フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【許可】 セブで違法営業のレストラン 市が強制閉店 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【許可】 セブで違法営業のレストラン 市が強制閉店

 セブ市内に2店、マクタン島に1店を構える『Rico's Lechonリコス・レチョン)』のセブの店舗がセブ市長によって閉鎖に追い込まれた【写真は同店の持ち帰り用容器】。


 閉鎖は営業許可を取得していないことを理由にしているが、マクタン島の方はラプラプ市の管轄のために閉鎖命令は及ばなかった。



セブ市内の2店の内、最初に開業した店は開業以来5年間、営業許可証は取得していたものの更新せず、昨年開業したもう1店は営業許可を取得していなかった。

 このため、市当局は警告書を6月と7月に同店に送付したが、受け取った同店は応じず今回の閉鎖命令が発令された。

 閉鎖された2店舗正面にはセブ市からの閉鎖命令が書かれた幕が張られ、閉鎖を命令したセブ市長は『このような違反店は再開する可能性はない』と取材陣に話している。

 フィリピンにおいて営業許可を取らずに営業する飲食店は多く、『一罰百戒』の意味もあって時々閉鎖命令は出ることもあるが、氷山の一角である。

 特に地元自治体の有力者と業者がつるんでいる場合が多く、多少の違法行為は目こぼしという傾向が強い。

 閉鎖命令を出したセブ市長は『気分屋』の評価もあって、たまたま摘発された同店は運が悪かったのではとの話も流れている。

 今回は営業許可という根本的な問題で摘発されているが、営業許可を取ってはいるものの、近隣に夜通しの大音量で迷惑をかけているマンダウエ市にあるバーと称するディスコなど、摘発して欲しいという怨嗟の声が挙がる店もある。

