フィリピンが丸見え!最新ニュース, 地域・生活情報発信!
[]  01-01
[]  01-01
[]  01-01
フィリピンニュース
   

ニュース
政治
経済
社会/文化
ニュースの壺
インタビュー
情報
概況
歴史
政治/政府
地方行政
統計資料
歴代大統領
国民的英雄
地図
コラム
セブ島工房
英語学校奮闘記
大野のブログ
ICANまにら
KAZU
JRエクスプレス
マニラ社長
BUNBUN
ダルマ大将
志乃(Shino)
反町真理子
RYO
ダイチャング
あん
ライフ
・生活情報 
・CEBU   ・MANILA
・CLARK  ・BAGUIO
・DAVAO  ・ILOILO
・BACOLOD
・他の地域
PR
 
【裁判】 2012年の邦人による6人殺傷事件 有罪判決下る  - フィリピンニュース, 現地生活 最新情報発信
社会/文化
   
  【裁判】 2012年の邦人による6人殺傷事件 有罪判決下る 

 殺人及び殺人未遂の罪状で審理が進んでいた、福岡に本籍のある60歳の邦人男性被告に対して首都圏マリキナ地裁は20年から40年の有期刑判決を下した。

 事件は2012722日午後8時半過ぎに、同被告が45口径拳銃でマリキナ市と隣接するルソン島中部リサール州サン・マティオ町の2ヶ所で発砲し、フィリピン人男性1人の殺害、6歳の女児を含む5人のフィリピン人に怪我を負わせた。

 事件の原因はフィリピン滞在10年以上の同被告が、別れたフィリピン人妻(事件当時30歳)のその親戚、知人に貸した金を巡ってのトラブルで、殺害された男性は元妻の弟であった。

 この事件は、フィリピン人から殺される邦人事件がほとんどの中、その逆となった事件で注目を集めたが、裁判が3ヶ所で行われ、しかも被告が現地語や英語を理解せず、審理開始そのものに時間がかかった。

 それでも、20151月には、3ヶ所の内の裁判管轄地の1つ、サン・マティオ地裁で、事件発生から2年半経過していながら、検察側の目撃者の証人などが出廷しないなどの理由で『公訴棄却』となっている。

 しかし、これはマリキナ地裁で審理が行われているため2重審理を避けるための方便と見られている。

 マリキナ地裁では被告の妻や目撃者などが証言をしていて、事件発生4年目にして判決が出、これは著しく時間のかかるフィリピンの裁判事情からはかなり早い。

 この事件の背景は被告がフィリピンの事情をほとんど知らない状態でフィリピンに移住し、これも騙される日本人の多いタクシー業や金貸し業を元妻らの甘言に騙されてやっていたが、その実態は手持ちの金を搾り取られた典型的な困窮邦人に至るケースであった。

 被告は飲酒後に騙された相手に対して貸した金の返済を求めて凶行に及んでいるが、元妻は分かれた理由を元夫の暴力を挙げていて、双方どちらもどちらという関係である。

 初老から老齢の邦人男性と若いフィリピン人女性、大き過ぎる歳の差とフィリピンに移住、小金持ち、妻及び縁者からの寄生。といった共通するキー・ワードを持つ邦人は激増していて同種の事件は今後も起きると見られている。


