フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《栄冠》 手放しでは喜べない ミス・ユニヴァース優勝のフィリピン代表 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  《栄冠》 手放しでは喜べない ミス・ユニヴァース優勝のフィリピン代表

 第67回ミス・ユニヴァースが1217日、タイのバンコクで開催されフィリピン代表の『カトリオナ・グレー(24歳)』が選ばれ、同大会でフィリピン代表通算4人目の優勝となった。

 フィリピン代表の優勝は1969年が初めてで、次いで1973年、その後優勝には遠ざかっていたが、2015年に42年ぶりに優勝し、今回に続いた。

 これは国別で見ると、1位はアメリカ(8回)、2位ヴェネズエラ(7回)、3位アメリカ自治区プエルト・リコ(5回)に次ぐ優勝者数で、アジア地域ではタイ、インド、日本がそれぞれ2回で4回優勝のフィリピンは最多の国となった。

 こういった快挙にフィリピンは手放しで喜んでいるが、今回優勝者は2016年の『ミス・ワールド』フィリピン代表に選出され、世界大会では5位に入賞している過去を持ち、ミス・コンテスト世界三大大会を渡り歩く人物として論議を呼んでいる。

 このようにミス・コンテストを渡り歩く人物は多いが、カトリオナ・グレーの場合は2018年のミス・ユニヴァース国内選考会では主催者に参加を認めるよう運動し、認められた経緯があった。

 この国内大会では
フィリピン各地から39人が参加したが、2016年ミス・ワールドの重石が効いて優勝するが、『出来レース』『八百長』との声も国内では高かった。

 同人の父親はスコットランド系オーストラリア人で、母親はルソン島南部のアルバイ州出身だが、このように近年のフィリピンのミス・コンテスト優勝者は、両親がフィリピン人で本人もフィリピン居住者というのは珍しくなくなった。

 そのため、
2重国籍を持つ人物はコンテストに都合の良い国で出場することとなり、国別の候補者の分け方は今や古いとまでいわれている。

 今回優勝した同人もフィリピンとオーストラリアの
2重国籍を持ち、職業はモデル、歌手で、ジャズなど現代音楽分野で著名な音楽学校のアメリカ・バークリーで学んでいる。

 2018
年ミス・ユニヴァース世界大会は史上初めてトランスジェンダーがスペインから参加し話題を呼んだが、これは2012年のカナダ国内選考会でトランスジェンダーの参加者を失格として、批判を浴びたことから変わったもので、ミス・コンテスト史に新たな1ページを加えた。

 一方、アメリカ代表など英語圏の参加者によるアジアからの参加者に対する人種差別、誹謗が公になって、当の参加者達の頭の中身はアメリカ大統領トランプと同じ幼稚園並みとの批判もあった。

 こういった見世物状態のミス・コンテストは男性によるセクハラ、パワハラの巣窟で、こういった前近代的なショーは行うべきではないとの意見も強く、女性の社会進出が進んでいながら、ミス・コンテスト大好きのフィリピンも美女を輩出していると喜んでいられる時代ではなくなった。