 特に違法路上駐車、飲酒運転助長、未成年者の出入りなど警察が取り締まる違反行為も地元警察は取り締まらず、その怠慢ぶりに批判に上がっている。

 こういった野放し状態になっているのは、この店はマンダウエ市長一族が持つ敷地内で営業しているため、あるいは市長と縁戚関係にあるため勝手放題などといわれている。

 そういった意味ではとかくの批判はあるセブ市長が、断固たる態度で違法営業店を取り締まったことは評価できるとの声も高い。


Updated: 2017/08/07 (月) 11:25

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
 今年のミス・セブはサン・カルロス大学で観光コースを学ぶ22歳の学生『Apriel Smith=エイプリル・スミス』が栄冠を勝ち取った。 彼女はセブ島西岸にあるダイヴィングで知られるバジ..   (2017-10-31)
『ヴィザなし(入国時に取得可能を含めて)でどれだけの国に入国できるか』で、パスポート発行国の順位を決めるランキング最新版がカナダの会社から発表された。 これによるとフィリ..   (2017-10-26)
 フィリピンはインド、中国に次ぐ世界第3位のバナナ生産国でその多くは日本へ輸出されている。【写真はスミフルに対する現地の抗議行動】 日本のバナナ輸入量は2015年度には約96..   (2017-10-20)
 110ヶ国に5700軒のホテルを所有し、客室数は110万室に達する世界最大のホテル・チェーンである『マリオット』が、セブ市で営業中の『セブ・マリオット・ホテル』【写真】から手を引..   (2017-10-14)
  マニラ首都圏は世界有数の過密都市で、人口は現在1300万人以上を抱えるが、公共の大量輸送設備は貧弱で、増え続ける車に対する施策も後手後手に回り、首都圏の交通渋滞は『地獄..   (2017-10-01)
 アジア地域はHIV感染者の多い地域であったが、対策の効果があってタイ、カンボジア、ヴェトナムなどは減少傾向にある。 しかしながら、フィリピンは国連合同エイズ計画(UNAIDS)の..   (2017-09-20)
 13年前の2004年1月31日に発生した『茨城大農学部女子学生レイプ殺人事件』は9月2日、捜査を進めていた茨城県警によって、フィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ(35歳)が逮捕さ..   (2017-09-06)
 フィリピンの『ボクシング』英雄であり、現職上院議員のマニー・パッキャオは、7月2日、オーストラリアのブリスベーンで行われた試合で敗れ、WBO(World Boxing Organization=世界ボクシン..   (2017-09-02)
 8月29日午後6時半頃、首都圏パサイ市(人口約43万人)にある高層アパート『Central Park 2』で、5人が殺害される事件が起こった。 事件は39歳の男が14階にあった30歳の女性の住む部屋で口..   (2017-08-31)
 7月2日にオーストラリア・ブリスベーンで、自身の持つWBO(World Boxing Organization=世界ボクシング評議会)のウェルター級世界チャンピオンの座を陥落したパッキャオが、12月17日の誕生日前..   (2017-08-23)
 違法薬物関与容疑者の殺害などニュースにならないフィリピンでも、7月末にはミンダナオ島オサミス市では15人、8月15日には首都圏に隣接するブラカン州で32人が警官隊に射殺される事..   (2017-08-17)
 逮捕された女子学生が通う大学はセブ市内や近隣に校舎を持つ『University of Cebu(UC)』で、同校は司法試験や会計士などの全国試験で在学生がトップ10に入ると車や賞金を与えるので有..   (2017-08-13)
12345678910,,,28
ニュース コラム ライフ
セブ島最北の 『ジョリビー』..
【偏向】 人権を嫌うドゥテル..
バタネス紀行 2017 その-(30..
【数字】 2018年度国内総生産..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【是正】 配車サービス『グラ..
セブで読む『鬼平犯科帳』
バタネス紀行 2017 その-(29..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【浄化】 ボラカイ島の閉鎖 ..
セブで見かける古い車
【予定】 マクタン・セブ国際..
バタネス紀行 2017 その-(28..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
【投票】 2016年副大統領選の..
セブのフード・コートで飲むコ..
【便乗】 フィリピン人が日本..
バタネス紀行 2017 その-(27..
【打撃】 環境汚染で ボラカ..
小さな旅 ボホール島篇 2017..
21【常連】 2016年のミス・ワー..
22セブの生命力ある樹
23【病巣】 フィリピンを食い物..
24バタネス紀行 2017 その-(26..
25【格差】 貧困層に一ヶ月4ド..
26小さな旅 ボホール島篇 2017..
27【予測】 インフレ率急上昇 ..
28セブの3月はいつも通り猛暑へ..
29【色気】 独裁者マルコスの娘..
30バタネス紀行 2017 その-(25..
31小さな旅 ボホール島篇 2017..
32【判決】 85歳のオーストラリ..
33俳優の死と墓
34バタネス紀行 2017 その-(24..
35【標的】 日系企業に対して労..
36【最多】 エイズ新規感染者 ..
37【現実】 汚職追放は掛け声だ..
38【投資】 都市部を中心に急増..
39【環境】 ボラカイもマクタン..
40【評価】 アメリカの情報機関..
41【祭典】 参加してもフィリピ..
42【税金】 マニラ首都圏地下鉄..
43【訴追】 ドゥテルテ大統領に..
44【犯罪】 セブ州マンダウエ市..
45【時代】 劣悪なジプニーが消..
46【司法】 最高裁 戒厳令延長..
47【市場】 フィリピンの2017年..
48【労働】 企業に都合の良い ..
49【雇用】 日本で働くフィリピ..
50【景気】 前年より減速 2017..
51【管理】 海外で働くフィリピ..
52【避難】 マヨン火山に大噴火..
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
【雇用】 日本で働くフィ..+ 3418
【避難】 マヨン火山に大..+ 3041
【管理】 海外で働くフィ..+ 2525
【景気】 前年より減速 20..+ 2383
【時代】 劣悪なジプニー..+ 2224
【訴追】 ドゥテルテ大統..+ 2143
【労働】 企業に都合の良..+ 2044
【税金】 マニラ首都圏地..+ 1947
【評価】 アメリカの情報..+ 1931
【環境】 ボラカイもマク..+ 1869
【市場】 フィリピンの2017..+ 1866
【司法】 最高裁 戒厳令..+ 1736
【犯罪】 セブ州マンダウ..+ 1731
【最多】 エイズ新規感染..+ 1605
【祭典】 参加してもフィ..+ 1589
セブからプーケットへ+ 1479
【現実】 汚職追放は掛け..+ 1445
軍事用飛行場であったマク..+ 1384
【判決】 85歳のオーストラ..+ 1373
【病巣】 フィリピンを食..+ 1366
21【色気】 独裁者マルコス..+ 1331
22【投資】 都市部を中心に..+ 1324
23【標的】 日系企業に対し..+ 1288
24平成は31年で終わる+ 1157
25【格差】 貧困層に一ヶ月4..+ 1113
26【予測】 インフレ率急上..+ 1095
27小さな旅 ボホール島篇 20..+ 1019
28【常連】 2016年のミス・ワ..+ 972
29バタネス紀行 2017 その-..+ 912
30小さな旅 ボホール島篇 20..+ 906
31【打撃】 環境汚染で ボ..+ 869
32ボラカイの海は『汚水溜め..+ 855
33【予定】 マクタン・セブ..+ 820
34【便乗】 フィリピン人が..+ 819
35プーケットの古本屋+ 708
36小さな旅 ボホール島篇 20..+ 700
37セブは晴れ 日本は大雪+ 700
38バタネス紀行 2017 その-..+ 672
39小さな旅 ボホール島篇 20..+ 639
40フィリピンも参加した平昌..+ 636
41俳優の死と墓+ 603
42バタネス紀行 2017 その-..+ 602
43バタネス紀行 2017 その-..+ 596
44小さな旅 ボホール島篇 20..+ 584
45セブの3月はいつも通り猛暑..+ 571
46バタネス紀行 2017 その-..+ 562
47【投票】 2016年副大統領選..+ 533
48小さな旅 ボホール島篇 20..+ 529
49【浄化】 ボラカイ島の閉..+ 316
50【是正】 配車サービス『..+ 169
51【偏向】 人権を嫌うドゥ..+ 97
52【数字】 2018年度国内総生..+ 69
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:700,063 今日:160 昨日:219
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.