フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【契約】 セブのマリオット・ホテルが撤退 別のホテルに衣替え - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【契約】 セブのマリオット・ホテルが撤退 別のホテルに衣替え

 110ヶ国に5700軒のホテルを所有し、客室数は110万室に達する世界最大のホテル・チェーンである『マリオット』が、セブ市で営業中の『セブ・マリオット・ホテル』【写真】から手を引き、201712月一杯で終了することとなった。




これは同ホテルの所有者である『アヤラ・ランド』との20年契約が終了を迎えたためで、マリオット側は契約更新をせず、残された建物はアヤラ・ランドが所有し展開する『SEDA=セダ』ホテル・チェーンが営業をすることとなった。

 セダ・ホテルはマニラ首都圏と近郊に計3軒、ミンダナオ島に2軒、パナイ島イロイロに1軒、ネグロス島バコロドに1軒を所有する中級ホテルだが、世界的なブランドであるマリオットの名前がセブ市から消えることに対して危惧の声も聞こえる。

 マリオットはマクタン島リゾート地区に傘下に収めたシェラトン・ホテルを建設中で、マリオットのセブ市からの撤退はそれを見越しての動きとも見られている。

 そのため、1997年に建物を建築以来、ホテルに付きものの改装工事などを行わず、顧客からはインテリアの古さと外装のみすぼらしさを指摘されていたが、契約満了を見越しての措置となったようだ。

 同施設を引き継ぐセダは同施設を全面改装して、再開させるが、同ホテルが建つ至近距離に、旧日本海軍の神風特攻機が飛び発った飛行場跡をアヤラが開発したビジネス地域があり、現在そこにセダ・ホテルを建設中で同じようなホテルが2軒も出現することに、経営上の問題が出ないかの指摘もされている。

 これについて、アヤラ側は新築ホテルはビジネス利用者、旧マリオット側は、ホテルの建つショッピング・モール客など観光客用として住分けられると楽観視している。

 この見通しだが、モールに近いホテルはマリオットという有名ブランドであるから集客できたのであり、新興のセダでは集客は難しいのではとの見方もある。

 いずれにせよ、セブ市からマリオット・グループ内では安価な位置付けではあっても、有名ブランド・ホテルが消えることはセブのイメージが下がることは間違いない。

 なお、ホテル閉鎖に伴ってフィリピンの労働関係官庁は、マリオット側に対して雇用者の権利が守られるかどうか注視すると声明を出している。


Updated: 2017/10/14 (土) 11:08

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
  ルソン島南端アルバイ州にある『マヨン』火山(標高2463m)の活動が活発化し、フィリピン火山地震研究所は、マヨン火山は1月13日午後になって、最初の水蒸気爆発を起こしたため..   (2018-01-16)
 台風26号『ウルドゥハ』で大きな被害を受けた北部ヴィサヤ地方に続いて、台風27号『ヴィンタ』がミンダナオ島北部から西部に抜けて同地域に大きな被害をもたらした。 台風の多い..   (2017-12-26)
 オーストラリア人3人の乗るヨットが、ミンダナオ島北端近海で船体に穴が開いて沈没。ブイに掴まって6日間漂流した後、12月17日にミンダナオ島北端にあるデナガット島沖で地元漁師に..   (2017-12-23)
 2017年最後の台風となりそうな『ウルドゥハ』(台風26号)は、12月16日から17日にかけてヴィサヤ地方のサマール島、レイテ島に上陸しそのまま横断。 この襲来によってレイテ島西北端..   (2017-12-18)
 日本の外務省は毎年『海外邦人援護』の統計を公表しているが、12月12日、2016年の数字を発表した。         この統計は世界各地にある日本の在外公館が扱った海外在住邦人..   (2017-12-13)
 11月24日にコンテナに隠した高級自動車の密輸が発覚したセブ港で、今度は中国からの大量の米の密輸が摘発された。 11月27日から12月3日にかけて相次いでセブ港に入港し荷揚げされた..   (2017-12-11)
 12月2日午前1時頃、ミンダナオ島北部にあるカガヤン・デ・オロ市で、州立のUniversity of Science and Technology of Southern Philippines(USTP)学長(50歳)が自宅前で何者かによって銃撃を受け死亡..   (2017-12-04)
 密輸天国といわれるフィリピンで、11月24日、セブ港のコンテナ・ヤードで総額1億5千万ペソ(約3億3千万円)以上になる高級車が、コンテナ内に隠されて密輸されていたのが摘発された..   (2017-11-27)
 2013年11月8日、フィリピン中部域を襲った台風『ヨランダ(台風30号)』は国内各地で8000人近くに達する死者行方不明者を出した。 100年に1度ともいわれる超大型台風被災から4年も経ち..   (2017-11-16)
 今年のミス・セブはサン・カルロス大学で観光コースを学ぶ22歳の学生『Apriel Smith=エイプリル・スミス』が栄冠を勝ち取った。 彼女はセブ島西岸にあるダイヴィングで知られるバジ..   (2017-10-31)
『ヴィザなし(入国時に取得可能を含めて)でどれだけの国に入国できるか』で、パスポート発行国の順位を決めるランキング最新版がカナダの会社から発表された。 これによるとフィリ..   (2017-10-26)
 フィリピンはインド、中国に次ぐ世界第3位のバナナ生産国でその多くは日本へ輸出されている。【写真はスミフルに対する現地の抗議行動】 日本のバナナ輸入量は2015年度には約96..   (2017-10-20)
 110ヶ国に5700軒のホテルを所有し、客室数は110万室に達する世界最大のホテル・チェーンである『マリオット』が、セブ市で営業中の『セブ・マリオット・ホテル』【写真】から手を引..   (2017-10-14)
  マニラ首都圏は世界有数の過密都市で、人口は現在1300万人以上を抱えるが、公共の大量輸送設備は貧弱で、増え続ける車に対する施策も後手後手に回り、首都圏の交通渋滞は『地獄..   (2017-10-01)
 アジア地域はHIV感染者の多い地域であったが、対策の効果があってタイ、カンボジア、ヴェトナムなどは減少傾向にある。 しかしながら、フィリピンは国連合同エイズ計画(UNAIDS)の..   (2017-09-20)
 13年前の2004年1月31日に発生した『茨城大農学部女子学生レイプ殺人事件』は9月2日、捜査を進めていた茨城県警によって、フィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ(35歳)が逮捕さ..   (2017-09-06)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
【強盗】 東横インのある..+ 2601
《調査》 ビジネス環境躍..+ 1208
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 753
【泥鰌】 セブのコールセ..+ 375
【判決】 2018年のセブ島射..+ 334
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 333
【噴火】 タアル火山が活..+ 254
《実現》 ようやく2021年に..+ 253
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 154
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 137
パラワン島紀行 2018年 そ..+ 99
台湾の選挙中の台湾旅行+ 82
【結果】 2019年の経済成長..+ 45
飽き飽きするセブの『シヌ..+ 13
+
+
+
+
+
+
21+
22+
23+
24+
25+
26+
27+
28+
29+
30+
31+
32+
33+
34+
35+
36+
37+
38+
39+
40+
41+
42+
43+
44+
45+
46+
47+
48+
49+
50+
51+
52+
53+
54+
55+
56+
57+
58+
59+
60+
61+
62+
63+
64+
65+
66+
67+
68+
69+
70+
71+
72+
73+
74+
75+
76+
77+
78+
79+
80+
81+
82+
83+
84+
85+
86+
87+
88+
89+
90+
91+
92+
93+
94+
95+
96+
97+
98+
99+
100+
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:813,538 今日:15 昨日:114
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.