【写真は前年優勝者から王冠を乗せてもらうカトリオナ・グレー】


Updated: 2018/12/18 (火) 11:00

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 セブ市から車で3時間近くかかるセブ島最北端の町ダアンバンタヤン町(人口9万人近く)の警察署に対して、1月12日、職務怠慢で国家警察本部から全員解任されるというフィリピンでも..   (2019-01-15)
 密輸がフィリピン経済を支えているとまでいわれている中、1月3日、中部フィリピンの主要港であるセブ港で、コンテナに隠された車が発見され密輸車として没収された。  コンテナは..   (2019-01-06)
 住宅販売大手の『積水ハウス』に他人の土地の所有者に成り済まして売り付け、55億円を騙し取った事件の主犯と目される『カミンスカス操』(旧姓小山操・59歳)は、10月に逮捕を免れ..   (2018-12-22)
 第67回ミス・ユニヴァースが12月17日、タイのバンコクで開催されフィリピン代表の『カトリオナ・グレー(24歳)』が選ばれ、同大会でフィリピン代表通算4人目の優勝となった。 フィ..   (2018-12-18)
 東南アジア諸国はエイズ(‘HIV)感染者の多い地域であり、特にタイは97〜99年に感染者数が68万人にまで拡大したが、政府の徹底的な対策などにより2017年の統計では44万人まで減少した..   (2018-12-10)
 セブ島北部西海岸に浮かぶ『バンタヤン島』【図左の島】の面積は約134平方キロあり、この面積はセブのリゾート地として知られる『マクタン島』の2倍以上ある。  島内に3つの町を..   (2018-11-27)
 100年に1度といわれる台風『ヨランダ』(台風30号)がフィリピン中部ヴィサヤ地域のレイテ島、サマール島、セブ島を直撃して11月8日で5年経ったが、進まぬ復興事業に対して被災者は..   (2018-11-08)
 ミス・セブを選出する大会が10月19日にセブ市内のホテルで開催され、セブ市に隣接するマンダウエ市選出の23歳が2018年の栄冠を得た。 この大会はセブ州内の53の自治体の地元選出のミ..   (2018-10-25)
 大統領がフィリピンで著名な観光地ボラカイ島の海を見て、『汚水溜め』と指摘したのは2018年度の最も的を得た発言であり、大統領在任中の名言として後世に残るとされている。 そ..   (2018-10-20)
 日本の自衛隊が海外に派遣されて、他の国と合同軍事訓練をしている事実は防衛省の体質もあって、どのように展開しているのか詳らかにされていない面が多い。 日本の海兵隊といわ..   (2018-10-08)
 8月24日にセブ市の路上で、自動車を運転し交差点で停まった時に銃撃され、死亡したセブ市在住の71歳の邦人女性の殺害を指示したのは、夫の疑いが濃いと捜査当局は発表した。 同事..   (2018-09-27)
 人口が爆発的に膨張しているフィリピンは、住宅地開発が進み、従来であったら人の住まない山裾や急斜面に家を建てている例が多くなった。 9月16日前後にルソン島北部を通り過ぎた..   (2018-09-21)
 戦後にアメリカ軍が払下げたジープを改造して、乗り合いバスのように仕立てた『ジプニー』【写真】は交通渋滞、大気汚染の元凶として批判されているが、貧弱な交通インフラしかな..   (2018-09-20)
 ドゥテルテ大統領の『ボラカイ島の海は汚水溜め』発言から、観光客の立ち入りが4月26日から半年間禁止されている同島では、下水道処理設備、違法建築の撤去など環境整備が行われて..   (2018-09-03)
 8月24日と26日、日本人女性と韓国人男性が、相次いで何者かに銃撃されて死亡したが、どちらもセブを基盤に事業を展開していて、在留する外国人から安全と見られていたセブの治安面..   (2018-08-27)
 カメレオンと異名をとる性格俳優の『安田顕』が主演する日本映画『愛しのアイリーン』が9月より日本で公開がされるが、同作品にはセブ・マクタン島出身の女優が共演している。 ..   (2018-08-23)
12345678910,,,29
ニュース コラム ライフ
セブで観たNHKの『紅白歌合戦』..
【影響】 韓国造船大手のフィ..
バタネス紀行 2017 その-(63..
【掃除】 セブ島北端にある町..
《警戒》 選挙に備えて 銃器..
バタネス紀行 2017 その-(62..
パラワンからセブに帰る飛行機..
【減退】 2019年のフィリピン..
《密輸》 セブ港で摘発 日本..
