フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【最多】 エイズ新規感染者 フィリピンはアジアの中で赤信号 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【最多】 エイズ新規感染者 フィリピンはアジアの中で赤信号

 タイ、カンボジア、ヴェトナムなど新規エイズ(HIV)感染数が減少傾向の中、2017年度のフィリピンの感染及び発症者は合計11103人となり、これは統計を取り始めて初めて1万人を超えて過去最多になったと、フィリピン厚生省は2月中旬に発表した。


 
 この内訳は新規感染者数は9688人、新規発症者は1415人となっている。

 また、2017年度のエイズによる死者は497人となり、これで統計を取り始めた1984年からの累計死者数は2466人となった。

 エイズ感染者は1985年には6人であったが、その11年後の1996年に100人を超え、2010年には一桁上がって1000人台に達している。

 その後、新規感染者数は急激に増え、2015年に7328人、2016年に8151人と急カーブで増え続け勢いは止まらない。

 これは確実に感染を防げる『コンドーム』使用を嫌がるフィリピンの国民性と、コンドーム使用自体がフィリピン・カトリック教会から忌避されている事情も多分に強い。

 このコンドームに関しては、ドゥテルテ大統領が『使うと気持ちが良くない』などと公の場所でヌケヌケと言い放つこともあり、エイズ感染を助長しているとの批判もある。

 2017
年度の新規エイズ感染、発症者の男女別割合だが90%以上に上る10586人が男性であった。

 特に男性間の性交渉で感染する例が多く、その場合でもコンドームを使うよう厚生省は注意を促している。

 また、年齢別では15歳~24歳が3451人、25歳~34歳が5581人と、若年層の感染、発症が急増している。

 地域別ではマニラ首都圏が最多で3981人、隣接するカラバルソン地域が1807人、中部ルソン地域が1153人と続き、ルソン島で急増しているが、ヴィサヤ地域セブなど人口の多い都市部に新規感染、発症者が多く例外の地域はない。

 フィリピンの特徴として海外で就労中に感染する例が多く、2017年度の新規感染者は814人となった。

 この新規感染、発症について厚生省はエイズ教育の啓蒙を計り、簡易な測定で血液検査を行うようキャンペーンを始めているが、歯止めが効いて効果が出るかどうかは未知数。

 同様にエイズ感染者が急増する中、海外から買春に来る外国人旅行者に対しても、買春は感染リスクが高いと注意を喚起している。

 【写真はエイズ・ウィルスがリンパ球に結合している様子】


Updated: 2018/03/01 (木) 10:40

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 マニラ首都圏から南に60キロの地域にあるタアル湖は観光地として有名で、この湖は二重式カルデラ湖で面積は234平方キロあり、中央に標高311メートルの火山を持つ島がある。 この火..   (2020-01-17)
 2018年8月24日、セブ市で車を運転していた妻(当時71歳)に対して、殺害を指示したとして殺人罪で起訴されていた夫(78歳)に神戸地裁は懲役17年の判決を下した。 夫と妻は1990年代か..   (2019-12-13)
 10月19日(土曜日)午後7時頃、セブ市に隣接するマンダウエ市にある『Jセンター・モール』内で営業をする貴金属店、両替え所、質屋が武装した強盗団に襲撃された。 強盗団は15人..   (2019-10-20)
 フィリピンの一大産業になっているコールセンターは多くの労働問題を抱えているが、中でも従事する外国人の違法就労が問題になり、取り締まり当局の摘発が相次いでいる。 10月9日..   (2019-10-11)
 年間150万人を集客するマニラ首都圏パサイ市の遊園地『スターシティ』で、10月2日午前0時過ぎに大規模な火災が発生し、首都圏各地より70台以上の消防車が出動し、同日午後2時頃に鎮..   (2019-10-04)
 フィリピン有数の観光地で知られるヴィサヤ地方ボラカイ島で、9月25日午前7時40分頃、21人を乗せて練習していたドラゴン・ボートが強風と高波を受けて転覆し、8人の死亡が確認された..   (2019-09-26)
 日本でも大規模感染中のアフリカ・トン・コレラ(英名classical swine fever=ASF)が、首都圏北方のブラカン州やリサール州で発生した疑いが強まり、隣接する州などでは他州からの豚の持..   (2019-09-19)
 8月18日(日曜日)午前9時50分頃、セブ島西海岸中部にあるトレド市(人口18万人ほど)の中心部で、72歳(本籍茨城県)の邦人男性が自宅入り口近くで頭部を銃撃され死亡した。 銃撃..   (2019-08-21)
 英名でdengue feverと呼ばれるデング熱がフィリピン国内で猛威を振っていて、フィリピン保健省は今年1月から7月下旬までのデング熱罹患者数は16万8000人弱と発表した。 この数字は2015年..   (2019-08-14)
 8月3日、セブ島などヴィサヤ地域に含まれるパナイ島最大の都市イロイロ市(人口50万以上)と、対岸にあるギマラス島間を結ぶボート3隻が相次いで転覆し、これまでに死者28人、行方..   (2019-08-07)
7月19日(金曜日)午前7時40分頃、セブ島南部西海岸にあるボルホオン町(人口約1万7千人)の山間で、町のスポーツ大会に出席するために小学生と引率を乗せた小型ダンプカーが坂道で横..   (2019-07-20)
 日本以上に高学歴でないと就職の難しいフィリピンだが、夏休みを終えた6月から新学期が始まった。 教育省によると新年度における義務教育である児童生徒数は昨年より3%近く増加..   (2019-06-30)
 昨年8月24日、乗用車を運転しセブ市を通る幹線路で信号待ちをしていたセブ市在住の邦人女性(70歳)が、オートバイに乗った2人組に銃撃され死亡した事件で、日本の兵庫県警捜査一課..   (2019-06-14)
 元々フィリピンでは『教育』は成長産業、ビジネスと捉えられていて、私学の多い国と知られるが、大学の専攻学科で一番人気は『看護師』養成コースで、その人気に応えて多くの大学..   (2019-05-02)
 ルソン島北東部カガヤン州のペニャブランカ町(人口5万人以上)にあるカラオ洞窟で5万年~6万年前と推定される手足や歯の化石が発見され、『新人類』であることが鑑定の結果分かり..   (2019-04-16)
 『治安の良くない国』とフィリピンは代名詞のように語られるが、フィリピン国家警察(PNP)は2018年の犯罪認知件数統計を公表した。 認知件数というのは警察に事件として通報され..   (2019-04-05)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
【強盗】 東横インのある..+ 2615
《調査》 ビジネス環境躍..+ 1213
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 758
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 380
【判決】 2018年のセブ島射..+ 339
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 337
《実現》 ようやく2021年に..+ 264
【噴火】 タアル火山が活..+ 260
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 157
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 139
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 100
台湾の選挙中の台湾旅行+ 83
【結果】 2019年の経済成長..+ 74
飽き飽きするセブの『シヌ..+ 20
+
+
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:813,626 今日:15 昨日:88
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.