フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【大量】 フィリピンの2016年度司法試験 昨年の2倍以上の合格率 - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【大量】 フィリピンの2016年度司法試験 昨年の2倍以上の合格率

 フィリピンで一番難しい資格試験といわれる『司法試験』は昨年11月に行われ、その結果が発表され、2016年度の合格者は受験者数6344人に対して3747人という大量の合格者を出した。



 この司法試験の合格率は例年20%程度で、前年度の合格率は26%台であったが、今年は60%に迫る結果となり、その異常な合格率の上昇に司法界は賛否両論が湧き上がっている。

 この異常ともいえる合格率の上昇は合格判定基準を従来から落としたことから生じたもので、過去には1954年の合格率75%という記録がある。

 通常なら合格に達しない人物が、基準点を下げたことによって受験者が救済されたことは確かで、今年この大量に生み出された新法曹人に対してその質、能力に対して懸念を指摘する識者もある。

 司法試験の過熱ぶりは毎年合格者の『トップ10』がどこの大学から出ているかに如実に出ていて、国内マスコミはトップ・ニュースで伝えている。

 今回のトップ10(同点成績もあり実質12人)の特徴は女性が多数を占めたことマニラ首都圏にある国立フィリピン大学や名門私立大学法学部出身者が、従来トップ10を多く占めていた中、今回はわずか2人しか入らず、地方の大学の健闘が目立った。

 特にヴィサヤ地区は顕著で、セブ市にある世界でも最古級の大学とされる『サン・カルロス大学』からは30歳のミンダナオ島ブキドノン州出身の女性が、同大学から初めてになるトップ合格者となった。

 この他3人、計4人が同大学からトップ10に入り、同時に受験者69人全員が合格するという記録を出した。

 また、セブ島隣りにあるネグロス島ドマゲティ市にある、フィリピンでは珍しいプロテスタント系『シリマン大学』からもトップ102位に入る合格者を出し、同大学はこの他2人がトップ10に入った。

 この司法試験合格数はフィリピンの教育機関の宣伝には最高の素材であり、各大学は在籍受験者に対してトップ10に入ったならば新車や賞金を与える大学が続出。

 実際、シリマン大学では2位に入った学生に対して新車と4000ドルを贈呈。同時に9位と10位に入った同大学生にそれぞれ2000ドルが贈呈される。

 なお、フィリピンの法曹制度は、司法試験合格者は最高裁判所の手続きを経て、実務研修無しで弁護士開業、あるいは検事任官など可能である。

 【写真はセブ市ダウン・タウンにあるサン・カルロス大学の本館】


Updated: 2017/05/04 (木) 12:06

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
7月6日午後4時3分、中部ヴィサヤ地区レイテ島レイテ州西岸で震度7(マグニチュード6.5)の地震が発生。 この地震によってセブ市と定期船で繋がるオルモック市(人口約22万人)を中心..   (2017-07-10)
 既にボクサーとしてのピークは落ちたと指摘されている、フィリピンのボクシングの英雄『マニー・パッキャオ』が7月2日、オーストラリア・ブリスベーンで行ったWBO(World Boxing Organizatio..   (2017-07-04)
                  日本で保険会社のガン保険から2200万円以上を詐取してフィリピンへ逃げていた、37歳の邦人男性がフィリピン入国管理局の捜査官によっ..   (2017-06-29)
 フィリピン国内の宝くじやカジノを管轄する政府の公社『PAGCOR(Philippine Amusement and Gaming Corporation)』が、6月2日に起きたカジノ発砲・放火事件に関して、襲撃されたカジノを運営する..   (2017-06-10)
 パラワン本島に連なり、リゾートして有名なブスアンガ島【地図】コロンで、大阪府出身の59歳と茨城県出身の24歳の邦人男性が行方不明になっていた事件は、2人とも射殺され遺体は切..   (2017-06-05)
 6月2日午前0時過ぎ、マニラ国際空港第3ターミナル前にある複合施設『リゾート・ワールド・マニラ』【写真】内のカジノ施設に銃で武装した何者かが押し入ってガソリンのような物を..   (2017-06-03)
 5月14日(日曜日)、観光地として人気を集めているボホール島で白骨遺体が発見され、遺体のそばに日本のパスポートと免許証、銀行カードなどがあり、遺体は静岡県出身の74歳の邦人..   (2017-05-25)
 フィリピンに3ヶ所ある『世界自然遺産』の1つ『地底川』【写真】があり、リゾート開発が盛んなパラワン島は国際便も就航し、ボラカイやセブといった既成の観光地を凌ぐ勢いを見..   (2017-05-15)
 5月6日、マニラ市キアポのイスラム教徒居住区内にある弁護士事務所で午後5時55分頃爆発があり2人が死亡した。 死亡したのは爆弾が装置された小包を届けた配達員とそれを受け取った..   (2017-05-08)
 フィリピンで一番難しい資格試験といわれる『司法試験』は昨年11月に行われ、その結果が発表され、2016年度の合格者は受験者数6344人に対して3747人という大量の合格者を出した。 こ..   (2017-05-04)
4月20日(木曜日)午後8時15分頃、愛知県からフィリピンに業務で訪れていた48歳の邦人男性が、マニラ市ロハス大通りを借り上げた白いバンで走行中に、オートバイに乗った2人組から左首..   (2017-04-22)
事件は3月19日、日曜日の深夜3時頃にセブ州庁舎近くの路上で発生し、その事件の模様がスマートフォンで逐次録画されていたため、事件を巡ってセブのトップ・ニュースとなっている。..   (2017-03-22)
3月16日(木)に逮捕された容疑者は、地元新聞に実名で報道されている50歳の男(K)。  セブに15年以上在住していて、現在の職業はマクタン島ラプラプ市にある日本人が所有する..   (2017-03-17)
この事件は山梨県韮崎市で整骨院を経営する男性32歳(当時)が2014年10月、翌年の3月には先の被害者の知人男性42歳(当時)が、マニラ首都圏ラスピニャ市内で連続射殺されたこの事件を..   (2017-03-16)
フィリピンへ買春目的で訪れる外国人は多く、3月4日にはセブ・マクタン島にあるホテルで韓国人グループ9人が『買春』容疑で摘発。 この事件では韓国の犯罪組織による売春組織の関与..   (2017-03-09)
昨年10月6日、ミンダナオ島スールー海で犯罪集団『アブサヤフ』に襲われ、59歳のドイツ人女性が殺されたヨット『Rock All』【写真】の艇長が同組織から拉致され、身代金3千万ペソ(約65..   (2017-03-02)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:836,702 今日:97 昨日:147
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.