Updated: 2016/09/19 (月) 09:09

Share |
 
フィリピン社会/文化ニュース ::: フィリピン・インサイド・ニュース(Philippines Inside News)
 2006年アロヨ政権下で開催された第12回アセアン・サミットに間に合わせるために、突貫工事で建設されたCebu International Convention Center=CICC(セブ国際会議場)が地元であるマンダウエ市..   (2016-10-08)
 セブ島北端沖合に浮かぶ『マラパスクア島』は近年、俗化激しいマクタン島のリゾートを嫌った外国人観光客から隠れたリゾートとして脚光を浴びているが、この島の海域ではダイヴィ..   (2016-10-03)
 世界保健機関(WHO)が今年の2月から緊急事態を宣言している『ジカ熱』は赤道を挟んだ南北の国々で流行しているが、フィリピン保健省(Department of Health =DOH)は最近の調査で6人..   (2016-09-21)
 殺人及び殺人未遂の罪状で審理が進んでいた、福岡に本籍のある60歳の邦人男性被告に対して首都圏マリキナ地裁は20年から40年の有期刑判決を下した。 事件は2012年7月22日午後8時半過..   (2016-09-19)
 国際的な映画祭は各国で花盛りだが、伝統と権威を持つ映画祭はフランスのカンヌ映画祭、ドイツのベルリン映画祭、イタリアのヴェネツィア映画祭を世界3大映画祭と業界では評価し..   (2016-09-11)
 セブ島と2本の橋で繋がるマクタン島は小さな島ながら国際空港や経済特区を持ち、セブのリゾートが東海岸側に密集している。 この島はラプラプ市とコルドバ町の2つの自治体があり..   (2016-09-09)
 買春目的でフィリピンを訪れる男は国籍、年齢を問わず相変わらず多いが、8月31日、セブ市内のショッピング・モール内にある写真店でヌード写真をプリントしようとした邦人男性(64..   (2016-09-01)
 ドゥテルテ政権が発足後の成果を上げるために、違法薬物容疑者に対する問答無用の射殺事件は6月30日の大統領就任以来激増し、国際NGOによると7月1日から8月19日の間に1000..   (2016-08-27)
 メダル獲得数が国威発揚と、毎回国同士の熾烈な宣伝合戦の繰り広げられるオリンピックだが、南米で初めて開催のブラジル・リオデジャネイロで夏季大会は31回を数える。 フィリピ..   (2016-08-22)
 サウジアラビアで9月上旬から始まる『大巡礼=ハッジ』はイスラム教徒が生涯に一度は行うべき義務となっていて、毎年300万人もの教徒がこの時期に聖地メッカを訪れる。【写真はそ..   (2016-08-20)
 7月31日、マニラ首都圏に近いカヴィテ州イムス市(人口41万人以上)で53歳の邦人がオートバイに乗った人物から銃撃を受けて死亡した事件に続いて、8月11日、カヴィテ州に隣接するラ..   (2016-08-13)
 フィリピンの成年年齢は18歳以上で、これ以下の年齢の青少年に対してセブ市は午後10時から翌早朝4時までの夜間外出を禁じる法令を発令し、8月8日から取り締まりを開始した。 この..   (2016-08-10)
  事件は2014年5月、首都圏パラニャーケ市内でマカティ市【写真は同市中心部】で日系旅行代理店を経営する59歳の邦人男性が、車を運転中に何者かによって銃撃を受け死亡。 捜査を..   (2016-08-06)
 フィリピンは『世界で最も日本人が殺される国』の汚名を着せられているが、2016年は5月6日、セブ州中部ナガ市で55歳の邦人男性が射殺されただけで、例年にない邦人殺害事件の少ない..   (2016-08-02)
  フィリピン旅行から日本へ帰った女性が『デング熱』で死亡したが、フィリピン保健省(Department of Health=DOH)は、今年1月から6月までのデング熱の罹患者数は昨年同時期より36%増加..   (2016-07-26)
  新大統領ドゥテルテが政策の目玉にしている『違法薬物犯罪』撲滅キャンペーンの中、7月20日、マクタン・セブ国際空港【写真】で27歳の中国人女性が覚醒剤をスーツケースの中に隠..   (2016-07-22)
12345678910,,,31
ニュース コラム ライフ
フィリピン留学情報
MAAS!留学
セブ島留学・セブ留学ならMAAS!(マーズ)留学へ
メルマガ購読(無料)

メールアドレス(半角) 
Share |
会社紹介お問い合わせお知らせディレクトリ
全体:831,680 今日:41 昨日:118
PH-INSIDEに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
E-mail: help@ph-inside.com
Copyright (C) 2002 ph-inside.com. All rights reserved.