜けて同地域に大きな被害をもたらした。 台風の多い..   (2017-12-26)
 オーストラリア人3人の乗るヨットが、ミンダナオ島北端近海で船体に穴が開いて沈没。ブイに掴まって6日間漂流した後、12月17日にミンダナオ島北端にあるデナガット島沖で地元漁師に..   (2017-12-23)
 2017年最後の台風となりそうな『ウルドゥハ』(台風26号)は、12月16日から17日にかけてヴィサヤ地方のサマール島、レイテ島に上陸しそのまま横断。 この襲来によってレイテ島西北端..   (2017-12-18)
 日本の外務省は毎年『海外邦人援護』の統計を公表しているが、12月12日、2016年の数字を発表した。         この統計は世界各地にある日本の在外公館が扱った海外在住邦人..   (2017-12-13)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
 今年のミス・セブはサン・カルロス大学で観光コースを学ぶ22歳の学生『Apriel Smith=エイプリル・スミス』が栄冠を勝ち取った。 彼女はセブ島西岸にあるダイヴィングで知られるバジ..   (2017-10-31)
『ヴィザなし(入国時に取得可能を含めて)でどれだけの国に入国できるか』で、パスポート発行国の順位を決めるランキング最新版がカナダの会社から発表された。 これによるとフィリ..   (2017-10-26)
 フィリピンはインド、中国に次ぐ世界第3位のバナナ生産国でその多くは日本へ輸出されている。【写真はスミフルに対する現地の抗議行動】 日本のバナナ輸入量は2015年度には約96..   (2017-10-20)
 110ヶ国に5700軒のホテルを所有し、客室数は110万室に達する世界最大のホテル・チェーンである『マリオット』が、セブ市で営業中の『セブ・マリオット・ホテル』【写真】から手を引..   (2017-10-14)
  マニラ首都圏は世界有数の過密都市で、人口は現在1300万人以上を抱えるが、公共の大量輸送設備は貧弱で、増え続ける車に対する施策も後手後手に回り、首都圏の交通渋滞は『地獄..   (2017-10-01)
 アジア地域はHIV感染者の多い地域であったが、対策の効果があってタイ、カンボジア、ヴェトナムなどは減少傾向にある。 しかしながら、フィリピンは国連合同エイズ計画(UNAIDS)の..   (2017-09-20)
 13年前の2004年1月31日に発生した『茨城大農学部女子学生レイプ殺人事件』は9月2日、捜査を進めていた茨城県警によって、フィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ(35歳)が逮捕さ..   (2017-09-06)
12345678910,,,27
ニュース コラム ライフ
【管理】 海外で働くフィリピ..
セブからプーケットへ
【避難】 マヨン火山に大噴火..
セブで迎える2017年の大晦日
【避難】 異例のクリスマス台..
【企業】 ホテルオークラ 放..
バタネス紀行 2017 その-(20..
【漂流】 ミンダナオ島沖で ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【最大】 総額3兆7670億ペソ 2..
気に食わない2017年の5人
【被害】 台風『ウルドゥハ』..
バタネス紀行 2017 その-(19..
【浪費】 ミンダナオ鉄道敷設..
セブから消えるマリオット・ホ..
【強権】 マルコス独裁に近づ..
【多忙】 在比日本国大使館の..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【犯罪】 中国からの密輸続く..
バタネス紀行 2017 その-(18..
21【開発】 国内空港関連事業 ..
22小さな旅 ボホール島篇 2017..
23【騒動】 デング熱ワクチン ..
24個人崇拝と全体主義
25【凶行】 カガヤン・デ・オロ..
26バタネス紀行 2017 その-(17..
27【司法】 違法薬物取締政策の..
28小さな旅 ボホール島篇 2017..
29【調査】 日本の製造業の有望..
30台風『ヨランダ』から4年経っ..
31【天国】 セブ港で コンテナ..
32バタネス紀行 2017 その-(16..
33【胡乱】 操作した疑いを持た..
34小さな旅 ボホール島篇 2017..
35【統計】 GDP第3四半期成長率..
362017年の万聖節
37【怠慢】 台風『ヨランダ』被..
38バタネス紀行 2017 その-(15..
39【激減】 ドゥテルテの選挙公..
40小さな旅 ボホール島篇 2017..
41【癒着】 フィリピン航空 巨..
42【薬物】 ドゥテルテの思い付..
43モールの客寄せ用に設置する政..
44【選出】 ミス・セブ2017は ..
45【順位】 フィリピンのパスポ..
46【労働】 住友商事傘下のミン..
47【内戦】 ミンダナオ島マラウ..
48【恒例】 2017年度フィリピン..
49【契約】 セブのマリオット・..
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【恒例】 2017年度フィリピ..+ 3754
【内戦】 ミンダナオ島マ..+ 3467
【契約】 セブのマリオッ..+ 3442
【順位】 フィリピンのパ..+ 3410
【労働】 住友商事傘下の..+ 3207
【薬物】 ドゥテルテの思..+ 3173
【激減】 ドゥテルテの選..+ 2971
【選出】 ミス・セブ2017は..+ 2729
【凶行】 カガヤン・デ・..+ 2687
【癒着】 フィリピン航空..+ 2647
【胡乱】 操作した疑いを..+ 2630
【天国】 セブ港で コン..+ 2495
【犯罪】 中国からの密輸..+ 2388
【騒動】 デング熱ワクチ..+ 2275
【怠慢】 台風『ヨランダ..+ 2250
【司法】 違法薬物取締政..+ 2170
【強権】 マルコス独裁に..+ 1990
【統計】 GDP第3四半期成長..+ 1858
【最大】 総額3兆7670億ペソ..+ 1838
【調査】 日本の製造業の..+ 1825
21【多忙】 在比日本国大使..+ 1614
22【開発】 国内空港関連事..+ 1581
23【被害】 台風『ウルドゥ..+ 1478
24【浪費】 ミンダナオ鉄道..+ 1330
25【企業】 ホテルオークラ..+ 1305
26台風が日本を直撃しなかっ..+ 1262
27ボホール島 2017年 その-4..+ 1261
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1254
29個人崇拝と全体主義+ 1231
30セブで日本の選挙の投票を..+ 1223
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1213
32バタネス紀行 2017 その-..+ 1207
33モールの客寄せ用に設置す..+ 1204
34小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1203
35ボホール島 2017年 その-5..+ 1187
36【漂流】 ミンダナオ島沖..+ 1179
37バタネス紀行 2017 その-..+ 1172
38小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1166
39バタネス紀行 2017 その-..+ 1138
40【避難】 異例のクリスマ..+ 1133
41台風『ヨランダ』から4年経..+ 1090
42セブから消えるマリオット..+ 1064
43バタネス紀行 2017 その-..+ 1064
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1061
45気に食わない2017年の5人+ 1051
46バタネス紀行 2017 その-..+ 1044
47小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1035
48【避難】 マヨン火山に大..+ 459
49【管理】 海外で働くフィ..+ 263
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:683,323 今日:236 昨日:153
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.