フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【惨劇】 セブの銃撃殺人 中国人外交官夫婦の身柄を中国側に引き渡し - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【惨劇】 セブの銃撃殺人 中国人外交官夫婦の身柄を中国側に引き渡し

 事件は1021日午後1時半頃、9月に着任したばかりの中国セブ領事館総領事自身の誕生パーティーが開かれていたレストラン個室で発生。

         
 個室には当時9人と言う少人数しか居なかったが、そこに出席していた同領事館に勤務していた男(60歳)と1等書記官としてヴィザ業務を行っていた妻(57歳)が出席者と口論の末に、持っていた45口径のピストルを発射。

 発砲によって同領事館会計担当館員(女性)と男性領事の2人が病院に緊急搬送されるも死亡。

 また、当日の主役だった総領事は首に被弾したものの生命には別条なかった。

 外交官同士の殺人としてセブはおろかフィリピンでも前代未聞の事件だが、犯人夫婦は犯行後、レストランから逃走し、3キロほど離れた同領事館で身柄を確保されたが、同夫婦はウィーン条約に定められた『外交官の不逮捕特権』を主張し、警察の取り調べにも黙秘して事件は膠着していた。

 しかし、中国外務省が『身内の恥』を隠蔽するために乗り出し、犯行後に国家警察セブ署に拘束されていた夫婦は同月23日、マクタン・セブ国際空港より中国・厦門(アモイ)行きの直行便で出国した。この際、中国側から多数の警官が乗って来たと言われるが、この処置でフィリピン側の捜査は及ばぬ事となり事件解明は闇に葬られた。

 事件の原因は射殺された会計担当者と犯行夫婦の『金銭トラブル』とささやかれていて、実際射殺された会計責任者の銃撃後の写真には頭部に銃弾を受けてうつ伏せに横たわる写真が地元新聞に掲載され、至近距離から頭部を確実に狙った計画殺人と見られている。

 また犯行に使われた45口径はマニラ首都圏バレンスエラ市で過去に押収された銃で、何らかの経緯で夫婦が手に入れたと見られているが解明は不可能になった。

 こういったフィリピン側の弱腰に対して、識者は『外交官の不逮捕特権』は重大刑事犯罪や破廉恥罪には適用されず、今回の事件は殺人と言う凶悪犯罪のためにフィリピン捜査当局は逮捕できると指摘している。

 フィリピン側が弱気だったのは、中国人同士の犯罪のため無関心を装いたかったためと、フィリピン経済を牛耳る中国系フィリピン人の圧力があったためと言われるが真相は不明である。

 また、一般のフィリピン人もこの事件に関して盛り上がらず、かつて米兵が婦女暴行で捕えられ、その身柄と裁判を巡ってアメリカに対して猛然とした抗議活動が行われた事を考えると、今回の事件はあまりにも無関心すぎるのが特徴で、中国政府もそれを狙っているようだ。

 また、フィリピンの店や銀行には当たり前の様に必ず銃を携帯したセキュリティーが入口付近で警備をするものの、今回の事件で易々と犯行後の犯人夫婦の逃走を許したことで、全く当てにならない事が立証され、過度に期待、依頼することは危険と証明された。

 【写真は事件のあったレストラン近くの通りの様子】


Updated: 2015/10/25 (日) 10:44

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 任期の1年延長が承認されていたマニラ日本人学校(MJS)【写真は校舎の一部】の校長が、日本の文部科学省の決定により取り消され、この3月一杯をもって日本へ帰任することが明らか..   (2016-03-01)
 警察、軍隊と本来規律が求められる組織なのにフィリピンでは汚職者が絶えず、従来から噂されていた国家警察の銃器登録にからむ汚職事件がこのほど明るみになった。 事件は2015年11..   (2016-02-24)
  フィリピン厚生省はこのほどエイズ・ウィルス(HIV)に関して2015年度の国内統計を発表した。 それによると、新規感染者は前年度と比べて1800人以上増加となる7829人となった。 厚..   (2016-02-09)
 今の日本は天皇などと呼びつけてはいけないおかしな風潮になっているが、1月26日、天皇・皇后は1962年に訪れて以来、54年ぶりにフィリピンの地を踏まれた。 2人は皇太子・妃時代の..   (2016-02-01)
 日本人や韓国人が一番殺される国として、レッテルを張られているフィリピンは、捜査当局の能力のなさから犯人検挙に至る例は少なく、多くは迷宮入りとなっている。 その捜査当局..   (2016-01-21)
 世界の国際空港の中で最悪といわれているマニラ国際空港で、ターミナルを出て待ち受けているタクシーに乗って、高額なタクシー代金を請求される事件が頻発している。 マニラ国際..   (2016-01-13)
 1月はフィリピン各地で カトリック関連の大きな祭りの行われる月で、17日、セブ市の『シヌログ』、同日パナイ島カリボ町の『アティアティハン』、23日、パナイ島イロイロ市の『デ..   (2016-01-11)
        例年各地で繰り広げられる花火騒ぎの事故に対して、厚生省は集計をしているが、これによると2015年12月21日から2015年1月2日までの死傷者数は計459人となり、昨年より4..   (2016-01-03)
 アメリカ・ラスヴェガスで12月20日に開催された『ミス・ユニバース』世界大会で、フィリピン代表が優勝し、この大会フィリピン代表では3度目の優勝者となった。 優勝したのはドイ..   (2015-12-22)
 国連開発計画(UNDP)が1990年から毎年発表している『人間開発報告書=Human Development Report=HDR』2015年度版によると、フィリピンは調査国・地域188の中で115位となった。 HDRは各種の調査..   (2015-12-15)
 事件は2014年10月半ばに、ルソン島中部サンバレス州オロンガポ市で発生した。 被告のアメリカ海兵隊員は、同地で被害者を女性と思って買春し、ホテルにチェックインして被害者が性..   (2015-12-06)
 マニラ国際空港のX線検査時に『銃弾』を所持しているとして搭乗客などが逮捕される事件が頻発。 銃弾は乗客の手荷物検査の時に係員が入れ、それを材料に口止め料と称して係員が..   (2015-11-25)
               この事件は9月21日、ミンダナオ島ダヴァオ市沖にあるサマル島の高級リゾートで発生し、犯行グループと見られるイスラム系武闘組織が宿泊して..   (2015-11-06)
 乗客が空港でX線装置を通る時に、係員に預けた手荷物の中に隙を見て『銃弾』を入れ、それをタネに口止め料を要求する悪辣な係員が、マニラ国際空港には蔓延っていて、当局から手..   (2015-10-28)
 事件は10月21日午後1時半頃、9月に着任したばかりの中国セブ領事館総領事自身の誕生パーティーが開かれていたレストラン個室で発生。          個室には当時9人と言う..   (2015-10-25)
 フィリピンに在留する一部の日本人のいかがわしさは昔から言われている中、ダヴァオ市で日本の食材店を経営する小倉義一(59歳)とそのフィリピン人妻(57歳)が、日本の警視庁に..   (2015-10-20)
12345678910,,,30
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:785,575 今日:17 昨日:120
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.