フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
《鉄屑》 フィリピン名物 ジプニーの消える日 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  《鉄屑》 フィリピン名物 ジプニーの消える日

 戦後にアメリカ軍が払下げたジープを改造して、乗り合いバスのように仕立てた『ジプニー』【写真】は交通渋滞、大気汚染の元凶として批判されているが、貧弱な交通インフラしかないフィリピンでは重要な交通機関となっている。


 そういう実態の中、フィリピン運輸省は15年以上経ったジプニーを段階的にスクラップにする方針を表明した。

 これは2020年までに、17万台を目標に旧型のジプニーをスクラップ化する計画で、スクラップにした場合、23万ペソ(約6万円)が所有者に渡ると見込んでいる。

 また、スクラップに応じた所有者には、政府系銀行の融資を受けて新車を手に入れられるとも述べている。

 しかしながら現在、ジプニーの新車値段は160180万ペソ(約360万円)するために、元々、零細な所有者が融資を受けて高額な新車に乗り換えるなど『机上の空論』との批判も高い。

 また、フィリピンは財産である車をスクラップにするという感覚は少なく、製造後20年、30年の車が普通に使われていて、旧車から新車に乗り換えるのは可処分所得の高い層だけで、まだまだ少ない。

 そのため、ジプニーに限らず古い車は地方に流れて、その地で延々と使用されているのが現状で、大気汚染は地方にも広がっている。

 この大気汚染対策として、日本の企業などは『電動ジプニー』を開発し販売を試みているが、価格、充電設備、整備の面で普及するのは難しい状態になっている。

 これはジプニーに匹敵する足の『トライシクル=3輪オートバイ』を世界銀行の融資で電動化プロジェクトが進行中だが、こちらも日本企業が受注をして生産をしているが、計画倒れ気味でプロジェクトは進んでいない。

 マニラ首都圏だけでも7万台以上走行しているジプニーだが、新たな鉄道などの大量輸送機関敷設が進んでいないために、重要な交通機関としてジプニーに頼るしかないのが現状で、ここになってジプニーをスクラップ化して新車に変換する考えが打ち出されたが、長年の交通政策の無策ぶりと共に、ジプニー運行者にしわ寄せが来ている。


Updated: 2018/09/20 (木) 13:07

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 ゴミ処理というのはどの国でも問題になっていて対策に大わらわだが、資力のない国は原野や海に投棄していてフィリピンも例外ではなく、これが環境の汚染を引き起こしている。 そ..   (2019-01-22)
 セブ市から車で3時間近くかかるセブ島最北端の町ダアンバンタヤン町(人口9万人近く)の警察署に対して、1月12日、職務怠慢で国家警察本部から全員解任されるというフィリピンでも..   (2019-01-15)
 密輸がフィリピン経済を支えているとまでいわれている中、1月3日、中部フィリピンの主要港であるセブ港で、コンテナに隠された車が発見され密輸車として没収された。  コンテナは..   (2019-01-06)
 住宅販売大手の『積水ハウス』に他人の土地の所有者に成り済まして売り付け、55億円を騙し取った事件の主犯と目される『カミンスカス操』(旧姓小山操・59歳)は、10月に逮捕を免れ..   (2018-12-22)
 第67回ミス・ユニヴァースが12月17日、タイのバンコクで開催されフィリピン代表の『カトリオナ・グレー(24歳)』が選ばれ、同大会でフィリピン代表通算4人目の優勝となった。 フィ..   (2018-12-18)
 東南アジア諸国はエイズ(‘HIV)感染者の多い地域であり、特にタイは97〜99年に感染者数が68万人にまで拡大したが、政府の徹底的な対策などにより2017年の統計では44万人まで減少した..   (2018-12-10)
 セブ島北部西海岸に浮かぶ『バンタヤン島』【図左の島】の面積は約134平方キロあり、この面積はセブのリゾート地として知られる『マクタン島』の2倍以上ある。  島内に3つの町を..   (2018-11-27)
 100年に1度といわれる台風『ヨランダ』(台風30号)がフィリピン中部ヴィサヤ地域のレイテ島、サマール島、セブ島を直撃して11月8日で5年経ったが、進まぬ復興事業に対して被災者は..   (2018-11-08)
 ミス・セブを選出する大会が10月19日にセブ市内のホテルで開催され、セブ市に隣接するマンダウエ市選出の23歳が2018年の栄冠を得た。 この大会はセブ州内の53の自治体の地元選出のミ..   (2018-10-25)
 大統領がフィリピンで著名な観光地ボラカイ島の海を見て、『汚水溜め』と指摘したのは2018年度の最も的を得た発言であり、大統領在任中の名言として後世に残るとされている。 そ..   (2018-10-20)
 日本の自衛隊が海外に派遣されて、他の国と合同軍事訓練をしている事実は防衛省の体質もあって、どのように展開しているのか詳らかにされていない面が多い。 日本の海兵隊といわ..   (2018-10-08)
 8月24日にセブ市の路上で、自動車を運転し交差点で停まった時に銃撃され、死亡したセブ市在住の71歳の邦人女性の殺害を指示したのは、夫の疑いが濃いと捜査当局は発表した。 同事..   (2018-09-27)
 人口が爆発的に膨張しているフィリピンは、住宅地開発が進み、従来であったら人の住まない山裾や急斜面に家を建てている例が多くなった。 9月16日前後にルソン島北部を通り過ぎた..   (2018-09-21)
 戦後にアメリカ軍が払下げたジープを改造して、乗り合いバスのように仕立てた『ジプニー』【写真】は交通渋滞、大気汚染の元凶として批判されているが、貧弱な交通インフラしかな..   (2018-09-20)
 ドゥテルテ大統領の『ボラカイ島の海は汚水溜め』発言から、観光客の立ち入りが4月26日から半年間禁止されている同島では、下水道処理設備、違法建築の撤去など環境整備が行われて..   (2018-09-03)
 8月24日と26日、日本人女性と韓国人男性が、相次いで何者かに銃撃されて死亡したが、どちらもセブを基盤に事業を展開していて、在留する外国人から安全と見られていたセブの治安面..   (2018-08-27)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
【進展】 セブの邦人女性..+ 2654
【結果】 2019年中間選挙-..+ 2401
【恐怖】 邪魔者は消せー..+ 2386
【交通】 セブ-マクタン..+ 2298
【教育】 今年の就学児童..+ 1364
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 1004
【利便】 企業の思惑で進..+ 891
【賛否】 死刑制度復活を..+ 872
【事故】 セブ島南部の町..+ 819
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 767
1989年6月4日の天安門事件か..+ 728
セブで飲む凍ったビールと..+ 617
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 560
セブに浮かぶヨットを見な..+ 404
ゴミを大量に出すマクドナ..+ 284
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 266
セブで飲む或る日のスター..+ 221
《患者》 デング熱大流行..+ 215
《人災》 イロイロ市沖で..+ 215
【行事】 下院で ドゥテ..+ 169
21【停滞】 現政権下で最低..+ 143
22《怨恨》 セブ島に住む72歳..+ 123
23セブで食べる『トンカツ』..+ 121
24セブで食べる 『おにぎり..+ 88
25パラワン島紀行 2018年 そ..+ 86
26《平均》 セブのホテル稼..+ 56
27セブの街中で実るコーヒー+ 39
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:791,157 今日:6 昨日:131
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.