バタネス紀行 2017 その-(61..
《人口》 婚外子が半数以上 ..
バタネス紀行 2017 その-(60..
《御用》 フィリピンに逃亡の..
セブでパスポートを更新する
バタネス紀行 2017 その-(59..
《人権》 日本のバナナ会社『..
《栄冠》 手放しでは喜べない..
マニラ逍遥 2018年 その(10)..
【不振】 新車の売れ行き 前..
バタネス紀行 2017 その-(58..
21《麻痺》 理由は何とでもつけ..
22フィリピン攻撃は真珠湾攻撃よ..
23《急増》 エイズ感染一日平均..
24マニラ逍遥 2018年 その(9)..
25《減速》 続く物価上昇 11月..
26セブで映画『ボヘミアン・ラプ..
27《強権》 ミンダナオ島の戒厳..
28バタネス紀行 2017 その-(57..
29《観光》 セブ島北部バンタヤ..
30マニラ逍遥 2018年 その(8)..
31【風化】 マギンダナオ虐殺事..
32バタネス紀行 2017 その-(56..
33《悪化》 5人に1人は失業中 ..
34【鉄槌】 汚職の果て イメル..
35マニラ逍遥 2018年 その(7)..
36【不満】 進まぬ復興事業 台..
37バタネス紀行 2017 その-(55..
38《微増》 1日当たり25ペソ 首..
39マニラ逍遥 2018年 その(6)..
40【深謀】 政府要職に軍と警察..
41バタネス紀行 2017 その-(54..
42【行事】 2018年ミス・セブは..
43【老害】 2019年選挙の候補者..
44《雇用》 ミンダナオ島の日系..
45【観光】 遅きに失す ようや..
46【蠢動】 2019年選挙前哨戦 ..
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【老害】 2019年選挙の候補..+ 3259
【蠢動】 2019年選挙前哨戦..+ 3195
【鉄槌】 汚職の果て イ..+ 2954
【深謀】 政府要職に軍と..+ 2849
【行事】 2018年ミス・セブ..+ 2813
《雇用》 ミンダナオ島の..+ 2753
【観光】 遅きに失す よ..+ 2481
【不満】 進まぬ復興事業..+ 2253
《微増》 1日当たり25ペソ..+ 2227
【風化】 マギンダナオ虐..+ 2172
《強権》 ミンダナオ島の..+ 2144
《人権》 日本のバナナ会..+ 2032
《麻痺》 理由は何とでも..+ 1978
《悪化》 5人に1人は失業中..+ 1838
《観光》 セブ島北部バン..+ 1834
《急増》 エイズ感染一日..+ 1765
《栄冠》 手放しでは喜べ..+ 1655
《減速》 続く物価上昇 11..+ 1435
《人口》 婚外子が半数以..+ 1423
【不振】 新車の売れ行き..+ 1411
21マニラ逍遥 2018年 その(7..+ 1257
22バタネス紀行 2017 その-..+ 1252
23マニラ逍遥 2018年 その(6..+ 1216
24バタネス紀行 2017 その-..+ 1205
25マニラ逍遥 2018年 その(5..+ 1150
26バタネス紀行 2017 その-..+ 1146
27《御用》 フィリピンに逃..+ 1131
28バタネス紀行 2017 その-..+ 1124
29マニラ逍遥 2018年 その(4..+ 1106
30セブで映画『ボヘミアン・..+ 1103
31バタネス紀行 2017 その-..+ 1064
32マニラ逍遥 2018年 その(8..+ 1060
33バタネス紀行 2017 その-..+ 1006
34フィリピン攻撃は真珠湾攻..+ 967
35マニラ逍遥 2018年 その(9..+ 927
36セブでパスポートを更新す..+ 919
37マニラ逍遥 2018年 その(1..+ 907
38バタネス紀行 2017 その-..+ 901
39バタネス紀行 2017 その-..+ 860
40【減退】 2019年のフィリピ..+ 792
41《密輸》 セブ港で摘発 ..+ 638
42バタネス紀行 2017 その-..+ 370
43《警戒》 選挙に備えて ..+ 307
44バタネス紀行 2017 その-..+ 294
45【掃除】 セブ島北端にあ..+ 210
46【影響】 韓国造船大手の..+ 156
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:753,946 今日:163 昨日:254
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.